ピザボーイ 史上最凶のご注文/ただのピザボーイが銀行強盗!?

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ピザボーイ 史上最凶のご注文」です。

 

*予告編はこちら

 

 

この作品「ピザボーイ 史上最凶のご注文」は2011年に製作された作品で、「ゾンビランド」の監督を務めた「ルーベン・フライシャー監督」「ジェシー・アイゼンバーグ」再タッグを組み製作された「コメディ作品」です。

 

製作年:2011年

製作国:アメリカ

監督:ルーベン・フライシャー

脚本:マイケル・ディリバーティ

製作:スチュアート・コーンフェルド , ベン・スティラー , ジェレミー・クレイマー

出演キャスト:

ジェシー・アイゼンバーグ , ダニー・マクブライド , アジズ・アンサリ , ニック・スウォードソン , マイケル・ペーニャ , フレッド・ウォード

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

スポンサーリンク

*あらすじ

30分の配達時間からいつも遅れてしまうピザ配達人のニックは、ある日、銀行強盗を企てる2人組から注文を受けてピザを届けたところ、2人組の計画に巻き込まれてしまう。10時間で爆発するという時限爆弾を背負わされ、強盗をしなければならなくなったニックは、絶交中のインド人の親友チェットに頼み込み即席強盗コンビを結成するが……。

映画.com:http://eiga.com/movie/56751/

ではここから感想です^ ^

スポンサーリンク

*感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「うーん」です。

この作品「ピザボーイ 史上最凶のご注文」は私が好きなゾンビ映画の1つ「ゾンビランド」に出演していた「ジェシー・アイゼンバーグ」氏と、「ゾンビランド」の監督を務めた「ルーベン・フライシャー監督」が再びタッグを組み製作された作品です^ ^

「ゾンビランド」自体、「ゾンビ作品」でありながら割と「コメディ要素」が強く、その「コメディ」部分が個人的には好きだったので、今作も笑えるだろうと期待していました♪

そんな期待の中、今作を見て正直な感想「あれれ?笑」「思ってたのと違うぞ。笑」が正直な感想です^^;

別につまらないというわけではありません。

下品なタイプの笑いがある作品ではありますが、個人的には笑えた部分でした。

ただ、なぜかわかりませんが見れば見るほど違和感のようなものが…。

今作に出演している「ジェシー・アイゼンバーグ」氏は、ピザ屋のアルバイト店員という役柄を演じているのですが、その設定からわかるようにあまり頭が良いとは言えないキャラを演じています。

「ゾンビランド」の時も同じような感じのキャラを演じていたのですが、今作でのそのキャラ設定に違和感…。

「ソーシャルネットワーク」という作品にも出演している「ジェシー・アイゼンバーグ」氏ですが、「ソーシャルネットワーク」での役柄は「ゾンビランド」とも、今作「ピザボーイ 史上最凶のご注文」とも全く違い頭の良い青年の役柄を演じているのですが、それを見たせいなのか?

でも「ソーシャルネットワーク」を見た後に「ゾンビランド」を見てもそんな違和感を感じなかったのですが、今作ではかなり違和感があり、「ジェシー・アイゼンバーグ」らしくない演技をしているな…という印象でした^^;

あくまで個人的な意見ではありますが、「ジェシー・アイゼンバーグ」氏は「コメディ作品」に向いていないのかな?という風に今作では感じてしまいました。

 

そんな今作「ピザボーイ 史上最凶のご注文」ですが、内容はあらすじの通りでこれといって目新しいものがあるわけでもありません。笑

出演キャストもそれなりに有名な方を起用しているようではありますが、正直言って「ジェシー・アイゼンバーグ」以外に興味はなく、特に相棒役の「アジズ・アンサリ」氏のことはどうも好きになれない…。

「アジズ・アンサリ」氏は「アメリカ」の人気コメディアンみたいですが、その感じも「うーん」という感じです^^;

以前、このブログで紹介した「キアヌ」という作品にも海外の人気コメディアン2人が主演で出演している作品を見た際と同じような感覚になりました。

「俺、おもろいやろ?」感が出ているのですかね?笑

なぜかわかりませんが、正直言って「アジズ・アンサリ」氏のことは好きにはなれませんでした^^;

 

そして今作の結末についてですが、結果として登場人物のほとんどが損をしないハッピーエンドです^ ^

まあ「コメディ作品」なので、その終わり方が無難ではありますし、特に期待もしていなかったのでこれといって言うこともない結末でした。

スポンサーリンク

*まとめ

これで「ピザボーイ 史上最凶のご注文」のレビューは終了です

期待していたよりはがっかりな作品でした。笑

「ジェシー・アイゼンバーグ」氏は少し前から好きになった海外スターの1人なので、今作でのこの感じは「残念だな」の一言に限ります。

この作品に評価をすると2.5/5.0といったところです。

笑いを求める方には正直おすすめできる作品ではないかな?と思います。

もちろんわざわざレンタルして見ることもおすすめしません!!

私は今作を「Netflix」にて視聴しましたが、「Hulu」でも配信されているようなので、興味がある方はそちらで視聴するすることを強くおすすめしておきます^ ^

では今回はこの辺で♪