バットマン ビギンズ/レイチェル役が降板した理由を解説

 

ども、ライです♪

今回は「バットマン ビギンズ」のレビューです^^

 

バットマン ビギンズの予告編

スポンサーリンク

 

バットマン ビギンズの作品概要

制作年:2005年

制作国:アメリカ

上映時間:140分

配信サイト:hulu , Amazonプライムビデオ , dTV…etc.

原題:BATMAN BEGINS

監督:クリストファー・ノーラン

原作:ボブ・ケイン , ビル・フィンガー 『バットマン』

脚本:クリストファー・ノーラン , デビット・S・ゴイヤー

制作:ラリー・J・フランコ , チャールズ・ローヴェン , エマ・トーマス

出演キャスト一覧

・クリスチャン・ベイル(ブルース・ウェイン/バットマン)

・リーアム・ニーソン(ヘンリー・デュカード/ラーズ・アル・グール)

・マイケル・ケイン(アルフレッド・ペニーワース)

・モーガン・フリーマン(ルーシャス・フォックス)

・ゲイリー・オールドマン(ジェームズ・ジム・ゴードン)

・渡辺 謙(ラーズ・アル・グール/影武者)

・ケイティ・ホームズ(レイチェル・ドーズ)

・キリアン・マーフィ(ジョナサン・クレイン/スケアクロウ)

・トム・ウィルキンソン(カーマイン・ファルコーニ)

・ルドガー・ハウアー(リチャード・アール)

・ライナス・ローチ(トーマス・ウェイン)

・ラリー・ホールデン(フィンチ検事長)

・コリン・マクファーレン(ギリアン・B・ローブ市警本部長)

・ジェラルド・マーフィ(フェイデン判事)

・サラ・スチュワート(マーサ・ウェイン)

・リチャード・ブレイク(ジョー・チル)

・エマ・ロックハート(レイチェル・ドーズ 幼少期)

・ガス・ルイス(ブルース・ウェイン 幼少期)

・ジョン・ノーラン(ジョージ・フレデリック)

・ティモシージョン・ブース(ミスター・ザーズ)

・クリスティーン・アダムス

・キャサリン・ポーター

・ラデ・シェルベッジア

 

バットマンビギンズのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「バットマンの原点」です。

映画「バットマン ビギンズ」は2005年に制作された作品で、両親を強盗に殺された過去を持つ男性「ブルース・ウェイン」が、愛する街「ゴッサムシティ」を守るため「バットマン」となり戦う姿が描かれた「アクション作品」です。

 

バッドマン ビギンズのざっくりあらすじ紹介

幼き頃、自分の目の前で実の父親と母親を強盗に殺されてしまった「ブルース・ウェイン」という少年がいた。

彼が住んでいる「ゴッサムシティ」という街は、貧困にあえぐ声が絶え間なく聞こえてくる…そんな場所。

彼の父はそんな「ゴッサムシティ」をよくしたいと強く願い、様々の貢献をしてきた人物にもかかわらず、ケチな強盗に殺されてしまったのだ。

父と母が殺されてしまったのは、自分のせいだと責める「ブルース・ウェイン」は少しでも復讐をしたいと、両親を殺した犯人を殺そうと計画するも、その計画は失敗に終わる。

「ゴッサムシティ」で起きている犯罪は「カーマイン・ファルコーニ」という男が絡んでいた。

街はこの男には逆らえず、この男の命令であれば、見て見ぬふりをする市民で溢れかえっていた。

 

だが「ブルース」だけはこの男に屈しないと、直接会いに行ったが相手にもされず「ブルース」はその場を去る。

そして月日は流れ、「悪事を働けば悪を理解できる」と考えた「ブルース」は犯罪を犯し、刑務所へ入る。

刑務所で生活をしていると、ある男が「ブルース」の前に現れた。

 

彼の名は「ヘンリー・デュカート」

「ブルース」はこの男からある誘いを受ける。

「ブルース」はこの男からの誘いを受け、この男の元を訪れた。

来る日も来る日も訓練に励む「ブルース」は恐怖を克服することに成功する。

恐怖を克服することに成功した「ブルース」はついに「ゴッサムシティ」へ戻り、悪と戦う決意を決めた。

 

バットマン ビギンズの感想 バットマンの原点

そんな今作「バットマン ビギンズ」ですが、本日、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

現在、動画配信サイト「Netflix」で、今作「バットマン ビギンズ」は配信されておりません。視聴を考えている方は「作品概要」で紹介している「動画配信サイト」、もしくはDVDをレンタルするようよろしくお願いいたしますm(._.)m

今作「バットマン ビギンズ」は「ダークナイト3部作」1作目となる作品ですが、今作では「バットマンの誕生」に至るところから、その後のシリーズを楽しむために必要不可欠な要素がふんだんに盛り込まれた作品です^^

「バットマンシリーズ」と言えば、「ヒース・レジャー」演じる「ジョーカー」が登場する「ダークナイト」が非常に有名な作品で、公開から10年経った今でも、語りつがれているほどの良作映画ですね!

ダークナイト/批評家たちも高評価!?絶賛の嵐だった名作

2017.08.16

そんな中、「バットマン ビギンズ」は、どうしても「ダークナイト」の影に隠れてしまいがち…。

個人的な意見としても、「バットマン ビギンズ」より「ダークナイト」派ではありますが、「ダークナイト」が大作として語り継がれているのは「ジョーカー」のおかげだと言っても過言ではないと思っています。

ヒーローが登場する作品がたくさんある中、「ジョーカー」ほど魅力的で、カリスマ性のある悪役はこれまでも、この先も登場しないのでは?と私は思っています。

 

散々「ダークナイト」を褒めておいてこんなことをいうのも説得力がないかもしれませんが、「バットマン  ビギンズ」も名作だと私は思います^^

スポンサーリンク

「内容が面白い」というのはもちろんですが、何より「バットマン の誕生」が描かれている…この事実は非常に大きなことだと思いますね!

「バットマン 」のファンにとって、

ライ
バットマンがどうやって誕生したのか?

これを知ることによって、より「バットマン 」というヒーローを好きになるのではないかと思います^^

 

今作より登場したNEWキャラクターたち

今作「バッドマン ビギンズ」には、これまでの「バッドマン」が主人公の映画には登場しなかったキャラクターが2人ほど登場しています。

その理由としては、今作の脚本を担当している「デヴィッド・S・ゴイヤー」氏が「これまでの映画に登場したことのない悪役を登場させたい」という思いから、先ほどお知らせしたようにNEW悪役キャラが登場しました。

ちなみに「デヴィッド・S・ゴイヤー」氏は、以前、DCコミックスで働いていた過去があり、「バットマン 」とは今作「バットマン  ビギンズ」以前から縁があったようですね!

 

そして、今作「バットマン  ビギンズ」で初めて映画デビューした悪役キャラというのが、

「ラーズ・アル・グール」「スケアクロウ」だそうです。

「バットマン ビギンズ」というオリジナルのストーリーに、原作で登場する悪役を登場させたいと願う「デヴィッド・S・ゴイヤー」氏のおかげで、今作「バットマン  ビギンズ」にて2人の悪役「ラーズ・アル・グール」と「スケアクロウ」が有名になったようです^^

こうなってくると、原作の方も気になってきますねw

機会があればぜひ、原作の方も視聴したいと思います。

 

レイチェル役が変更になった理由

先ほどチラッと紹介しましたが、「ダークナイト3部作」の第1作目となるのが、今作「バットマン  ビギンズ」

今作「バットマン  ビギンズ」だけを視聴している方にとってはいまいちピンとこない話になるのですが、今作の続編である「ダークナイト」と、今作「バットマン  ビギンズ」ではヒロイン役の「レイチェル」を演じる女優が変更されています。

どちらも視聴済みであれば、

「レイチェル役変わった?」

と、まずなっているかと思うのですが、実はこれに関してネット上では様々な情報が流れています。

ちなみに「バットマン  ビギンズ」で「レイチェル」を演じたのは「ケイティ・ホームズ」さんです。

ところが「ダークナイト」で「レイチェル」を演じたのは「マギー・ギレンホール」さんとなっています。

ルックスだけでは「ケイティ・ホームズ」さんの方が可愛い…というのはさておいて、なぜ「レイチェル」役が変更になったのか?

 

その説明の前に、ちょっとした小ネタを紹介すると、「バットマン ビギンズ」と「ダークナイト」に登場している「レイチェル」ですが、原作の「バットマン 」には存在していないキャラクターなんです。

ライ
え、なんでなん?

となっている私がいますが、残念ながら理由は定かではありません。

もし知っている方がいらっしゃれば、コメントから教えてもらえると幸いですm(._.)m

 

で、本題に戻りますが、「なぜ、レイチェル役が変更になったのか?」

一言で言えば「スケジュールの都合」です。

噂では、当時「ケイティ・ホームズ」と「トム・クルーズ」の交際が発覚し、それが理由でクビになった…なんて話ですが、どうやらそういうワケではないようですね!

真実は、「ダークナイト」の撮影タイミングのとき「ケイティ・ホームズ」は妊娠中だったので、それが理由だと言われています。

その証拠に、「ダークナイト」で「レイチェル」を演じた「マギー・ギレンホール」さんは当時のインタビューで、

「自分に『レイチェル』役のオファーがきたが、自分が演じていいのか?」

と、「ケイティ・ホームズ」さんに確認したと話しています。

 

このように、「バットマン ビギンズ」で「レイチェル」を演じた「ケイティ・ホームズ」さんに確認してまで、「ダークナイト」の「レイチェル」を演じているということから、「ケイティ・ホームズ」さんは「クビになったのではない」というのが真相のようです。

 

まとめ&評価

これで「バットマン ビギンズ」のレビューは終了です。

「ダークナイト3部作品」の1作目である、今作「バットマン ビギンズ」は、まあ間違いなく楽しめる作品でしょう!

「バットマン」を演じる「ブルース・ウェイン」の過去、そして「バットマンの誕生」と、「バットマン」の全てが詰まっている作品だと言っても過言ではありません。

「バットマン」が好きならまず楽しめます^^

どうしても、「ダークナイト」が有名すぎて、今作「バットマン ビギンズ」は忘れられがちですが、ぜひ未視聴の方にはオススメする作品ですね!

 

お得な情報
この記事にて紹介した「バットマン ビギンズ」は「2019年6月時点」では動画配信サイト「U-NEXT 」にても視聴が可能です。国内大手サイトである「U-NEXT」では、毎月1200ポイントを付与され、そのポイントで新作の映画などを視聴することも可能です。また、韓流作品やアニメなども非常に豊富なコンテンツとなっております。この機会にぜひご入会してみてはいかがでしょうか?

 

バットマン ビギンズの評価は?

最後に、今作「バットマン ビギンズ」に評価をすると3.5/5.0です。

評価の点数自体は、ぶっちゃけ「ダークナイト」よりも劣ります。

ですが、負けず、劣らずな作品だと私は思いますね!

私が「ダークナイト」を推すのは、やはり「ジョーカー」のおかげですしねw

 

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ