チャッピー/暴力は嫌だ!!

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「チャッピー」です。

 

チャッピーの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「チャッピー」は2015年に製作された作品で、「第9地区」「エリジウム」の「ニール・ブロムカンプ監督」が、成長する人工知能を搭載したロボットをめぐる部隊を描いた「SF作品」です。

 

製作年:2015年

製作国:アメリカ

監督:ニール・ブロカンプ

脚本:ニール・ブロカンプ , テリー・タッチェル

製作:ニール・ブロカンプ , サイモン・キンバーグ

出演キャスト:シャルト・コプリー(チャッピー) , デブ・パテル(ディオン・ウィルソン) , ニンジャ(ニンジャ) , ヨーランディ・ビッサー(ヨーランディ) , ホセ・パブロ・カンティージョ(ヤンキー) , ヒュー・ジャックマン(ヴィンセント・ムーア) , シガニー・ウィーバー(ミシェル・ブラッドリー) , ブランドン・オーレ(ヒッポ)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししたいと思います^ ^

 

チャッピーのあらすじ

2016年 場所は南アフリカ・ヨハネスブルグでの出来事

この地域ではとんでもないスピードで犯罪が増えていた。

その犯罪に対処するために南アフリカ警察は兵器ロボットを導入した。

このロボットは兵器製造をメインとして行なっている「テトラヴァール社」で「ディオン・ウィルソン」という男が開発した。

「ディオン」は感情を持ち、人間と変わらないもしくはそれ以上の知能を兼ね備えた人工知能の開発にも成功した。

この開発のために多大な時間を費やし、やっとの想いで開発が成功したにもかかわらず、「テトラヴァール社」のお偉いさんに却下されてしまうのであった。

だが納得できない「ディオン」は会社にある廃棄する予定のロボットを勝手に持ち出した。

会社を出てすぐに「ディオン」はギャングの集団に襲われてしまう。

ギャングの目的は、ロボットを開発した「ディオン」に、ロボットの電源を切るボタンを開発させるという事…。

スポンサーリンク

だが、ロボットの電源を切ることができないとギャングに伝えた「ディオン」を問い詰めているところに、ギャングの1人が「ディオン」の乗っていた車にバラバラになったロボットが積んでいるのを見つけた。

ギャングは「このバラバラになっているロボットを使用してロボットを作れ」と「ディオン」に命じた。

「ディオン」は言われた通りにロボットを作り始め、このロボットに自分が開発した「人口知能」を埋め込んだのだ。

見事ロボットの復元に成功した。

だが、いくら人工知能といえども初めは何も情報が入っていない。

ギャングと「ディオン」はこの人口知能に様々な知識を与え始める。

 

ここから先が気になる方はぜひご自身の目で見てみてください^ ^

 

チャッピーの感想(ネタバレ注意!!)

まず最初にこの作品について一言で言うと「思っていたより面白かった」です♪

人工知能というのは現在の私たちにとっても縁のない話ではありません。

iPhoneユーザーであれば「siri」という機能をご存知だと思うのですが、その「siri」も人工知能の一種だそうです。

そんな現在私たちの身近に存在する人工知能を持ったロボットが今作のメインなのですが、そんなロボットの発言や行動によって周りの人間たちが変えられていきます。

もともとギャングで悪だった人間が、このロボットを我が子のように扱い優しくなったり、このロボットを疎ましく思い、破壊しようと思う人間が現れたり…。

ロボットを中心にした物語なのにもかかわらず、感動系の作品を見ているような気分になり、人間にとって必要な物を改めて認識させられたような気がした作品でした^ ^

また今作はSF作品で、今作の監督は他にも有名な作品も作っているということもあり、CG技術は素晴らしく、SFファンも十分に楽しめる作品となっているかと思いました♪

 

まとめ

これで「チャッピー」のレビューは終了です。

正直、私はロボット系の作品はあまり好きではなく、今作も存在は知っていましたが、見ていませんでした^^;

ですが、今作はおすすめします!!

単純にSF作品として面白いというのもありますが、個人的にはそれ以外に今作から得れたものがあると思うからです。

また、今作の終盤で、亡くなった人の意識をロボットに移し、死者を復活させるというシーンがあるのですが、数年もしくは数十年後に実際それが可能になっているかもしれないと考えると怖いような、嬉しいような不思議な気分になれますよ!笑

この作品「チャッピー」に評価をすると3.5/5.0といったところです^ ^

興味があればぜひ見ても損はしないかと思います。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ