キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー/彼こそがヒーロー

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」です。

 

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」は2011年に製作された作品で、「スパイダーマン」や「アイアンマン」でお馴染み「マーベル・コミック」に登場するスーパーヒーロー「キャプテン・アメリカ」が世界のために戦う姿を描いた「SF・アクション作品」です。

また1990年に公開された「キャプテン・アメリカ 卍帝国の野望」に続く「キャプテン・アメリカシリーズ」第2作目です。

 

製作年:2011年

製作国:アメリカ

監督:ジョー・ジョンストン

脚本:クリストファー・マーカス , スティーブン・マクフィーリー

製作:ケビン・フェイグ

出演キャスト:クリス・エバンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ) , ヘイリー・アトウェル(ベギー・カーター) , セバスチャン・スタン(バッキー・バーンズ) , トミー・リー・ジョーンズ(フィリップス大佐) , ヒューゴ・ウィービング(シュミット/レッド・スカル) , ドミニク・クーパー(ハワード・スターク) , スタンリー・トゥッチ(エイブラハム・アースキン博士) , トビー・ジョーンズ(ドクター・ゾラ) , リチャード・アーミテージ(ハインツ・クルーガー) , ニール・マクドノー(ダム・ダム・デューガン) , デレク・ルーク(ゲイブ・ジョーンズ) , ケネス・チョイ(ジム・モリタ) , サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャーのあらすじ

第2次大戦下、病弱のため兵士として不適格とされた青年スティーブは、軍の極秘実験「スーパーソルジャー計画」の被験者第1号になる。強じんな肉体と破壊不可能なシールドを武器に戦うヒーロー、キャプテン・アメリカとして生まれ変ったスティーブは、レッド・スカル率いるヒドラ党との戦いに挑む。

映画.com:http://eiga.com/movie/54260/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「キャプテン・アメリカかっけ〜」です。

この作品「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」は、この記事の初めでもお話ししたように「マーベルコミック」に登場する大人気スーパーヒーロー「キャプテン・アメリカ」が世界を守るため、悪と戦う姿を描いた「SF・アクション作品」です。

 

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー 感想 大人気ヒーロー誕生

「キャプテン・アメリカ」と言えば大人気映画「アベンジャーズ」のメンバーでもあり、名前ぐらいは聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

正直見た目はあまりかっこいいとは言えず、ぱっと見「青のタイツ」に「青のヘルメット」そして「星の描かれたシールド」を片手に戦い、「アイアンマン」や「スパイダーマン」と比べると、少し古風なスタイルのスーパーヒーローです^ ^

そんな風に私は感じ、今まで「キャプテン・アメリカ」単独の作品は見たことがありませんでした。

スポンサーリンク

ですが先日、「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」での「キャプテン・アメリカ」の姿にいい意味で衝撃を受けた私は今作をすぐさま視聴しました♪

 

実際に見てみて感じたのは「やっぱりかっこいいな」と感じました^ ^

実は今作は「キャプテン・アメリカシリーズ」の第2作目なのですが、前作は見ていません^^;

そんな私が2作目から見ても「問題なかったのか?」

はいっ!問題ありませんでした^ ^

というのも今作では主人公の男性「スティーブ・ロジャース」が「キャプテン・アメリカ」になるまでをまず見せられます。

もともと「スティーブ・ロジャース」は華奢な青年で、軍隊に入隊希望を何度も出しますが、「持病」や「その他」の制限に引っかかってしまい、入隊できずにいました。

そんな彼にある日転機が訪れ、軍隊への入隊を果たし、軍隊で良い結果を残した「スティーブ・ロジャース」は、ある実験を受け「キャプテン・アメリカ」へと生まれ変わります^ ^

それまで「華奢」だった体は「筋肉ムキムキ」へと進化を遂げ、身長も高くなってしまうのですが、この部分は本当に「同じ人物なのか?」と正直思うほどの肉体的変化を遂げます^^;

体についた筋肉は筋トレでどうにかなるのだとしても、身長が高くなったのは「一体どうやったのか?」本当に不思議です!!

もしかすると顔がそっくりの別人を使ったのかもしれませんが、もしそうだとしたら「こんなにそっくりな人間がいるのか?笑」と思うほどそっくりさんです。笑

「キャプテン・アメリカ」へと変化を遂げた「スティーブ・ロジャース」はかっこいいアクションバリバリのこれぞ「アメコミ系アクション作品だな」と思う仕上がりで、文句なしのアクションシーンが盛りだくさんでした♪

 

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー 結末

そして最後に今作の結末についてですが、今回の敵ボスである「レッド・スカル」と戦い勝利を遂げます。

ですが、この勝ち方が微妙…。

直接戦って勝つというよりか、お互いで取り合っていた強大な力を持つ「コズミックキューブ」のせいで「レッド・スカル」は滅んでしまう…という結末でした^^;

今まで所持していて問題のなかった「コズミックキューブ」のせいで最後には死んでしまうという展開には「えっ?笑」となってしまいました。

まあそんな感じで勝利を果たした「キャプテン・アメリカ」はその後、乗っていた戦闘機?を人に危害を加えないよう北極に不時着を果たします。

結局「キャプテン・アメリカ」は発見されないのですが、突然ベットで眠っている「キャプテン・アメリカ」が映されます。

そこで目を覚ますのですが、なんとはそこは北極に不時着してから70年もの月日が流れていた…なんていうちょっと鬱なラストでした^^;

70年前に無事に戻れたらデートする約束をしていた女性はもうおらず、個人的にはバッドエンドでした。

 

まとめ

これで「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」のレビューは終了です。

ラストの展開以外は文句のない作品でしたが、ラストの展開のイメージが強い作品です^^;

ですが、普通に良作だとは思いますよ♪

「アメコミ系」の作品に不幸は割とつきものなので、まあ今作にもそれはあるなという感じです。

これの続編「キャプテン・アメリカ ウィンターソルジャー」も近々見たいと思います^ ^

この作品に評価をすると3.5/5.0といったところです。

この作品をおすすめするとすれば「アメコミ好き」はもちろん、もし私のように「キャプテン・アメリカはダサい」という風に感じていた方は1度見てみることをおすすめします^ ^

間違いなくイメージは変わるでしょう!!

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA