『Netflixオリジナル』最悪の選択/予想外な週末…

『Netflixオリジナル』最悪の選択/予想外な週末…
スポンサーリンク

ども、ライです♪

今回は「最悪の選択」のレビューです^^

 

最悪の選択の予告編

 

最悪の選択の作品概要

制作年:2018年

制作国:イギリス

上映時間:2018年

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:CALIBRE

監督:マット・パーマー

脚本:マット・パーマー

制作:

出演キャスト:ジャック・ロウデン , マーティン・マッキャン , トニー・カラン , イアン・ビリー , キャメロン・ジャック

 

 

最悪の選択のあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「胸糞の極み」です。

映画「最悪の選択」は2018年に制作された作品で、久しぶりに会い、田舎にハンティングへ訪れた2人の男性が、誤って獲物ではなく人を撃ってしまい最悪の展開へと進んでいく姿を描いた「サスペンス作品」です。

また今作「最悪の選択」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

最悪の選択のざっくりあらすじ紹介

では初めに、今作「最悪の選択」のあらすじをざっくりと紹介すると、

 

お腹に子供宿した妻がいる男性「ヴォーン」

子供が生まれると遊ぶ暇などなく、最後の息抜きにと昔仲の良かった友人「マーカス」に狩りに行こうと誘われ、とある田舎へと鹿狩りに出かけた。

久しぶりの再会を喜ぶ2人は、目的地についてすぐ宿にチェックインし、地元のバーへと向かう。

そこで地元の人間と交流し、楽しい夜を過ごした。

 

翌日。

昨夜飲みすぎて2日良い気味な「ヴォーン」だったが、予定通り「マーカス」と人里離れた森へハンティングに向かう。

獲物である鹿を発見し、「マーカス」指示の元、標的へと狙いを定める。

そして「ヴォーン」は引き金を引いたのだが、スコープにうつっていた鹿の姿は消え、一瞬、人間の子供の姿がうつる。

急いで狙っていた場所へと駆け寄り、そこで見たのは頭に銃弾が当たった子供の死体だった。

自分がやってしまったことに戸惑いを隠せない「ヴォーン」だったが、そんな彼に追い打ちをかけるよう子供の父親が現れる。

父親は怒り、「ヴォーン」に銃口を向けた。

説明しようとする「ヴォーン」にいまにも引き金を引きそうな父親対して、「マーカス」は「ヴォーン」を庇うために父親に引き金を引いてしまう。

意図せず子供を殺してしまった「ヴォーン」と、意図して「ヴォーン」を救うために父親を殺した「マーカス」

パニックになる「ヴォーン」と相反して、冷静に行動する「マーカス」

この親子は見たところ地元の人間ではなく、旅行者だと判断した「マーカス」は、警察には報告せず、とりあえず死体を隠すことにした。

 

町へと戻った「ヴォーン」たちは、町人に悟られぬよう自然に振る舞っていたが、「ヴォーン」は罪悪感から昨夜と打って変わった様子に心配する住人もいた。

そしてその夜。

殺してしまった親子は土の中へと埋めた。

 

日が昇る前に宿に戻った2人だったが、翌日目を覚ますと事態はとんでない状況に。

これまで自分たちがここにきてからした判断が、全て裏目に出てしまう。

時間が経てば経つほど、2人にとって都合の悪い展開へ。

そしてついに最悪の結末を迎える…。

 

最悪の選択の感想 胸糞っすねw

そんな今作「最悪の選択」ですが、本日、動画配信サイト「Netflix」で視聴した「Netflixオリジナル作品」です✨

イメージ画像を見た感じ、以前に配信されたNetflixオリジナルの「ザ・リチュアル 生贄の儀式」という作品と似ているなと感じたのですが、まあ今作と「ザ・リチュアル 生贄の儀式」の共通点は自然を舞台に制作されているという部分では似ている作品ではありましたね^^

都会を舞台に制作されている映画もいいですが、今作のように田舎の自然を舞台に制作されている映画も私は好きです👍

非日常感がなんとも言えないんですよね✨

 

まあ、内容を先ほど紹介したような感じなのですが、とにかくやること全てが裏目にでる…ほんとついてないな💦と思ってしまうような2人がメインで話が進んで行きますw

ただ、少し違和感を感じたのが、「鹿を狙っていたのに、突然現れた子供に当たってしまった」という展開…。

そんなことってあります?w

これを言ってしまうと映画自体を否定してしまいかねないのですが、いくら何でも無理がある設定ではないのかな?と私は感じましたね💦

だって、こちらは息を潜めて鹿を狙っているわけじゃないですか?

人の気配があれば当然逃げてしまいますからね!

それなのに、今作の流れでは「子供は鹿のすぐそばにいた」ということになってしまいます。。。

「なぜ鹿が逃げなかったのか?」

この部分に関してはすごく違和感を私は感じました💦

「他に良い設定を思いつかなかったのか?」

制作側にはそれを問いたいですねw

 

あとは、村という場所によっては閉鎖的な空間であり、よそ者に容赦がない感じも非常にリアルに描かれていますし、なにせ緊張感がある作品でしたね!

悪いことが繋がりすぎて「うそやろ?w」となってしまいそうになりましたが、「ヴォーン」たちには思わず同情してしまうレベルでよくない展開が繋がってしまいます💦

ほんとタイトルの通り、「最悪の選択」これに限る内容でしたw

 独自ドメインが使えて基本使用料0円レンタルサーバー

 

最悪の選択のキャストは?

今回は1人とざっくりもう1人紹介したい俳優がいます✨

では早速、紹介して行きましょう👍

 

ヴォーン役 ジャック・ロウデン

twitterより引用

1990年6月2日 イギリス エセックス・チェルムスフォード 生まれ

今作「最悪の選択」では「ヴォーン」を演じています。

スポンサーリンク

イギリスの俳優である彼のことはあまり知らないという方も多いのではないでしょうか?

私自身、そこまで印象にある俳優ではなかったのですが、実は意外と活躍されているんですよね♪

 

幼少期は弟とバレエに熱中していましたが、そのうち自分の技量を疑いはじめ、演技に興味を持つようになりました^^

12歳の時にパントマイム劇「ピーターパン」に出演し、高校時代に取り組んだ舞台を通してさらに演技への関心を強く持ちました✨

そして2013年に公演された舞台「幽霊」で、「ローレンス・オリヴィエ賞 演劇部門助演男優賞」を受賞した経歴があります。

数々の舞台、テレビドラマへの出演を経て、2017年には映画「ダンケルケ」にも出演しています👍

今年は今作を合わせて3作への出演予定があるみたいなので、気になる方は要チェック♪

 

マーカス役 マーティン・マッキャン

DrillSpin (ドリルスピン)より引用

1983年7月20日 イギリス ベルファスト 生まれ

今作「最悪の選択」では「マーカス」を演じています。

実は彼の出演する作品を紹介するのは今回が初めてではありません!!

以前に紹介した作品「ゾンビ・サファリパーク」にも出演していたのですが、その記事では紹介しなかったので、改めて今回紹介させていただきます✨

とは言っても、有名な俳優ではないので、紹介できる情報がないんですよね💦

ただ、「ゾンビ・サファリパーク」は良作だったので、今回は「ゾンビ・サファリパーク」を紹介したかったとだけ思ってくださいw

ゾンビ映画としてはタイトルから感じる以上に良作です👍

ゾンビ映画好きにはぜひ見て欲しい1作ですよ♪

ゾンビ・サファリパーク/鉄壁の防衛が崩れた瞬間…

最悪の選択の結末は?

今作「最悪の選択」の結末ですが、何度も言っているように負の連鎖が連続し始め、とんでもない展開へと進んで行きます💦

ほんと驚きですw

ラスト30分を切ってから緊張感が張り詰め、最後には最悪の選択を迫られる…。

「ヴォーン」が罪悪感に迫られ、どんどん追い込まれて狂っていく姿は必見です👍

結末の展開は要注目だと思いますよ!!

 

まとめ&評価

これで「最悪の選択」のレビューは終了です。

かなり緊張感のあるよくできた作品だと思います^^

今作も「Netflixオリジナル」というのがもったいないレベルの作品ですね💦

「Netflix」に登録している方なら見るべき作品でしょう👍

 

最悪の選択の評価は?

最後に、今作「最悪の選択」に評価をすると4.0/5.0です。

非常によくできたサスペンス作品ですね!

オリジナル作品の中では間違いなく当たりだと思います👍

 

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク