『Netflixオリジナル』アレックス・ストレンジラブ/恋のカタチは人それぞれ

ども、ライです♪

今回は「アレックス・ストレンジラブ」のレビューです^ ^

アレックス・ストレンジラブの予告編

スポンサーリンク

 

アレックス・ストレンジラブのあらすじ&作品概要

映画「アレックス・ストレンジラブ」は2018年に制作された作品。

成績優秀、そして生徒会長という立場にいる高校生「アレックス」

大好きな女性「クレア」とも恋人関係で、何不自由ない学生生活を満喫していた。

そんな彼だが、実は「童貞」という「クレア」には打ち明けられない秘密があった。

交際から数ヶ月が経っても、セックスしない関係に違和感を感じ始める「クレア」

そんな「クレア」の違和感を解消するため、「アレックス」はついに脱童貞を決める。

しかし、いざその時が来ると、「アレックス」の身体は言うことをきかない。

そして「アレックス」はここまで自分でも気づいていなかった衝撃の事実を知ることになる…。

 

アレックス・ストレンジラブ 作品概要

制作年:2018年

制作国:アメリカ

上映時間:99分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:Alex Strangelove

監督:クレイグ・ジョンソン

脚本:クレイグ・ジョンソン

制作:

出演キャスト:ダニエル・ドヒニー(アレックス) ,マデリーン・ウェインスタイン(クレア) , アントニオ・マルツィアーレ , イザベラ・アマラ , ウィリアム・ラグズデール , ニック・ドダニ , ダニエル・ゾルガドリ , Bj Gruber

 

アレックス・ストレンジラブの感想&ネタバレあり

まず今作について一言で「現代らしい作品」です。

映画「アレックス・ストレンジラブ 」は2018年に制作された作品で、大好きな彼女「クレア」と脱童貞を目指す青年「アレックス」と、彼女と付き合っていく中で自分がLGBTだと自覚し、戸惑いながらもそんな自分を受け入れていく姿を描いた「ラブコメディ作品」です。

また今作「アレックス・ストレンジラブ」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

アレックス・ストレンジラブのざっくり内容紹介

では初めに、映画「アレックス・ストレンジラブ」の内容をざっくり紹介すると、

 

成績優秀、生徒会長という立場にいる青年「アレックス」

友人にも恵まれ、大好きだった女性「クレア」とも恋人関係で、何不自由ない高校生活を満喫。

童貞という部分を除いては…。

交際が始まってそれなりの期間を経ているにもかかわらず、セックスしない「アレックス」に対して、「クレア」は違和感を感じていた。

そんな「クレア」の違和感を解消させるため、「アレックス」はついに行動に出た。

日にちを決め、モーテルを予約。

童貞の「アレックス」はその日まで緊張の毎日を過ごした。

 

そんなある日。

演劇部が主催のパーティに招かれて参加した「アレックス」

そこでLGBTの男性「エリオット」と出会う。

意気投合した2人は、この日をきっかけに一緒にライブを見に行ったりする仲になる。

 

ついに、モーテルを予約していた日が訪れた。

緊張の中、「アレックス」と「クレア」はモーテルへと向かう。

いい感じの雰囲気になったところで事に励もうとするもうまくいかない。

なぜなら「アレックス」の頭の中には「エリオット」の存在があった。

これまでの人生を振り返り、自分は女性が好きではないのかもしれないと考え始める「アレックス」

そしてこれをきっかけに、自分自身を模索し始める…。

 

アレックス・ストレンジラブの感想

そんな今作「アレックス・ストレンジラブ」ですが、本日「Netflix」にて視聴した「ネットフリックスオリジナル作品」です。

今作をNetflixで見つけた瞬間は、

「最近のNetflixオリジナルは青春ラブコメすっきやなぁ」ぐらいに思っていたのですが、実は今作はそんな簡単なものではありませんでしたw

 

序盤は青春ラブコメだと思っていただければ良いと思います👍

童貞だと大好きな恋人に打ち明けられない青年が、隠し隠しで脱童貞を目指します。

海外の映画は脱童貞という設定が好きですねw

スポンサーリンク

この設定はしょっちゅう見ますし、やはり性に対する捉え方が日本とは違うからなのでしょうか?

 

まあそれはさておき、序盤はそんな雰囲気で進んでいきますが、中盤あたりから突然の進路変更しますw

正直言って、予想しない展開だっただけに、はじめは着いていけませんでした💦

なにせ、大好きな恋人で脱童貞を目指す青年が、まさかのLGBTだったという展開だったからです。

あらすじを見る限り、この展開はまず予想できないでしょう。

まあここ最近のNetflixオリジナル作品はただのラブコメオンパレードだっただけに、少し違った作品という意味では良い事なのかもしれませんね!

 

こういった作品が制作されるというのは、やはり時代なのでしょう。

過去に戻れば戻るほど、こういった作品は受け入れられなかったでしょう💦

悲しいことですが、世界は差別と偏見で満ち溢れていますから…。

ところが最近ではこういった作品も珍しくないでしょう。

世界的にLGBTを受け入れ始め、差別や偏見が少なくなってきているというのは良い傾向です✨

つい先日このブログ内で紹介した「アメリカン・クライム」に出演していた「エレン・ペイジ」さんも、自身がLGBTだと公開したりと、そういった有名な方の勇気ある行動や発言によって、世間的に受け入れられ初めているというのもあるでしょう^ ^

 

少し話がずれてしまったので修正しますが、

主人公の青年「アレックス」が戸惑いながらも、自身がLGBTだと受け入れていく姿はなかなか心に来るものがありますね!

私自身、LGBTではないので、気持ちがわかるというのはさすがに誇張しすぎていますし、そういった方たちの苦労を軽く見ている発言となってしまう恐れがあるため、迂闊な発言をするわけにはいけませんが、LGBTで実際に悩んでいる方たちには背中を押すような良い作品ではないかと思います^ ^

また、それに当てはまらない方でも、ラブコメとして楽しめる作品に制作されていますよ♪

LGBTは受け入れられ始めてはいるものの、やはり明るい雰囲気で描くには難しい内容を、明るく万人向けに制作されている作品だと思います✨

 

あと、「アレックス」が「エリオット」の部屋に招かれた際、部屋の壁に「ムーンライト」という映画のポスターが貼られています。

「ムーンライト」は数々の賞を受賞した映画で、今作と同じくLGBTを描いている作品なのですが、わかりにくく複線のような形でLGBT要素が取り入れられているのは思わず「おっ!」となりましたね!

まあ「エリオット」は出会った瞬間からLGBTだと口にしていたので、隠していた訳ではありませんが💦

こういった目につきにくい部分まで気配りしている感じは好きです👍

 

アレックス・ストレンジラブのキャストは?

次は「アレックス・ストレンジラブ 」のキャスト紹介ですが、実は今作が初めての映画出演という方たちばかりで、紹介するほどのことがないんですよね…。

そんな風に感じない演技力だったので、今後の活躍に期待したいところです👍

ちなみに「クレア」を演じていた「マデリーン・ウェインスタイン」さんは「ブルックリンの片隅で」という作品に出演しています。

興味のある方は要チェック♪

 

アレックス・ストレンジラブの結末は?

まあ予想通りの結末となるでしょうw

「アレックス」が選ぶのは「クレア」か?はたまた「エリオット」なのか?

LGBTを描いている作品ゆえ仕方がないと思いますが、「クレア」の気持ちを考えると凹んでしまう私がいました。。。

個人的にハッピーエンドだとは言えませんが、作品に沿っているという意味ではこれがハッピーエンドなのだと思います^ ^

 

まとめ&評価

これで「アレックス・ストレンジラブ」の評価は終了です。

万人ウケするような、ラブコメ作品だと思っていただければいいかと思います^ ^

今作をきっかけに偏見や差別が減るとさらに良いでしょう👍

恋愛のカタチは人それぞれです!

自分と違うからと否定するのではなく、そんなカタチもあるんだと受け入れる世の中を作るきっかけの作品となってほしいと思います✨

 

アレックス・ストレンジラブの評価

最後に、映画「アレックス・ストレンジラブ」に評価をすると4.0/5.0です。

LGBTについて学べ、さらに明るく描いている今作は見る価値のある作品だと思います^ ^

これからの時代、もっともっと認知され始める問題ですからね!

そんなきっかけとなってほしいと思います👍

 

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ