近距離恋愛/運命の相手はすぐそばに…

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「近距離恋愛」です。

スポンサーリンク

*予告編はこちら

 

この作品「近距離恋愛」は2008年に制作された作品で、10年来に大親友である男女がまるで家族のように近すぎるがゆえに恋人関係には発展しないものの、ある出来事をきっかけに男性の心に火がつく姿を描いた「ラブ・コメディ作品」です。

 

制作年:2008年

制作国:アメリカ・イギリス

上映時間:101分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:Made of Honor

監督:ポール・ウェイランド

脚本:デボラ・カプラン , ハリー・エルフォント , アダム・ステイキエル

制作:ニール・H・モリッツ

出演キャスト:パトリック・デンプシー(トム) , ミシェル・モナハン(ハンナ) , ケビン・マクキッド(コリン) , シドニー・ポラック(トーマス) , キャスリーン・クインラン(ジョーン)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

*あらすじ

これまで恋愛をゲームのように楽しんできたトムと、結婚に憧れて運命の男性を待ち続けてきたハンナは大学時代からの大親友。ある日、ハンナが出張で6週間スコットランドへ行くことに。ハンナと離れ離れになって初めて彼女の大切さに気付くトムだったが、帰ってきたハンナは別の男性と婚約しており……。

映画.com:http://eiga.com/movie/53621/

 

ではここから感想です^ ^

スポンサーリンク

*感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「ありきたりやけどいい作品」です。

この作品「近距離恋愛」はこの記事の初めでもお話したように、2008年に制作された作品で、10年来に大親友である男女がまるで家族のように近すぎるがゆえに恋人関係には発展しないものの、ある出来事をきっかけに男性の心に火がつく姿を描いた「ラブ・コメディ作品」です。

 

では早速、今作「近距離恋愛」の内容について説明すると、

 

仮装してパーティに参加する男性「トム」

「トム」は女性関係にだらしなく、今日も「モニカ」という女性に誘われた部屋へ向かう。

その部屋のベッドでは女性が寝ており、「モニカ」だと思った「トム」はベッドに潜り込んだ。

しかし、その女性は「モニカ」ではなく、ルームメイトの「ハンナ」だった。

 

それから10年後…。

仕事は成功を収めていた「トム」だったが、プライベートは相変わらず女性にだらしない生活を送っていた。

毎週と言っても過言ではないレベルで彼女が入れ替わるような生活を送っている「トム」に反して、「ハンナ」は大好きな美術関連の仕事についていた。

10年前の出来事以来、親友関係にある「トム」と「ハンナ」

ある時、「ハンナ」は美術館の展示品を入手するため、1人でスコットランドへ6週間ほど旅に出る。

いつも当たり前にそばにいた「ハンナ」と6週間もの間会えない生活が始まる。

「トム」は友人たちからも「ハンナ」との関係性の事で責められていた。

結婚願望のない「トム」と、もうすぐ30歳を迎える「ハンナ」が一緒にいては「ハンナ」が可哀想だと…。

「ハンナ」が帰ってくるまでの間、他の女性たちと過ごす「トム」

「ハンナ」とは時々、電話で会話をしてはいたが、いつもタイミングが合わず、まともに話せずにいた。

いつも会える距離にいる「ハンナ」がいなくなり、自分にとって「ハンナ」がいかに大切かを改めて感じる「トム」

友人たちといつものようにバスケをするも、どうも調子が出ない。

その理由は「ハンナの事が好きかもしれない」という気持ちの動揺からだった。

 

6週間の月日が流れ、スコットランドから「ハンナ」が戻ったその日。

「トム」と「ハンナ」はディナーへ行った。

待ち合わせのレストランへ向かうと笑顔で「トム」の前へ現れた「ハンナ」

しかし、「ハンナ」の横には知らない男性がいた。

その男性「コリン」は、スコットランドで知り合った「ハンナ」の恋人だった。

動揺を隠せない「トム」

知り合って間もない「ハンナ」と「コリン」だったが、「2週間後には式を挙げる」との事だった。

「2人の式の付き添い代表をしてほしい」と頼まれる「トム」

現実を受け入れられず初めは返事を濁していた「トム」だったが、友人からの勧めもあり「ハンナ」を取り戻すため引き受ける事を決める。

果たして「トム」は「ハンナ」を取り戻せるのか?

 

みたいな作品でした^ ^

 

そんな今作「近距離恋愛」ですが、

内容自体はよくある「ラブ・コメ作品」と代わり映えのない、悪く言えばありきたりな作品です。笑

ですがありきたりな作品でも個人的には良作に入る作品だと思いますし、

コメディ要素に関しても申し分のない作品です^ ^

下ネタ系の笑いもあれば、間抜けな脇役による笑いもあったりと、どんな方にも当てはまるよう上手く製作されたコメディ作品ではないかと思います♪

 

そんな今作「近距離恋愛」の1番に肝である「友達以上恋人未満」なこの関係…。

仲が良すぎるが故にまるで家族。

ゆえに恋愛感情がわからなくなる…。

この感じの2人を見ているとムズムズした気分になります。笑

私自身、これに似た環境にいた事がある経験があるため、なおのめり込んでしまいました^^;

もし私のように、そういった環境に身をおいた事のある方であれば、なおさら今作「近距離恋愛」を楽しく見る事ができるのではないかと思います^ ^

現状もしくは過去にでもそんな状況にある方にはぜひ見てほしい作品だと思いますね!!

現状で悩んでいる方とっては一歩先へと進むきっかけになるかもしれません♪

 

そんな今作「近距離恋愛」の原題についても少しお話ししたいのですが、

原題は「made of Honor」

主な意味はタイトルと同じ「近距離恋愛」です。

それともう1つあるのですが、

それは「女王や女官に仕える未婚の女官」「花嫁付き添い役」

を意味する言葉のようです^ ^

2つとも今作のタイトルや内容の事を指している内容ですね!!

気になっている方のためになれば良いかと思います^ ^

 

次は今作「近距離恋愛」が無料(サイト登録料は別)で見れるサイトに関してのお話ですが、

たくさんの動画配信サイトがある中、どのサイトもわりかし似たような作品を置いてある傾向にありますが、

今作「近距離恋愛」に関しては「Netflix(ネットフリックス)」のみしか検索には引っ掛かりませんでした^^;

そんな特殊な映画でもなく、どのサイトにもあっておかしくない作品だと思っていたのですが、

以外にも現段階では「Netflix(ネットフリックス)」のみだったので、

もし見ようと考えている方は「Netflix(ネットフリックス)」もしくは「レンタルショップ」に足を運べば見る事ができるのではないかと思います^ ^

 

そして最後に今作「近距離恋愛」の結末についてですが、

 

「ハンナ」を取り戻すべく、付添人代表について全力で勉強を始めた「トム」

そんな「トム」に追い打ちをかけるよう「今日でニューヨークは最後。明日からスコットランドで生活する」と打ち明ける「ハンナ」

驚きを隠せない「トム」だったが、笑顔で見送るしか彼にはなかった。

一連の流れを父に相談する「トム」

「愛しているから身を引く」と話す「トム」に対して、「腰抜け」だと告げる父。

父と友人たちから「男なら奪ってこい」と言われた「トム」は、翌日「スコットランド」へと向かった。

スコットランドに到着した「トム」は、ハイランドゲームという地元に伝わる伝統的なゲームに参加する。

そのゲームは「そのゲームに勝利しなければ、花嫁はもらえない」というゲームだった。

最後の希望だったそのゲームで「コリン」に完敗する「トム」

結局、「ハンナ」を花嫁に迎え入れるのは「コリン」で決まりだった。

 

翌日。

友人から改めて「ハンナを取り返せ」と言われた「トム」は、「ハンナ」を散歩に誘い出し、自分の気持ちを打ち明ける。

「トム」が気持ちを打ち明けた事によって一瞬「ハンナ」の心は揺らいだ。

しかし「ハンナ」と「コリン」の結婚は変わらぬ事実だった。

事実を受け入れられない「トム」は翌日、付き添い代表を辞め、ニューヨークへ戻る事を決意した。

スコットランドを去る道中、やはり諦めきれない「トム」は「ハンナ」の元へと戻った。

しかし、「ハンナ」が乗った式場へと向かうフェリーはすでに出発していた。

車では時間がかかりすぎると考えた「トム」は、偶然そばに現れた馬を連れた老人に馬を借りて、式場へと向かう。

なんとか式の最中に間に合った「トム」は、もう一度「ハンナ」に気持ちを打ち明けた。

「トム」の気持ちは「ハンナ」の心へと響き、「コリン」に結婚指輪を「ハンナ」は返した。

2人はニューヨークへと戻り、盛大に式を挙げましたとさ…。

 

みたいな結末でした^ ^

まあありきたりなラストですね^ ^

個人的には勘ぐりすぎて、全ては「トム」が結婚に踏み出すために計画されたものなのかと思っていました。笑

絶対、「トム」の事を「ハンナ」は好きだと思っていたので、そんな知り合ったばかりの男性に心が動く事などないと思っていましたが、

女性の心変わりは恐ろしいですね!笑

まあ今作「近距離恋愛」は文句のない最後でした。

スポンサーリンク

*まとめ

これで「近距離恋愛」のレビューは終了です。

王道中の王道なラブコメ作品ですね!!

その割につまらなくはないですし、退屈もしませんでした^ ^

まあ私は普段「ラブコメ作品」をあまり見ないので、退屈しなかっただけかもしれませんが…。

個人的にはおすすめする作品です♪

 

今作「近距離恋愛」をおすすめするとすれば、

「王道ラブコメが好きな方」

「現状、友達以上恋人未満な関係に悩んでいる方」

にはおすすめする作品ですね^ ^

これを機に一歩良い方向へと進んでもらえればいいなと思います♪

 

逆に今作「近距離恋愛」をおすすめできないのは、

「王道すぎるラブコメに飽きた方」

にはおすすめできない作品です^^;

退屈だと感じる可能性大です!!

 

この作品「近距離恋愛」に評価をすると3.5/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪