アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン/世界を守るために戦う

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」です。

 

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロンの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」は2015年に製作された作品で「マーベルコミック」に登場するアメコミ系ヒーローである「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」「マイティー・ソー」などのヒーローが夢の共演を果たし、地球の平和を乱す悪と戦う姿を描いた「SF・アクション作品」です。

 

製作年:2015年

製作国:アメリカ

監督:ジョス・ウェドン

脚本:ジョス・ウェドン

製作:ケビン・フェイグ

出演キャスト:ロバート・ダウニー・Jr.(トニー・スターク/アイアンマン) , クリス・ヘムズワース(ソー) , マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク) , クリス・エバンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ) , スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマ/ブラック・ウィドウ) , ジェレミー・レナー(ジェームス・ローディ・ローズ/ウォーマシン) , アーロン・テイラー=ジョンソン(ピエトロ・マキシモフ/クイックシルバー) , エリザベス・オルセン(ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ) , ポール・ベタニー(ヴィジョン) , コビー・スマルダース(マリア・ヒル) , アンソニー・マッキー(サム・ウィルソン/ファルコン) , ヘイリー・アトウェル(ペギー・カーター) , イドリス・エルバ(ヘイムダル) , ステラン・スカルスガルド(エリック・セルヴィグ) , ジェームズ・スペイダー(ウルトロン) , サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー) , リンダ・カーデリニ(ローラ・バートン) , クラウディア・キム(チョ博士) , トーマス・クレッチマン(ストランカー) , アンディ・サーキス(ユリシーズ・クロー)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロンのあらすじ

アイアンマンとして何度も人類の危機を救い、だからこそアベンジャーズの限界を誰よりも強く知るトニー・スタークは、自分たちの手に負えない敵の襲来に備え、禁断の平和維持システムである人工知能「ウルトロン」を起動させる。しかし、ウルトロンは「究極の平和」を実現するため、平和を脅かす唯一の存在である人類の抹消を選択する。再び訪れた人類滅亡の危機に、アベンジャーズは人知を超えたウルトロンを相手に戦うことになるが……。

映画.com:http://eiga.com/movie/77790/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「アメコミ好きにはたまらん!!」です。

今作「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」は、この記事の初めでもお話ししたように「マーベルコミックス」に登場するスーパーヒーローたちが夢の共演を果たす「SF・アクション作品」です。

 

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン 感想 

メインで登場するスーパーヒーローは、

「アイアンマン」「ソー」「キャプテン・アメリカ」「ハルク」「ブラック・ウィドウ」「ホークアイ」の6人がメインでストーリーが進んでいきます^ ^

「ブラック・ウィドウ」と「ホークアイ」に関しては、個人的にそこまで詳しく知らないキャラではあるのですが、名前は知っているスーパーヒーローです♪

私以外にも「名前は聞いたことがある!!」と言う方も多いと思います。

スポンサーリンク

そんな今作ですが、実は2015年に製作された作品ということで、新しい作品ではありません!!

「アメコミ系」の作品はわりかし好きな私がなぜ今作を今まで見ていなかったのか?

それは前作の「アベンジャーズ」が面白くなかったからなんです^^;

そのため今日まで見る気にもなれず、見て見ぬ振りをしていたのですが、いつもは「Netflix」で映画を見ることがほとんどの私が、なんとなく「hulu」を開いて見ると「2017年11月30日まで」という期限付きで、今作「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」が公開されていました。

貧乏性な私はついつい「期限」のあるものにつられて、気がつくと「見ないともったいない!!」なんていうよくわからない感情に突き動かされ、約2時間30分もかぶりついて今作を視聴していました。笑

前作を見たときの感想のせいで、かなりハードルが下がっての視聴でしたが、今作は正直楽しめた作品です♪

登場するヒーローたちの良さが存分に引き出されており、いまいちパッとしない(個人的に)ヒーローにも、かっこいいシーンがちゃんとあるために「そこにいるだけ感」が全く感じませんでいた^ ^

こういった複数のスーパーヒーローが登場する作品では必ず「こいつ要らんよな。笑」というヒーローが存在するイメージなのですが、そんな感じは全くありません!!

もはや「人ではない系ヒーロー」「人の中ではかなり強いのだろう系のヒーロー」の2種類がメンバーで構成されていますが、「人ではない系ヒーロー」に負けず劣らずな「人の中ではかなり強いのだろう系ヒーロー」がいました。

これは今作での良いポイントだと私は思います^ ^

 

次に今作のアクションシーンについてですが、これはかなり力が入れられているように私は感じました!!

特にそう感じたのは「暴走したハルク」とそれを止める「アイアンマン」のバトルシーンはスゴイです♪

自宅のTVで見てあのレベルなら、映画館で見た人はとてつもない迫力だったと思います!!

町中を破壊しながら暴れる「ハルク」を止める「アイアンマン」はとにかくスゴイです!!

その他にも先ほどから言っているスーパーヒーロー全てにかっこいいアクションシーンがあり、特に「キャプテン・アメリカ」は個人的には良かったです^ ^

正直今作を見るまでは「青いタイツの盾を持った男」ぐらいにしか思っておらず、見た目からして「ダサいな」と思っていましたが、今作を見て「キャプテン・アメリカ」に対する印象が変わりました。

近々「キャプテン・アメリカ」が単独で出演する作品も見てみたいと思います^ ^

 

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン 結末

そして最後に今作の結末についてですが、地球は「アベンジャーズ」の手によって無事に救われ、次回作を煽るような形で終わっています。

一応予定では「2018年4月25日」に公開されるとのことですが、これは楽しみです♪

より良い作品になっていることを願います^ ^

あと最後に「ハルク」が行方をくらませてしまうので、次回作では戻ってきてほしいと思います。

 

まとめ

これで「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」のレビューは終了です。

ハードルが低い状態から入ったということもあると思いますが、個人的にはかなり楽しめた作品です^ ^

2時間30分の間退屈することなく、食い気味に見入っていました。笑

この感じだったら次回作にも期待できるかと思います!!

この作品に評価をすると4.0/5.0といったところです。

この作品をおすすめするとすれば「アメコミ系ヒーローファン」はもちろん「SF・アクション」が見たい方にもおすすめします♪

あと次回作を見る前にもう1度見るのもアリですよ!!

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ