バイバイマン/言うな、考えるな…

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「バイバイマン」です。

 

バイバイマンの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「バイバイマン」は2017年に製作された作品で、監督は「ギャング・オブ・ホラー」の「ステイシー・タイトル」そして製作陣には「オキュラス 怨霊鏡」の「トレバー・メイシー」などが携わった「ホラー作品」です。

 

製作年:2017年

製作国:アメリカ

監督:ステイシー・タイトル

脚本:ジョナサン・ペナー

製作:トレバー・メイシー , ジェフリー・ソロス , サイモン・ホースマン

出演キャスト:ダグラス・スミス(エリオット), ルシアン・ラビスカウント(ジョン), クレシダ・ボナス(サーシャ), ダグ・ジョーンズ(バイバイマン) ,  キャリー=アン・モス(警部ショウ), フェイ・ダナウェイ(レドモンド婦人) ,リー・ワネル(ラリー)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

バイバイマンのあらすじ

その名を知るだけで呪われると言われる謎の存在「バイバイマン」をテーマに描いたホラー。アメリカ、ウィスコンシン州の古い屋敷に引っ越してきた3人の大学生が、ふとしたきっかけで、その名を知った者、口にした者に不幸が訪れるという「バイバイマン」を呼び起こしてしまう。バイバイマンに取り憑かれた3人は協力して互いの命を助け合うが、周囲の人間たちが次々と命を落としていき、次第に追い詰められていく。

映画.com:http://eiga.com/movie/86321/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「うーん」です。

この作品「バイバイマン」はこの記事の初めでもお話ししたように、2017年に製作された作品で、監督は「ギャング・オブ・ホラー」の「ステイシー・タイトル」そして製作陣には「オキュラス 怨霊鏡」の「トレバー・メイシー」などが携わった「ホラー作品」です。

先日、TSUTAYAに行った際にたまたま今作を見つけて、パッケージを見る限りかなり興味をそそられる作品で、この作品が見たいがためにわざわざ5本レンタルするほどの期待を込めていました^ ^

単純に「パッケージ」につられたというだけではなく、「ソウ」や「死霊館」の監督を務めたあの「ジェームズ・ワン」監督が「近年、もっとも怖くて、面白いホラー映画」だと称賛の声をあげたらしく、さらに私の期待は高まりました!!

その結果、見終わってみて「うーん。笑」

まあそれについては後ほどお話ししますが、その前に簡単に内容について説明すると、

3人の学生がいます。

「エリオット」「サーシャ」「ジョン」

「エリオット」と「サーシャ」は恋人関係であり、

「エリオット」と「ジョン」は小さい頃からの親友です。

そんな3人は学生でありながら、寮で生活するのではなく、一軒家を借りて共同生活を始めます。

家具なども前の住人の物が残っていたので、特に用意することもなく、3人は引っ越してきたお祝いのパーティを開きます。

「友人」や「家族」がパーティに参加するのですが、実はパーティの前から「サーシャ」はこの家が「不気味」だと感じており、自称「霊感のある友人」に頼んで、パーティ終わりに除霊をしてもらいます。

この友人のことを「エリオット」は「胡散臭い」と疑い、4人であるゲームを始めます。

自称「霊感のある友人」が透視能力を使って「3人の考えていることを当てる」というゲームを始めます。

実はこのゲームの前に寝室の机の引き出しの中にある文字が書いているのを「エリオット」が見つけてしまっていたのです。

スポンサーリンク

その文字というのは「言うな、考えるな」

一体なんのことだかわからない「エリオット」でしたが、その言葉が書いてあり紙?の下に「バイバイマン」という文字が書いてありました。

その「バイバイマン」について、ゲームの最中に思わず口から出してしまいます。

その夜をきっかけに家の中で「おかしな物音」がし、「体調が悪くなっていくサーシャ」そして「様子のおかしくなるジョン」と、「エリオット」の周りでおかしなことが次々と起こるようになります。

初めは「バイバイマン」との関係性に気づけなかった3人でしたが、少しずつ「おかしな出来事」と「バイバイマン」の関係性について気づき始め、事の真相に迫っていく…。

みたいな感じの作品です^ ^

 

バイバイマン 感想 怖くない?

そんな今作「バイバイマン」ですが、ネット上の評価はかなり良いです!!

正直言って私は過大評価だと思うのですが、様々な意見の中で「こういうホラーは新しい」みたいな意見をよく見かけました。

「名前を口にしたら死ぬ」「だから言ってもダメだし、考えてもダメ」

こういう作品って今までにもありましたよね?

死が人を介して伝染していく…。

方法は違えど、「リング」もそうですし、「伝染歌」もそう。

他にもあったような気もするのですが、私的には別に「新しい」とは思えませんでした^^;

 

そして次に今作の「ホラー要素」についてですが、

正直言って「そこまで怖くない」と思います。

ただびっくり要素に関しては、今作「バイバイマン」はかなり優秀です!!

「そこで脅かしてくるのか。笑」と気を抜いたタイミングで脅かしてきます。笑

久しぶりに「ホラー映画」で体が「ビクッ」となるのを味あわせてもらいました^ ^

これぞ「ホラー」の醍醐味ですから♪

 

そして次に「バイバイマン」と「バイバイマンのペット?の猟犬」についてですが、これの見た目も「コレジャナイ感」が私はかなり強く感じました^^;

犬に関しては「CG感」がバリバリに出ていますし、「バイバイマン」の顔も「スターウォーズ」に出てきそうな顔です。笑

そもそも「バイバイマン」は登場した際には「黒のコート」に「フード」を被っているみたいな状態だったのですが、絶対そのままの方が良かったと私は思います!!

顔を出さない方が得体の知れない物感が強かったと思うので、なぜ顔を出したのか?不思議で仕方ありませんでした。

犬に関しては触れる必要性がないレベルです。笑

ほんとただの「CG」です^^;

 

バイバイマン 結末

そして最後に今作の結末についてですが、

結局3人とも死んでしまいます。

「バイバイマン」の使う能力で「幻覚」を見せてくるのですが、幻覚によって「サーシャ」が「ジョン」を殺してしまい、「エリオット」が「サーシャ」を殺してしまいます。

そしてそこに現れた「エリオットの兄」と「兄の娘」を守るべく「エリオット」は銃で自殺…。

と思わせておいて、実は「ジョン」は死んでおらず、家に現れた「警官」に「バイバイマン」について話すようなシーンが流れ、今作は終了でした。

完全にバッドエンドですね!笑

まあ幸いなこと「エリオット兄」と「兄の娘」が巻き込まれなかったのは良かったですが、またしても「バイバイマン」は伝染していくのでしょう^^;

 

まとめ

これで「バイバイマン」のレビュは終了です。

まあ思っていたよりはがっかりな作品でした^^;

やはり期待のしすぎは良くないです。笑

でも「ジェームズ・ワン監督が称賛!!」なんて書いていたら、ついつい期待してしまいますよね…。

まあパッケージ詐欺な作品ではあると思います。笑

この作品をおすすめするとすれば、興味がある人は見ても良いと思います。

ただし、過度な期待はしないこと!!

そして新作の今あえて借りる必要はないと私は思います。

旧作になってからでも遅くないと思いますよ!!

この作品に評価をすると3.0/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ