『Netflixオリジナル』7月22日/ノルウェー史上、最も残忍な事件を映画化

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「7月22日」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

7月22日の予告編

 

7月22日の作品概要

制作年:2018年

制作国:アメリカ

上映時間:144分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:22 July

監督:ポール・グリーングラス

脚本:ポール・グリーングラス

制作:スコット・ルーディ , イーライ・ブッシュ , グレゴリー・グッドマン , ポール・グリーングラス

 

出演キャスト一覧

・アンデルシュ・ダニエルセン・リー(アンネシュ・ベーリング・ブレイビク)

・ヨン・オイガーデン(ゲイル・リッペスタッド)

・ジョナス・ストランド・グラヴリ(ビリアル)

・オラ・G・フールセス(イェンス・ストルテンベルグ)

 

7月22日のあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「胸糞MAX」です。

映画「7月22日」は2018年に制作された作品で、「2011年7月22日」に「ノルウェー」の首都「オスロ政府庁舎前」と「ウトヤ島」で発生した連続テロ事件を基に制作された「ヒューマンドラマ作品」です。

また、今作「7月22日」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

 

7月22日のざっくりあらすじ紹介

2011年7月22日。

「ノルウェー」の首都「オスロ政府庁舎」前にて、車を利用した爆破テロ事件が発生する。

この事件による「オスロ政府庁舎」内にて勤務中だった民間人や、「オスロ政府庁舎」付近を歩いていた人たちが多数負傷し、すぐさま街はパニックに陥る。

「オスロ政府庁舎」にて爆破テロが発生したと街がパニックに陥る中、このテロ事件の首謀者「アンネシュ」は、首都「オスロ」からそう遠くない「ウトヤ島」へと向かっていた。

この時、「ウトヤ島」ではたくさんの若者たちが夏季キャンプの最中であり、「アンネシュ」はそれを知った上で「ウトヤ島」へと向かう。

 

 

 

そして「ウトヤ島」へとたどり着いた「アンネシュ」は、夏季キャンプ中だった若者たちに向け銃を乱射し、たくさんの若者たちが負傷、そして命を落とすことになった。

「オスロ政府庁舎」前にて発生した「爆破事件」と、「ウトヤ島」で発生した若者たちを狙った銃撃事件、この2つの事件によって「77人」が命を落とし、負傷者は100人以上にものぼった。

「ウトヤ島」での銃撃事件に気がついた警察は、「ウトヤ島」へと警官を向かわせ、「アンネシュ」の確保に成功する。

「アンネシュ」確保の際、彼は全く抵抗するそぶりを見せず、警官たちに素直に連行された。

 

 

 

「アンネシュ」が起こした「ウトヤ島」銃撃事件の犠牲者の中に、「ビリアル」という青年がいた。

弟や友人たちとキャンプに訪れていた「ビリアル」だったが、残念なことにこの事件によって重傷を負ってしまう。

「アンネシュ」によって5発の銃弾が「ビリアル」に命中し、両手と片足、そして片目を失明し、脳内には銃弾のカケラが残された状態に。

 病院に搬送された時の「ビリアル」は瀕死の状態だったが、なんとか一命を取り留める

 

 

 

警察によって確保された「アンネシュ」と、一命を取り留めた「ビリアル」

独自の過激な思想を持つ「アンネシュ」を正すべく、「ビリアル」は立ち上がることを決意する。

 

 

 

7月22日の感想 胸糞MAX

今作「7月22日」ですが、先日、動画配信サイト「Netflix」より配信がスタートされた「Netflixオリジナル作品」です。

「2018年10月10日」より配信がスタートされた今作ですが、「2011年7月22日」に発生した「ノルウェー連続テロ事件」を基に制作された、いわゆる実話が基の作品なんですね!

2011年って、まだたった7年前の事件ではあるのですが、私は基ネタとなっている事件については記憶がありませんでした。

ですが、今作「7月22日」を視聴して、実際に感じたのは、

ライ
こんなにも胸糞な事件があって良いのか?

と…。

 

 

この事件の首謀者「アンネシュ・ベーリング・ブレイビク

こいつがとにかくイかれてます!!

ライ
こんな悪魔のような人間が実際にいるのか?

とすら疑問に感じてしまうレベルです。

幼少期の経験や、家庭環境が問題…なんて意見も作品内で語られていますが、そういったことで済ましてはならないレベルだとすら私は思います。

 

 

 

元ネタを交えて紹介

今作「7月22日」で題材としている「ノルウェー連続テロ事件」の首謀者「アンネシュ・ベーリング・ブレイビク」

彼は事件の2年前、2009年よりこの事件の準備に入っていました。

テロに使用する「爆弾」の準備や、「銃火器」の準備を2年の間にすませ、事件が発生する5日前に私を含めたこの記事の閲覧者であるみなさんも使っている可能性がある「SNS」の1つ「Twitter」にて犯行を表明していたそうです。

自らのことを「テンプル騎士団」と「アンネシュ」は語っていたそうですが、そもそも彼がこのような事件を起こしたきっかけはと言うと、

「イスラムによる乗っ取りから西欧を守るため」

スポンサーリンク

と動機については話しています。

この頃、ノルウェーの首相を務めていた「ストルテンベルグ」首相は、「移民を受け入れる」姿勢で「ノルウェー」の首相を務めていたのですが、この考え方が「アンネシュ」の考えとは異なり、

「反多文化主義革命」としてテロを起こすきっかけになったようです。

 

 

 

罪悪感のカケラもない…

今作「7月22日」の「アンネシュ」を見ていると、全く罪悪感がないんですよね。。。

「77人の命を奪い、100以上の負傷者を出した。」

しかも、キャンプの最中である若者たちを狙うという卑劣さ…。

事件の最中は冷静な判断で行動し、警官たちに確保された後は食事を取るシーンも…。

罪悪感のカケラもありません。

 

 

 

弁護士に断る権利はないのか?

今作「7月22日」で「アンネシュ」の弁護士を担当していた「ゲイル・リッペスタッド」

「アンネシュ」は「リッペスタッド」のことを「9.11テロ」の裁判時に目撃しており、一方的に「リッペスタッド」のことを知っていました。

それゆえ、「アンネシュ」自らの指名もあって「リッペスタッド」は「アンネシュ」の弁護を担当することになるのですが、「アンネシュ」は「リッペスタッド」に子供がいることを確認した上で、

「リッペスタッドの子供もキャンプにいればよかったのに。」

なんてことを言っているシーンがありました。

「自分の子供を傷つけたい」と考える人物の弁護を担当するなんて、普通の神経であれば考えられないでしょう。

完全な主観ではありますが、私の意見としては、

ライ
裁判を受ける価値すらない!

そんな風に思ってしまいます。

 

 

ですが、世の中の考え方としてはそうではありません。

どんな人物でも、裁判を受ける権利はありますからね!

それが世の摂理なら仕方のないことではありますが、個人的に気になったのは、

ライ
弁護を断ることはできないのか?

と…。

 

 

実際のところ、断る権利は「あります」

もちろん理由ありきではあると思いますが、「依頼人の利益を守ること」これが最優先だそうです。

なので「負ける勝負なら断る」これが一般的だそうですね!

 

にしても今作「7月22日」をみれば、「弁護士」の偉大さを知れますね!

それと同時に、「弁護士」に対する不信感を募らせた部分もありましたが、これが「弁護士」の仕事なのだと認識しました。

 

 

 

7月22日の結末は?

今作「7月22日」の結末ですが、「アンネシュ」によって重傷を負わされた「ビリアル」は、必死でリハビリに取り組み、「アンネシュ」を裁く裁判に出席します。

本来であれば顔など見たくないはず…。

ですが、死んでしまった友人たちのためにも、「アンネシュ」の裁判へ出席し、当時のことを力強く語る姿が描かれていました。

 

 

もちろん、「アンネシュ」は有罪となります。

一時は、「精神に異常がある」とのことで、禁錮を免れる可能性がありましたが、最終的な判決は「禁錮最低10年、最長21年」の判決を言い渡されました。

正直言って、ぬるい判決だと私は思いますが、これが「ノルウェー」での最高刑となっているそうです。

「ノルウェー」では「1905年」より死刑制度が廃止されていますからね!(1945年だけ復活している)

にしてもぬるすぎると私は思います。

77人の命を奪い、100人以上の負傷者を出した人物が、最短10年で出所ですよ?

他国の問題ではありますが、この事実には驚きを隠せませんでした。

 

 

 

まとめ&評価

これで「7月22日」のレビュー終了です。

これまでにも実話が基となっているテロを題材とした映画はたくさん視聴してきましたが、今作「7月22日」ほど胸くその悪い映画はありませんでしたね!(映画自体を否定しているのではありません)

計画的に行われたテロ事件であり、若者たちが参加しているキャンプを狙うという卑劣さ。

この連続テロ事件の犯人「アンネシュ・ベーリング・ブレイビク」は、生きていてはならない人物だと私は感じました。

 

 

彼の逮捕から現在で6年。

早ければ、後4年で出所してきますからね。

しかも、今作「7月22日」の最後で「できることならもう1度やりたい」なんて、再犯をほのめかしていましたから…。

むしろ「できることなら出所させないで欲しい」と思いますね。。。

 

 

 

7月22日の評価は?

最後に、今作「7月22日」に評価をすると3.5/5.0です。

ここまで触れていませんでしたが、実は2時間30分近くある作品でして、見ることをためらってしまうほどの長さではありますw

ですが、テンポが良いのか?そこまで時間は気にならず、あっという間に終わってしまいましたし、犯人「アンネシュ」と被害者「ビリアル」

この2人のストーリーを上手い具合に組み合わせており、個々に感情移入してしまうような作品でした。

2人とも演技力が高かったですしね!

おかげで「アンネシュ」役の「アンデルシュ・ダニエルセン・リー」を嫌いになっている私がいますw

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ