バクマン/10年に一度の天才の壁を超えろ!!

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「バクマン」です。

 

バクマンの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「バクマン」は、大人気「週間少年ジャンプ」にて連載されていた漫画を、実写映像化した「ヒューマン・ドラマ作品」です。

 

製作年:2015年

製作国:日本

監督:大根 仁

脚本:大根 仁

製作:市川 南

出演キャスト:佐藤 健(真城 最高) , 神木 隆之介(高木 秋人) , 小松 菜奈(亜豆 美保) , 桐谷 健太(福田 真太) , 新井 浩文(平丸 一也) , 皆川 猿時(中井 巧朗) , 宮藤官九郎(川口 たろう) , 山田 孝之(服部 哲) , リリー・フランキー(佐々木編集長) , 染谷 将太(新妻 エイジ)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

 

バクマンのあらすじ

「デスノート」の原作者・大場つぐみ&小畑健による大人気コミックを、「モテキ」の大根仁監督のメガホンで実写映画化。高い画力に恵まれながらも夢を持たず普通の生活を送ってきた高校生の真城最高は、同じクラスの秀才・高木秋人から一緒に漫画家になろうと誘われる。プロの漫画家だった叔父を過労で亡くした過去を持つ最高は漫画を描くことを拒否するが、思いを寄せる声優志望のクラスメイト・亜豆美保と交わした約束をきっかけに漫画家を目指すことに。週刊少年ジャンプでの連載を目標に漫画づくりに励む最高と秋人は、敏腕編集者・服部に才能を認められ漫画家としての第一歩を踏み出す。しかし、そんな2人の前に同年代の天才漫画家・新妻エイジが現われる。最高役を佐藤健、秋人役を神木隆之介、亜豆役を「渇き。」の小松菜奈が演じ、共演には山田孝之、リリー・フランキー、宮藤官九郎ら個性派キャストが集結した。

映画.com:http://eiga.com/movie/80365/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「面白いけど物足りない…」です。

今作ですが、私は原作も見た上での感想となりますので、あくまで「原作を見ている目線」だと言うことをご理解ください^ ^

 

バクマン 感想 ざっくりしすぎて…

この作品は2時間ほどの作品です。

たった2時間の作品に、いくら原作の前半部分だけを映像化したのだとしても、キレイに収まり切らないと言うのは仕方がないとは残念ですが思います。

ただ、あまりにもざっくりと縮めすぎではないか?と私としては感じました^^;

スポンサーリンク

原作を見ている人であれば、「あっ、そういえばこんなシーンあったな」とはなると思いますが、原作を知らずにこの映画で初めて「バクマン」を知った人からすると「えっ?、一気に話飛ぶやん笑」となる方も多いんではないかと思います。

その割に気になったのが、「このシーン必要?」となったシーンがあったことです^^;

その中でも特に気になったのは、「主人公2人の連載が決まり、ライバルである『新妻エイジ』と絵の描き合いで戦うようなシーン」は、正直「必要?」となりましたし、ほんのん1、2分のシーンではあるかと思いますが、その分「他に回せよ笑」とは思いましたね。笑

 

その他に気になった点としては、

「亜豆 美保」役の「小松 奈菜」さんは、キレイではありますが、原作のイメージとは違いましたね!

「小松 菜奈」さんは、どちらかと言うと「キリッ」とした顔立ちで、原作の「亜豆 美保」は、「ほんわり」した感じの女性だったのでここには違和感がありました^^;

 

その代わりと言ってはなんですが、「新妻 エイジ」役の「染谷 将太」さんは、いい感じに原作に寄っていると思いました^ ^

原作と同じで「不思議ちゃん」な雰囲気は映画でも健在です。

 

あと私が大ファンである「山田 孝之」さんは、相変わらずどんな役でもこなしています!!

この人の演技力は毎回のことながら素晴らしいです♪

ちなみにちょっとした小ネタで有名な話ではありますが、「山田 孝之」さんは、スカウトされた当時、女性と間違われてスカウトされたそうです。笑

今の「山田 孝之」さんから女性らしさを感じることがないため、聞いた時は非常に衝撃を受けました。笑

 

そして最後に、この映画は所々に見ているこちらの興味をより強くそそるような演出が、うまく使われています♪

例えば、「自分たちらしい漫画を描こう」と決め、2人が夢中に漫画を描くシーンでは、描いた漫画がCG技術によって動き、そのシーンを見ていると存在しない漫画だとわかっていても「この漫画見たい!!」と言う気持ちになったり、最後の2人が高校を卒業し、次の漫画のアイデアを黒板にお互い書き合うシーンでは、「次回作があるのであればぜひ見たい!!」と思わざるを得ませんでした。

 

まとめ

これで「バクマン」のレビューは終了です^ ^

私の個人的意見として「漫画を実写化」した作品は期待ハズレな作品が多い中、この作はあたり作品な方だと思います♪

気になる点はありますが、それ以上に原作を忠実に再現しているので、見ていて違和感は少ないです。

もともと、原作のストーリーがしっかりとしている分、実写化しても全然見れる作品だと思いました^ ^

ただ、感想でも言いましたが、話を飛ばしすぎている部分は否めないです^^;

できれば原作を見てから今作を見ることを私はおすすめしておきます。

今作のみでも楽しめるとは思いますが、原作を見ている方が間違いなく楽しめると思うので…。

この作品に評価をすると4.0/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ