ハングオーバー!!!最後の反省会/ついに狼軍団解散!?

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ハングオーバー!!!最後の反省会」です。

 

*予告編はこちら

私が大好きな「ハングオーバーシリーズ」も今回で最後です。

「ハングオーバー!!!最後の反省会」でもアラン」の暴走を期待し、先ほど見終わりました。

では今回も「あらすじ」「良かった点」「悪かった点」についてお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

*あらすじ

前作の最後の方で逮捕された中国人の「チャウ」がバンコクの刑務所から脱獄する。

一方「アラン」は相変わらずの仕事もせず、毎日を自分のやりたいことのみで生活していた矢先にある事件を起こしてしまう。

その事件の尻拭いをさせられた「アランの父」心労のあまり亡くなってしまった。

「アラン」は長い期間「精神安定剤」の服用をせず、精神的に不安定な毎日を送っているのを見た「狼軍団」のメンバーを含む「アラン」の周りの人間は、「アラン」をアリゾナ州にあるリハビリ施設に入所させることにする。

初めは断っていた「アラン」だが、「狼軍団」のメンバーで病院まで送り届けると約束をし、入所を決意した。

数日後、「アラン」を病院まで連れて行っている最中に、謎の三人組に拉致されてしまうハメに。

「狼軍団」が連れて行かれた先には、「ラスベガス」へ行った際に、「アラン」に間違った薬を売りつけた「黒い方のダグ」と大物マフィアの「マーシャル」がいた。

自分たちがなぜ拉致されたのか「マーシャル」へ尋ねると、それは「チャウ」が関係した問題だった。

「マーシャル」から「チャウ」を見つけてこなければ「ダグの命は無い」と言われた「フィル」「スチュ」「アラン」「チャウ」を探しに行く。

唯一、「チャウ」と連絡を取れる「アラン」が、「チャウ」と連絡を取り合い、「メキシコのティアワナ」で待ち合わせをし、三人は「チャウ」に会いに行った。

ここから先が気になる方はぜひご自身の目で見てみてください^ ^

スポンサーリンク

ではここから「良かった点」「悪かった点」についてお話ししていきたいと思います。(ネタバレ注意!!)

*良かった点

まずは良かった点についてですが、今作は正直ありません。

私は前作、前々作と楽しく見させてもらったので、その流れで今作も見ましたが、「マンネリ化」+今までのとベクトルが違うように感じました。

まず今回は「バチェラーパーティー」でも「結婚パーティー」でも無いので、今までのシリーズ恒例の「記憶が無い」という状態ではありません。

「今までの尻拭いをする時が来た」という感じです。笑

ただ「ハングオーバーシリーズ1作目」に登場した人物が今作に出て来たり、作品の中で1作目に登場した「シーザーパレスホテル」が登場するシーンがあるのですが、そこは1作目が1番好きな私としては嬉しかったです^ ^

*悪かった点

次に悪かった点ですが、先ほどもお話ししましたが、「マンネリ感」「ハングオーバーシリーズ」を無理やり終わらせに来たのかと疑うレベルの映画内容となっています。

どうせならシリーズ恒例の「アラン」が薬を使って「行方不明になったメンバーを探す」というパターンの方が個人的には「マンネリ感」があったとしても納得がいったと思います。

今作は「シラフの状態で真面目に人探し」なので、「これってハングオーバー?」という気分になりました。

*まとめ

これで「ハングオーバー!!!最後の反省会」のレビューは終了です。

正直大好きだった「ハングオーバーシリーズ」がこんな形で終わってしまったのは、一人のファンとして私は残念です…。

シリーズ3作目ともなると「マンネリ感」が出るのは仕方無いとは思います。

その「マンネリ感」に関しては「ハングオーバーシリーズ」が好きという感情でカバーできますが、今作はベクトル自体が変わってしまって「ハングオーバー」ではなくなってしまっています。

ある人間を見つけてこなければ「仲間を殺す」なんてよくある映画のパターンですよね?笑

今作はただの人質救出映画です。

そして私が大好きなエンドロールに流れる「記念写真」のシーンもありませんでした。

正直、これが一番残念です…。

今回の作品に評価をつけると2.5/5.0といったところです。

もし興味があるのであれば見るのもアリかと思いますが、その場合は少しでも楽しめるようにシリーズを通して見ておくことをおすすめします。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

Related Post


ライ

投稿者: ライ

初めまして、ライです^ ^
このブログでは自称映画マニアの私が今までに見た映画や今現在話題となっている映画の感想を公開しているブログです。
どちらかといえば洋画を好んで見る傾向がありますが、好きな俳優が出ていたり、世間で話題となっている映画であれば邦画も見ます。
ネタバレを含む際には必ず警告を入れてからのみの記載をさせて頂きますので、ご注意下さい。

※好きなジャンル

・ホラー
・サスペンス
・SF
・アクション

※好きな海外俳優

・ジェイソン・ステイサム
・マーゴット・ロビー

※好きな国内俳優

・山田 孝之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA