アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー/最強の敵『サノス』襲来!!衝撃すぎたラスト!?

Amazonより引用

 

ども、ライです♪

今回は「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」です^^

スポンサーリンク

 

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの予告編

 

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの作品概要

制作年:2018年

制作国:アメリカ

上映時間:156分

配信サイト:dTV , Amazonプライムビデオ…etc.

原題:Avengers:Infinity War

監督:アンソニー・ルッソ 、ジョー・ルッソ

脚本:クリストファー・マルクス , スティーヴン・マクフィーリー

制作:ケヴィン・ハイギ

出演キャスト一覧

・ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/アイアンマン)

・クリス・ヘムズワース(ソー)

・マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)

・クリス・エヴァンス(スティーヴ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)

・スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)

・ベネディクト・カンバーバッチ(スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ)

・トム・ホランド(ピーター・パーカー/スパイダーマン)

・クリス・ブラッド(ピーター・クイル/スター・ロード)

・チャドウィック・ボーズマン(ティ・チャラ/ブラックパンサー)

・ジョシュ・ブローリン(サノス)

・エリザベス・オルセン(ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ)

・ポール・ベタニー(ヴィジョン)

・サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)

・セバスチャン・スタン(バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー)

・ゾーイ・サルダナ(ガモーラ)

・ブラッドリー・クーパー(アライグマのロケットの声を担当)

・ヴィン・ディーゼル(人型植物のグルートの声を担当)

・ショーン・ガン(ロケットのスーツアクター)

・ポム・クレメンティーフ(マンティス)

・カレン・ギラン(ネビュラ)

・デイヴ・バウティスタ(ドラックス)

・ベニチオ・デル・トロ(タニリーア・ディヴァン/コレクター)

・トム・ヒドルストン(ロキ)

・ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)

・アンソニー・マッキー(サム・ウィルソン/ファルコン)

・ダナイ・グリラ(オコエ)

・レティーシャ・ライト(シュリ)

・イドリス・エルバ(ヘイムダル)

・ピーター・ディンクレイジ(エイトリ)

・ベネディクト・ウォン(ウォン)

・グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)

・ウィンストン・デューク(エムバク)

・フローレンス・カサンバ(アヨ)

・トム・ヴォーン=ローラー(エボニー・マウ)

・テリー・ノタリー(カル・オブシディアン)

・キャリー・クーン(プロキシマ・ミッドナイト)

・マイケル・ジェームズ・ショウ(ユーヴァス・グレイブ)

・コビー・スマルダーズ(マリア・ヒル)

・ジェイコブ・バタロン(ネッド)

・ウィリアム・ハート(サディアス・“サンダーボルト”・ロス)

・ロス・マーカンド(ヨハン・シュミレット/レッドスカル)

 

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「シリーズ史上最高に豪華」です。

映画「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」は2018年に制作された作品で、世界を牛耳るほどの力が秘められた「インフィニティ・ストーン」を巡り、「アベンジャーズ」たちと最強の敵「サノス」との戦いを描いた「SF・アクション作品」です。

 

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーのざっくりあらすじ紹介

手に入れることができれば全能の力を手に入れ、世界を牛耳るほどの力を手にすることができる石「インフィニティ・ストーン」

現在、「インフィニティ・ストーン」は6つ存在し、それぞれ宇宙のどこか別の場所へと保管されていた。

 

「ソー」たち「アスガルド人」は、ラグナロクの発動によって故郷「アスガルド」が滅亡し、新たな居住地として地球を目指していたところ、以前、ニューヨークで発生した戦いの真の黒幕だった「サノス」たちの襲撃を受け、「アスガルド人」は次々に虐殺されてしまう。

抵抗する「ソー」や「ハルク」そして「ロキ」だったが、誰も全く歯が立たず、「ロキ」は「サノス」に殺されてしまった。

「ソー」たちが大事に保管していた「四次元キューブ」を「サノス」は奪い、キューブ内に隠されていた「スペース・ストーン」を手に入れ、「ソー」たちの前から姿を消した。

「サノス」との戦いの最中、「ヘイムダル」の手助けによって間一髪その場から脱出することができた「ハルク」は、すぐさま地球へ向かい、「アベンジャーズ」のメンバーたちの元へと向かう。

「サノス」が地球へと向かっていると知った「アベンジャーズ」のメンバーたちだったが、以前の戦いで「アイアンマン」と「キャプテン・アメリカ」の関係に亀裂が入っており、全員が集合している状況ではなかった。

 

「アベンジャーズ」が全員揃っていない中、「サノス」の部下たちは、地球にある「インフィニティ・ストーン」を求め、地球へとやってくる。

街中で激しい戦闘になる「アベンジャーズ」と「サノス」の部下たちだったが、その間にも「サノス」は宇宙をめぐり、次々に「インフィニティ・ストーン」を手に入れていた。

このままでは、すべての石が「サノス」の手に渡ってしまう。しかし、そんな予想を裏切ることができず、最後の石も「サノス」の手に渡ってしまう…。

 

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの感想 シリーズ史上、最高に豪華

今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」ですが、先日、レンタルビデオ店「TSUTAYA」にてレンタルし、視聴した作品です。

「アベンジャーズシリーズ」もついに3作目となりましたね!

「アベンジャーズ」のメンバーが登場する作品もシリーズに入れると、とんでもない数のシリーズ作品となってしまうのですが、「アベンジャーズシリーズ」としては「アベンジャーズ」そしてアベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」と制作されてきています^^

 

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン/世界を守るために戦う

2017.11.28

そんな中、今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」は、初回作「アベンジャーズ」と関係性のある作品です。

残念ながら、このブログ内で「アベンジャーズ」の紹介はしていないのですが、「アベンジャーズ」の最後に、「サノス」が登場しています。

「アベンジャーズ」たちがニューヨークの街で繰り広げた戦いにおける真の黒幕は「サノス」だったということをご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で、初めてまともに登場する「サノス」ですが、彼の紹介は後ほどするとして、今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」は、これまでのシリーズの中で一番豪華だと言っても過言ではないでしょう!

何が豪華って、とにかくキャストが豪華なんですよね♪

年々、スーパーヒーローが増えていく中で、今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」は、その集大成と言っても過言ではないでしょう!

これまでの「アベンジャーズシリーズ」に登場してきたヒーローはもちろん、今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」では「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のメンバーたちも参戦しています。

どうやら「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」でも出演していた?ようですが、多分、ここまでがっつり「アベンジャーズ」たちとは絡んでいなかったと思いますが…。

まあそれはさておき、とにかくマーベルヒーローたちが大集結している作品なんですね!

スポンサーリンク

今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で出番のなかったヒーローは「アントマン」と「ホークアイ」だけですから。

「アントマン」はつい最近も「アントマン&ワスプ」が新作として公開されていますが、「ホークアイ」に関しては、まあ言うまでもありませんねw

個人的には人間味があって嫌いではないのですが、「アベンジャーズ」のメンバーとしてはインパクトに欠けますからね。。。

 

ライ
そんなにもか!?

と思ってしまうほど豪華にヒーローを集結させ、これまでで一番強いと言っても過言ではない敵「サノス」との激戦が描かれていて、ほんと文句ないです!!

「サノス」が最強であることはもちろんですが、「サノス」の部下たちもめちゃくちゃ強いんですよ!

それゆえ部下を倒すのも一苦労。一筋縄ではいきません。

ですが、「アベンジャーズ」のメンバーたちも、これまでと比べてより強く進化している!!

これがまた、男心をくすぐると言いますか…w

特に「アイアンマン」と「スパイダーマン」と「ソー」

この3人の成長ぶりはハンパではありません。

「アイアンマン」なんてナノテクノロジー技術を取り入れ、スーツが壊れてもすぐに修復されますし、装備が形状変化するんです!!

もはや、私の知っている「アイアンマン」が、今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」にはいませんでしたw

 

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの最強の敵 狂えるタイタン人 サノスを紹介

引用:https://amecomi.online/figure/hottoys-avengers-infinity-war-thanos

今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で最強の敵として現れたタイタン人の「サノス

「アベンジャーズシリーズ」初回作の「アベンジャーズ」の最後で登場した彼ですが、「彼が登場した経緯」などについてはご存知でない方も多いのではないかと思います。

私自身、「サノス」のことは全く知らず、ただ、今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が公開されて以降、色々なところでコラボとして登場していたようではありますが、実は原作の「マーベルコミック」では「アイアンマン」第55号にて初登場し、彼自身、「スーパーヴィラン」として存在しています。

今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」にてまともに登場したのが初だとお話しましたが、実は2014年に公開された「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」でも登場していたそうですね!

映画への出演こそそこまで多くはありませんが、原作の「マーベルコミック」では何度も登場しており、「歴代コミックヴィラン」というランキングの中では47位の座にいるようです。

47位って、なんだか微妙なランクですけど、そこは触れないでおきましょうw

今作で最強の力を手に入れた「サノス」ですが、決着はまだついておらず、次回作「アベンジャーズ4」で登場するのでは?と私は予想しています。

今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の最後でも、

「サノスはまた帰ってくる」

と表示されていましたよね?

今作にて、すべての「インフィニティ・ストーン」を手に入れた「サノス」と、次回はどうやって戦うのか?

注目でしかありませんね♪

 

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの結末 ラストに出てきた赤と青の紋章の正体は?

今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の結末ですが、6つの「インフィニティ・ストーン」を手に入れた「サノス」の力によって、人類のほとんどが消滅してしまいます。

残念なことに「アベンジャーズ」たちの力では歯が立たず、それどころか「アベンジャーズ」のメンバーたちも次々の消滅…。

何人かは消えることなく生き残ることができたのですが、そこで今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」は終了となります。

この絶望的すぎるラストは、

ライ
え、ここで終わるの…?

という感情しか芽生えませんでしたねw

今までの「アベンジャーズシリーズ」で、こんな終わり方をした作品はありませんでしたし、そもそもヒーローが登場する作品は、

「最後にヒーローが勝つ」

このパターンで終わる作品しか見たことがなかった私には衝撃でした。

 

それはさておき、今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のラストで、「ニック・フューリー」が「サノス」の能力によって消えてしまう寸前に、スマホのようなモノでどこかへと連絡しているシーンがありましたよね?

「ニック・フューリー」が消え、その場にはスマホのみが残されていましたが、そのスマホの画面には「赤と青の星の紋章」が表示されていました。

あの「赤と青の星の紋章」についてですが、間違いなく次回作への伏線となっているでしょう。

「アベンジャーズ」のメンバーが次々と消滅し、戦力がかなり低下した今、あの「赤と青の紋章が何をさしているのか?」というと、新ヒーローとして「キャプテン・マーベル」が登場するのではないかと私は考えています。

引用:http://amazing-mcu.club/entry/2018/04/28/映画「キャプテン・マーベル」の最新情報とあら

「キャプテン・マーベル(仮タイトル)」自体は、2019年に公開される映画なのですが、その映画の主人公「キャロル・ダンバース」は、ある事故によってエイリアンのDNAと融合され、超人的な能力を手に入れた人物なんですね!

「キャプテン・マーベル(仮タイトル)」自体、「2019年3月8日」に公開予定とのことですが、そこで彼女を登場させ、「2019年5月3日」より公開予定の「アベンジャーズ4(仮タイトル)」への準備としているのではないかと思います^^

 

今作「アベンジャーズ/インフィティ・ウォー」で「サノス」に負け、多くの仲間を失った「アベンジャーズ」たちの新メンバーとして「キャプテン・マーベル」が参戦し、次回作「アベンジャーズ4」で共闘となるではないでしょうか?

とにかく今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のラストは絶望でしかありません。

ただ、次回作「アベンジャーズ4(仮タイトル)」への期待値はハンパじゃないですw

 

まとめ&評価

これで「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のレビューは終了です。

何かとスゴい作品でしたね!「ヒーロー集結」からの「衝撃すぎるラスト」

何から何まで豪華です!!

タイミングが合わず、映画館へ見に行けなかったことが後悔です。。。

ちなみに、私が本日知った情報なのですが、次回作「アベンジャーズ4(仮タイトル)」で「クリス・エヴァンス」演じる「キャプテン・アメリカ」が、「キャプテン・アメリカ」を演じるのが最後となるそうですね…。

衝撃すぎて、この情報を知ったときはトリハダが止まらなかったのですが、「キャプテン・アメリカ」と同じく、「キャプテン」とつく「キャプテン・マーベル」の登場が、何かしら関連しているのかもしれないと予想しています。

 

アベンジャーズ/インフィニティー・ウォーの評価は?

最後に、今作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に評価をすると5.0/5.0です。

どこを取ってもシリーズ最高の出来だと私は思います^^

個人的に「アベンジャーズシリーズ」は、シリーズを重ねるごとに良作になっているイメージがあるので、次回作「アベンジャーズ4(仮タイトル)」には期待でいっぱいですし、「キャプテン・マーベル」にも期待しています!

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ