8Mile(マイル)/世界的ラッパー「エミネム」本人が出演

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「8Mile(マイル)」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

8Mile(マイル)の予告編

 

8 Mile(マイル)の作品概要

制作年:2002年

制作国:アメリカ

上映時間:110分

配信サイト:Netflix , dTV…_etc.

原題:8 Mile

監督:カーティス・ハンソン

脚本:スコット・シルヴァー

制作:ブライアン・グレイザー , カーティス・ハンソン , ジミー・アイオヴィン

出演キャスト一覧

・エミネム(ジミー/ラビット)

・ブリタニー・マーフィ(アレックス)

・キム・ベイシンガー(ステファニー・スミス)

・クロエ・グリーンフィールド(リリー・スミス)

・メキ・ファイファー(デヴィッド“フューチャー”ポーター)

・エヴァン・ジョーンズ(チェダー・ボブ)

・オマー・ベンソン・ミラー(ソル・ジョージ)

・ユージン・バード(ウィンク)

・アンソニー・マッキー(パパ・ドク)

・タリン・マニング(ジャーニーン)

・マイケル・シャノン(グレッグ)

 

8Mile(マイル)のあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「エミネムの安定感に必見」です。

映画「8Mile(マイル)」は2002年に制作された作品で、1990年代半ばのデトロイトを舞台に、貧しい暮らしをしながら黒人文化である「ラップ」を駆使し奮闘する白人の姿を描いた「ヒューマンドラマ作品」です。

 

8Mile(マイル)のざっくりあらすじ紹介

1990年代半ばのアメリカ、デトロイトにて。

かつて栄えていた「デトロイト」だったが、この時すでに衰退仕切っていたこの町で暮らすのは貧しい人たちだけだった。ミシガン州デトロイトには、都市と郊外を隔てる境界線があり、人々はこの境界線を「8マイルロード」と呼んでいた。「8マイルロード」は富裕層と貧困層、そして黒人と白人を分ける道となっており、この時のデトロイトで暮らす人たちの多くは貧困層であり、黒人が多くを占めていた。

 

そんなデトロイトで暮らす1人の男性「ジミー」

仲間たちからは「ラビット」と呼ばれ、「ジミー」は白人にもかかわらず、彼がつるんでいるのは黒人たち。白人が黒人とつるんでいるのをよく思わない黒人たちもおり、何かと「ジミー」がターゲットになることも少なくなかった。

 

そんな「ジミー」だったが、彼はあることに夢中だった。それは黒人文化であるといっても過言ではない「ラップ」

「ジミー」はいつか自身が愛するラップで成功を掴み、いまの生活を抜け出したいと夢に見ていた。空き時間を見つけてはリリックを綴る「ジミー」だったが、「ラップは黒人の文化だ」と「ジミー」の夢を良く思わない連中もいた。だが、そんな連中に負けまいと、ある日、「ジミー」はシェルターで行われるラップバトルに出場する。しかし、プレッシャーや「ラップは黒人のもの」という「ジミー」の存在を非否定するかのような意見によって、彼はMCバトルで何の成果も残せずに終わってしまう。

 

これをきっかけに1度は諦めかけた「ジミー」だったが、このあと彼が出会った人物の言葉によって、もう1度MCバトルへ出場する決意をする。

 

8Mile(マイル)の感想

今作「8Mile(マイル)」ですが、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

2002年に公開された今作ですが、かなり今更感がある作品ですよねw

世界的に有名なラッパー「エミネム」が主演というだけでかなり知名度のある作品ですし、ストーリー自体も良くねられており評判もかなり良い作品です。ですが、ワタシは今回が初めての視聴だったんですよね…。さすが「自称映画マニア」ですw

ライ
早く見たいな〜

なんて思いを胸に、マイリストには入れながらもずっと見ずにいた今作「8Mile(マイル)」

ぶっちゃけ、期待以上でも期待以下でもありませんでしたw

 

だらだらが目立つかも?

ストーリー自体は緩急がなく、だらだらとした展開がずっと続きます。この感じは途中で飽きてしまう方もいらっしゃるのではないか?と思いましたね(まあ、ワタシは楽しく見れましたがw)。そんな展開がラスト30分ぐらいまでだらだらと続き、ラスト30分からが今作「8Mile(マイル)」の見どころというワケなんです!それについては後ほど紹介するとして、黒人や白人、富裕層や貧困層、今の時代もこういったことを題材としている映画ってたくさんありますよね?

 

今作はそういったモノの先駆けではないか?とワタシは感じました^^

スポンサーリンク

 

エミネムの安定感

今作「8Mile(マイル)」の主人公「ジミー」を演じているのは、このブログ内でもお話ししていますし、皆さんご存知でもある「エミネム」ですよね!「エミネム」と言えば世界的にも有名なラッパーです。ぶっちゃけワタシは「ラップ」というモノの良さがあまりわかりませんし、ルールのようなモノも知りません。それでも「エミネム」の安定感ぐらいはワタシでもわかります。

 

MCバトルに「エミネム」演じる「ジミー」が出演した際、他の黒人たちとバトルを繰り広げるワケですが、やはり「エミネム」は一線を画していました。それゆえに安心して見れましたね!ただ、「エミネム」を主演とし、「ラップ」を題材とした映画を作るというのは、どこか卑怯な気もしましたが、楽しめてしまった以上、何も言えないのが現状ですw

 

エミネムの代表曲が使われている?

「エミネム」と言えば、これまでに数々の名曲を生み出していますよね?

 

代表曲をいくつか紹介すると「Without Me」「The Monster」「Not Afraid」などでしょうか?その他、自身の娘「ヘイリー」に向け作曲された「Haille’s Song」なども有名ですね!しかし、それらも有名ですが、何より有名なのは、やはり「Lose Yourself」ではないでしょうか?

 

「エミネム」のことを知らなくても、この曲を知っている人はいる…といっても過言ではないはずです。ワタシも今作「8Mile(マイル)」を視聴したことによって久々に曲を耳にしましたが、やはりいいですね!どこをどう褒めればいいのか?難しいですが、とにかく聞いてもらえれば良さが伝わる…とワタシは思います。

 

そんな有名な曲「Lose Yourself」が作品内で使用されていました。これは思わずトリハダモノですよ!見終わってからYouTubeで2回聞きましたw

 

せっかくなのでYouTubeから転載しておきます。興味のある方はぜひ聞いてみてください^^

 

 

8Mile(マイル)は実話?

今作「8Mile(マイル)」ですが、「エミネム」を主演に迎えた「実話なのか?」といった疑問を持たれている方もいらっしゃるようで。その疑問について説明すると、今作「8Mile(マイル)」は実話ではありません。ですが、完全なフィクションというワケでもありません。作品内で行われていたデトロイトでのラップバトルは事実だそうです。ただ、家庭内のいざこざなどは多少変更を加えているのだとか。

なので、「エミネム」の半自伝と思っていただければ良いかと思いますね^^

実話の部分とフィクションの部分、両方を加えて制作されたのでしょう。

 

8Mile(マイル)の結末は?

今作「8Mile(マイル)」の結末ですが、これが今作最大の見どころです。ここに到るまで、「ジミー」は友人から恋人を寝取られたり、家庭のいざこざにかなり悩まされるのですが、そういったことを断ち切るためにMCバトルに出場します。初めて出演した際はなんの成果も残せなかった「ジミー」ですが、今回は一味も二味も違いました。ずっとライバル的存在だった人物の部下たちをどんどんラップで退け、決勝ではこれまでチャンピオンだった男とのMCバトル。緊張を見せる「ジミー」でしたが、緊張を断ち切り、見事なラップを繰り広げる「ジミー」

「ジミー」のラップを聴いたチャンピオンは戦意を喪失し、次のチャンピオンは「ジミー」となる…そんな結末でした。

 

後半30分はとにかくMCバトル。これが思わず手に汗握る展開なんですよね。素人目に見ても、「ジミー」の方がすごいのはわかります。ですが、これまでに「ジミー」が体験した苦労などがここに詰め込まれており、それらがあったおかげでこの「ジミー」がある…と考えると、いろいろと感慨深いんですよね。

 

文章ですべてを伝えることは不可能だと思うので、

ライ
ぜひとも実際に見て欲しい

ワタシはそう思います^^

 

まとめ&評価

これで「8Mile(マイル)」のレビューは終了です。

ストーリー自体は、先ほども言ったように期待以上でも期待以下でもありません。緩急なく、だらだらと進んでいくストーリー展開に飽きてしまう方もいらっしゃるでしょう。ですが、そのだらだらを乗り越えたその先に、最高のラストが待っている…とワタシは思います^^

これまで何となく聴いていた「エミネム」の曲も、これをきっかけに少し変わってしまうと言っても過言ではありません。もちろん良い意味ですよ?w

 

8Mile(マイル)の評価は?

最後に、今作「8Mile(マイル)」に評価をすると4.0/5.0です。

有名な作品なので、知ってて見たことがない…という方は少ないと思います。知っていて見ていない方にはまず見て欲しい。そして今の10代にも見て欲しい作品だとワタシは思いますね!途中のだらだらで心を折らず、最後のMCバトルまで頑張ってください^^

スポンサーリンク

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ