ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー/悪友トリオここに参上!!

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー」です。

*予告編はこちら

 

この作品「ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー」は、2015年に公開された悪友3人組が次々と問題を起こす「コメディー作品」です。

 

製作年:2015年

製作国:アメリカ

監督:ジョナサン・レビン

脚本:ジョナサン・レビン , エバン・ゴールドバーグ , カイル・ハンター , アリエル・シェイファー

製作:セス・ローゲン , エバン・ゴールドバーグ , ジェームズ・ウィーバー

出演キャスト:ジョセフ・ゴードン=レビット(イーサン) , セス・ローゲン(アイザック) , アンソニー・マッキー(クリス) , リジー・キャプラン(ダイアナ) , ジリアン・ベル(ペッツィー) , マイケル・シャノン(ミスター・グリーン) , ミンディ・カリング , ジェームズ・フランコ(本人) , マイリー・サイラス(本人)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

スポンサーリンク

*あらすじ

「50/50 フィフティ・フィフティ」の主演ジョセフ・ゴードン=レビット、セス・ローゲン、ジョナサン・レビン監督が再結集して手がけたコメディ作品。人生の再出発を前に、最後のクリスマスパーティで乱痴気騒ぎを繰り広げる悪友トリオを描いた。ゴードン=レビットとローゲン、「キャプテン・アメリカ」シリーズのアンソニー・マッキーが、主人公トリオを演じている。14年前に家族を失い、孤独な生活を送るイーサン。幼なじみの悪友アイザックとクリスは、そんなイーサンに寂しい思いはさせまいと、毎年クリスマスイブを3人で過ごしていた。しかし、クリスは有名人になり、アイザックにも家族ができ、それぞれの事情を抱えた3人は、一緒に過ごすクリスマスイブを今年で最後にしようと決めるが……。

映画.com:http://eiga.com/movie/83634/

 

 

ではここから感想です^ ^

スポンサーリンク

*感想(ネタバレ注意!!)

まずこの作品について一言で言うと「つまらない」です。

私はこの作品のタイトルに入っている「ハングオーバー」と言う言葉につられて今作を見ることにしました。

というのも、私は「ハングオーバーシリーズ」大好きです!!

そしてかなりの期待をしながら見た結果、つまらない…。

何がつまらないのか?そう思った理由について説明すると、

まず今作の登場人物である悪友3人組ですが、せっかく3人組という設定を使っているにも関わらず、基本的に別行動^^;

各々が自分のやりたいことを優先するため、せっかくの3人組という設定が活かせておらず、この設定にした意味がない!!

本家「ハングオーバー」では、「一つの目的のためにみんなで協力し、最後には目的を達成する」という「男同士の友情」のようなものがありますが、今作からはそういったものは感じれず、ただただ設定を「ハングオーバー」に似せてきただけ…という風に感じました^^;

 

そして「コメディ要素」に関しても、下ネタで笑いを取りに来ている感が強い作品です。

面白くないとは言いませんが、この部分に関しては賛否両論があると思いますし、嫌な人はとことん嫌だと思いました。

ただ、妻からのプレゼントが「世界中のドラッグ」で、それを使って全力で楽しんで来てというシーンでは、さすがに笑えました^ ^

どこの世界に、もうすぐ子供が産まれるにもかかわらず、夫のためとはいえ、ドラッグを渡す妻がいるのでしょうか。笑

 

次に私が個人的に今作を見て、嬉しかった点についてですが、それは「マイリーサイラス本人」が出演していたことです♪

私は普段から洋楽を聴いているのですが、もちろん「マイリー」のことは知っており、「マイリー」は好きだったので、これにはテンション上がりました^ ^

最近「海外コメディ作品」を見る機会が増えているのですが、「海外コメディ作品」には必ずと言っても良いほど、歌手が登場するので、これは毎回嬉しいです!!

 

そして最後に、これはあまり内容とは関係ありませんが、悪友3人組が昔から大好きなゲームが「ゴールデンアイ」というのには懐かしい気分になりました♪

このゲームを知らない人であれば関係のない話だと思いますが、実は私が小学生の頃に、友人たちと夢中になって遊んだゲームが「ゴールデンアイ」だったので、海外でも流行っていたのだと思うと、嬉しい気持ちになりました^ ^

*まとめ

これで「ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー」のレビューは終了です。

正直、この作品を見るのであれば、以前記事にした「ラスト・ベガス」「ネイキッド」を見る方がまだ楽しめるのではないかと私は思います。

この作品自体、面白くないとは言いませんが、私が大好きな「ハングオーバー」というネームブランドを使っている以上、私に対してはハードルが上がってしまっています^^;

その割にこのクオリティを出すと、むしろマイナス効果…。

タイトルを変えていれば、今よりは楽しめた作品だと思うので、非常に残念です。

この作品に評価をすると2.0/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

Related Post


ライ

投稿者: ライ

初めまして、ライです^ ^ このブログでは自称映画マニアの私が今までに見た映画や今現在話題となっている映画の感想を公開しているブログです。 どちらかといえば洋画を好んで見る傾向がありますが、好きな俳優が出ていたり、世間で話題となっている映画であれば邦画も見ます。 ネタバレを含む際には必ず警告を入れてからのみの記載をさせて頂きますので、ご注意下さい。 ※好きなジャンル ・ホラー ・サスペンス ・SF ・アクション ※好きな海外俳優 ・ジェイソン・ステイサム ・マーゴット・ロビー ※好きな国内俳優 ・山田 孝之

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA