サンブンノイチ/信じれば飛べる!!

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「サンブンノイチ」です。

 

*予告編はこちら

 

この作品「サンブンノイチ」は2013年に製作された作品で、お笑い芸人「品川ヒロシ」監督のもと製作された「ヒューマンドラマ作品」です。

 

製作年:2013年

製作国:日本

監督:品川 ヒロシ

脚本:品川 ヒロシ

製作:井上 伸一郎 , 岡本 昭彦

出演キャスト:藤原 竜也(シュウ) , 田中 聖(コジ) , 小杉 竜一(健さん) , 中島 美嘉(まりあ) , 窪塚 洋介(破魔 翔) , 池畑慎之介☆(渋柿 多見子) , 木村 了(若槻) , 哀川 翔(哀川 翔) , 壇蜜(元キャバSM嬢) , 赤羽 健一(尾形) , れいざーらもんHG(渋柿ボディーガード) , 増田修一郎(渋柿ボディーガード) , ぼんちおさむ(変態演出家) , 松田大輔(チンピラ客) , 海原 ともこ(マリアン) , 庄司 智春(ホモ男優) , ワッキー(ホモ男優), YASU-CHIN(ホモ男優) 

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

スポンサーリンク

*あらすじ

人生の一発逆転をかけて銀行強盗を成功させた、キャバクラ「ハニーバニー」店長のシュウ、ボーイのコジ、常連客の健さん。手にした数億円の大金は3人で山分けするはずだったが、それぞれが自分の取り分を少しでも増やそうと駆け引きを始める。さらに謎の女や闇の帝王など、さまざまな人物がその金を狙って現れ、騙し合いや奪い合いを繰り広げる。

映画.com:http://eiga.com/movie/78165/

 

ではここから感想です^ ^

スポンサーリンク

*感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「それなり」です。

ちなみ「サンブンノイチ」は原作が小説とのことですが、私は原作を見ていないので、この作品を見ての感想になります。

比較等をできませんで、ご了承ください。

 

私はこの作品を「Netflix」にて視聴したのですが、作品説明には「ヒューマンドラマ作品」と書かれていました。

ですが、実際見てみると「コメディ要素」が強い作品でした。

それが悪いというわけではないのですが、「ヒューマンドラマ要素」「コメディ要素」兼ね備えた作品だということはご理解ください^ ^

 

私自身、個人的に「品川ヒロシ」さん自身のことはあまり好きではないのですが、「品川ヒロシ」さんが監督を務め製作した作品は嫌いではありません。

「品川ヒロシ」さんが監督という時点で、笑いの取り方がやはり「お笑い芸人」の取り方なんですよね^^;

この部分について評価が分かれると私は思っているのですが、個人的感じたのは「やり方が汚い」と感じました。

出演しているのは「芸人」の方ばかり…。

私はわりかし「お笑い」も好きな方で、日頃からしょーもないことでも笑ってしまうどちらかといえば「ゲラ」なタイプです。

そんな私からすると日頃のイメージがすでに面白い「芸人」をたくさん出演させている今作は「汚いし、くどい」と思いました^^;

まあでも笑えることは確かなので、笑ってしまっている以上、否定するべきではないのかもしれませんが、個人的にはやり方が「汚い」と感じました。

 

次に今作に出演している「田中 聖」さんについてですが、意外と俳優業もこなせるんですね!

今作のキャラ設定も本人とかなりマッチしていましたし、アクションシーンも様になっていると私は感じました^ ^

そんな「田中 聖」さんですが、少し前に問題を起こしたのは「非常に勿体無い…」と今作を見て、改めて思わされました^^;

 

次に「伏線回収」についてですが、

この作品のタイトルにもなっている「サンブンノイチ」という言葉と、「中島 美嘉」さん演じる「まりあ」「藤原竜也」が演じる「シュウ」に対して熱弁する「空を飛ぶ方法」

この2つのワードが割と重要というか、「あっ!こういうことだったのか!」と思わされる部分と繋がってきます^ ^

この部分は素直に高評価ですし、「すごいな」と思わされざるを得ませんでした♪

 

最後に、今作の終わり方についてですが、正直微妙な終わり方だと私は思いました。

悪くはないのですが、個人的には微妙な終わり方で、「ハッピーエンド」なのか「バッドエンド」なのかもわからず、結局何のために強盗をしたのか…と考えさせれてしまう終わり方でした^^;

 

*まとめ

これで「サンブンノイチ」のレビューは終了です。

まあそれなりには楽しませてもらいました^ ^

悪い作品ではないと思います。

ですが、この終わり方で2時間もあるのであれば、1時間40分ぐらいにして、綺麗な「ハッピーエンド」で良かったのでないかな?とは思います。

私は今作の原作を見ていませが、この部分は「品川 ヒロシ」さんが悪いというよりも、原作の都合があるのかもしれませんが…。

この作品に評価をすると3.0/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク