水面に映る影/僕はやってない

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「水面に映る影」です。

 

*予告編はこちら

 

この作品「水面に映る影」は2016年に製作された作品で、「サスペンス作品」です。

 

製作年:2016年

製作国:アメリカ

監督:ベッド・ゴードン

脚本:ステファン・モルトン , フランク・パグリーズ

製作:?

出演キャスト:ジョシュ・チャールズ , ジュリア・スタイルズ , アヴァン・ジョーギア , トレイシー・トムズ

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

スポンサーリンク

 

*あらすじ

小児精神科医のトム・シーモアの証言によって、少年は殺人の罪で収監された。少年の出所後、2人は再会し、当時の苦い記憶が蘇る。彼は本当に有罪だったのか?

Netflix(ネットフリックス):https://www.netflix.com/jp/title/80183897

 

ではここから感想です^ ^

スポンサーリンク

*感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「ちょいこわ」です。

「ちょいこわ」と言っても霊的な怖さではなく、人間の怖さを表した作品でした。

 

今作について簡単に説明すると、メインとなる登場人物は2人

1人は精神科医の男性と、もう1人はその元患者です。

患者の男性は、過去に人殺しをしており、少年だった男性は少年院へ。

そして18歳になると同時に刑務所へ収容されていました。

でも、この事件について彼は認めておらず、自分が少年院と刑務所へ収容されたのは、もう1人のメイン人物である精神科医だと逆恨みをしていた。

刑期を終えた男性は、度々精神科医の前に姿を表す。

ある時はオフィスへ。またある時は自宅へ。

本来であればもう自分の患者ではないので、関わる必要がないが友人からの頼みで話を聞くこともあった。

だがそれと同時にイラつきも覚えていた。

それは元患者の男性が自分の妻にも近づき親しくしていたからだった。

 

ざっと説明するとこんな感じです。

まあこの元患者というのはいわゆる「サイコパス」と呼ぶべき人間です。

彼に関わった人間は不幸になることが多く、それは彼が持っているカリスマ性に騙され、言葉巧みに惑わされてしまう人間ばかりだからです^^;

 

この作品を見ながら1番感じたのは「精神科医」なんてやるものじゃないですね。笑

こんな言い方をすると「精神科医の先生」に失礼だとは思うのですが、これって実際にあってもおかしくないですし、私が知らないだけで患者に付きまとわれているという先生もいらっしゃるかもしれません^^;

生半可な気持ちでこの職業に就くのは「かなり危険だな」と思わされました。

 

そして次に説明がなかったので私の憶測ではあるのですが、ラストの展開は鬱展開でした。

というのも今作のメインである先生が新しく本を出版し、サイン会のようなことを行うのですが、その場に問題の患者も来ています。

ただ、これだけだと特に問題もなく、このシーンの前に和解したようなシーンがありますので^ ^

近況の話などを2人がしている場に1人の女性が現れます。

実はこの女性は「精神科医の先生」が妻が出張中に浮気をした女性であり、その女性が自分の元患者と交際しているのです^^;

そしてこの患者は現在本を執筆中ということで、内容が「精神疾患の子供を担当していた精神科医を弄ぶ」といった内容で、タイトルは「傍観者」です。

この時点で今作をここまで見ている人であれば「えっ?」となります。

そして2人は車に乗って目的地まで向かう車内の中で会話をし、なぜか先生の奥さんのお腹に子供がいることを彼は知っています^^;

SNSで見たという彼に対して明らかな不信感を出す「精神科医の先生」は、車ごと水に飛び込み、自分の元患者を沈めておしまい…というラストでした。笑

もしかすると浮気をした女性は美人局的な感じで、奥さんのお腹の子も「実は自分の子じゃない」なんて展開を想像させられる展開であり、実はまだ先生のことは許しておらず、彼の復讐は続いていた…のではないかと私は解釈しました^^;

 

*まとめ

これで「水面に映る影」のレビューは終了です。

良作かと言われると「うーん」という感じですが、独特な胸糞の悪さがあり、ついつい集中して見てしまっていました^ ^

あなたの案外身近なところにも「サイコパス」は存在しているかも入れませんので、注意してくださいね。笑

この作品に評価をすると3.0/5.0といったところです。

もうちょっとはっきりとした展開が個人的には欲しく、ダラダラと話が進んでいく展開には少し不満もありましたが、駄作だとは思いません。

それなりに時間を忘れて楽しめる作品だと思います^ ^

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

Related Post


ライ

投稿者: ライ

初めまして、ライです^ ^ このブログでは自称映画マニアの私が今までに見た映画や今現在話題となっている映画の感想を公開しているブログです。 どちらかといえば洋画を好んで見る傾向がありますが、好きな俳優が出ていたり、世間で話題となっている映画であれば邦画も見ます。 ネタバレを含む際には必ず警告を入れてからのみの記載をさせて頂きますので、ご注意下さい。 ※好きなジャンル ・ホラー ・サスペンス ・SF ・アクション ※好きな海外俳優 ・ジェイソン・ステイサム ・マーゴット・ロビー ※好きな国内俳優 ・山田 孝之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA