バトル・ハザード/ゾンビとロボットの夢の共演!?

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「バトル・ハザード」です。

 

バトル・ハザードの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

「バトル・ハザード」は「エクスペンダブルズ」などにも出演していた「ドルフ・ラングレン」が主演の、2013年公開に公開された「SF・ゾンビアクション作品」です。

 

製作年:2013年

製作国:アメリカ・シンガポール

監督:クリストファー・ハットン 

脚本:クリストファー・ハットン

製作:ドルフ・ラングレン

出演キャスト:ドルフ・ラングレン(マックス)  , メラニー・サネッティ(ジュード) , マット・ドーラン(リーズ) , デヴィッド・フィールド(デューク) , エステバン・クエト(ヘルナンデス) , リディア・ルック(リン) , オダ・マリア(アンナ)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

バトル・ハザードのあらすじ

近未来、東南アジアのとある国。巨大バイオ企業の研究所からウィルスが流出し、人々が次々とゾンビ化する事態が発生した。街中が大パニックに陥り軍事封鎖される中、街に取り残された令嬢ジュードを救出するためマックス・ガトリング少佐率いる部隊が突入。凶暴なゾンビたちと死闘を繰り広げ多くの犠牲を払いながらも、ついにジュードを発見する。しかし街からの脱出を図ろうとする彼らの前に、今度は恐ろしい殺人ロボットが出現。さらに、その裏では事態収拾を急ぐ企業が街中を焼き払う計画を進めていた。

映画.com:http://eiga.com/movie/82325/

 

バトル・ハザードの感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「ちょっと変わった設定だな」です。

まあ、あらすじを見ていただければわかるように今作は「ゾンビ作品」です。

スポンサーリンク

そして「ゾンビ作品」の定番である「どこかのバイオテクノロジーからウィルスが流出」したせいで、被害に遭うのは街の住民…。

そして原因の元の人間は高みの見物で、「自分の家族を救ってほしい」と誰かにお願いする。

定番中の定番ですよね!笑

ただ今作には1つ他の「ゾンビ作品」との違いがあります、それも大きな違いが…。

 

それは物語の後半に入ったあたりからガチガチに武装したロボットが仲間になります。

「マックス」を隊長とし、しっかりと連携をとっている姿には笑いが出ました。笑

正直出て来た瞬間は「えっ、なにこの展開?」となりましたが、簡単な意思の疎通ができる姿などを見ているとだんだん愛着が出て来ていました♪

賛否両論が分かれるこのロボットの出演ですが、個人的にはありです!!

これは他の作品では見たことのない設定なので、結構斬新なアイデアだと思いました^ ^

そのほかは変わった点は特になく、ゾンビが発生した街にはボスのような人間がおり、そいつが最後に死ぬというのも定番で、たくさんいたメンバーもあと少しのところでゾンビの餌食となってしまい、メインの人間だけが生き残る…この辺は他の作品と変わりなしです。

個人的に「ドルフ・ラングレン氏」は「エクスペンダブルズ」の時から好きで、「馬鹿デカイ身体に銃器が似合うのなんの」というイメージだったのですが、今作では肉体を使うシーンがちょいちょいあり、そうなってくるとやはり得体な分、動きにもっさり感があるのは否めませんね^^;

今作はナイフを使って戦うシーンなどが多い作品だと私は感じたのですが、制作側に何かこだわりがあったのかもしれません。

私としてはごっつい銃器をぶっ放してくれる方が、「ドルフ・ラングレン氏」のイメージとぴったりなのですが…笑

 

まとめ

これで「バトル・ハザード」のレビューは終了です^ ^

この作品のパッケージを見た時は「絶対B級作品やろ」と思ったのですが、実際に見てみると全くそんな感じはなかったです♪

基本的に他の「ゾンビ作品」と変わりはないのですが、ロボットの登場というのがマンネリ化していた「ゾンビ作品」のイメージを気持ち程度変えてくれたのだと思います。

この作品に評価をすると3.5/5.0といったところです。

3.0か3.5か迷うところではありましたが、それなりに楽しめたので、この評価にさせていただきました^ ^

興味があれば見ても良いかと思いますが、賛否が分かれる作品だと思うので、積極的におすすめできる作品では正直ないです^^;

「ゾンビ作品に飽きて来たけどゾンビ作品が見たい」という方であれば、見てみる価値はあるかもしれません。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ