『Netflixオリジナル』神の日曜日/信じる者は救われる?

神の日曜日 感想(ネタバレあり)

*見出しはTOPのタイトルをクリック

ども、ライです♪

今回レビューする作品はこちら!!

スポンサーリンク

「神の日曜日」です^ ^

 

作品情報

神の日曜日の予告編はこちら

映画「神の日曜日」は2018年に制作された作品で、アメリカ公共ラジオ局の番組「ディス・アメリカンライフ」で公開された実話に基づいて制作された作品であり、キリスト教の根本主義者「カールトン・ピアソン」牧師が新たなる精神的な道へといざなわれる姿を描いた「ヒューマンドラマ作品」です。

また今作「神の日曜日」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

制作年:2018年

制作国:アメリカ

上映時間:105分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:come sunday

監督:ジョシュア・マーストン

脚本:

制作:

出演キャスト:キウェテル・イジョフォー , マーティン・シーン , ダニー・グローヴァー , ジェイソン・シーゲル , コンドーラ・ラシャド , キース・スタンフィールド , ステイシー・サージェント , ヴォンディ・カーティス=ホール

 

神の日曜日のあらすじ

キリスト教の根本主義者、カールトン・ピアソン牧師に信仰の危機が訪れ、新たな精神的な道へといざなわれる。それは彼の人生における全てを脅かす危険な道だった。

Netflix(ネットフリックス)公式サイト:https://www.netflix.com/jp/title/80152625

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作「神の日曜日」について一言でいうと「日本人には合わない!?」です。

映画「神の日曜日」は記事の初めでもお話ししたように、2018年に制作された作品で、アメリカ公共ラジオ局の番組「ディス・アメリカンライフ」で公開された実話に基づいて制作された作品であり、キリスト教の根本主義者「カールトン・ピアソン」牧師が新たなる精神的な道へといざなわれる姿を描いた「ヒューマンドラマ作品」です。

また今作「神の日曜日」は「ネットフリックスオリジナル作品」です。

 

神の日曜日 内容

では初めに今作「神の日曜日」の内容についてざっくりと説明すると、

「イエス キリスト」を信じるたくさんの信者たちの前で公演を開く男性「カールトン」

今日の公演でも彼は「イエス」の尊さについて皆の前で述べた。

信者たちからの「カールトン」の支持は絶大で、彼の開く公演にはいつもたくさんの人が訪れた。

牧師としての務めを果たす「カールトン」には愛する叔父がいる。

だが残念な事に叔父は刑務所へと収監されていた。

叔父に呼ばれて刑務所へと足を運んだ「カールトン」だったが、刑務所で叔父に聞かされたのは「部屋で薬物が見つかり、仮釈放が6年伸びた」との事だった。

「カールトン」が手紙を書けば仮釈放延期を免れると考え、「カールトン」を呼び出した叔父だったが、叔父の頼みを叔父のことを想い断る事にした。

公演をひらけばたくさんの信者が訪れるほどに人気だった「カールトン」だったが、

「いつも同じ人にばかり公演を聞いてもらうのではなく、もっとたくさんの人にも自分の話を聞いてほしい」と考えていた。

しかし、そんな「カールトン」の元へ不幸な連絡が…。

それは「叔父が刑務所内で首を吊って自殺した」との連絡だった。

スポンサーリンク

これをきっかけに「カールトン」の神に対する価値観に変化が起き始める。

「カールトン」自身が考える「神への新たなる考え方」

それは「イエスを信じる者にだけ助けが届くのではなく、信じない者にもイエスは手を差し伸べる」

その考えを次の公演で述べるも、今まで散々話してきた意見と違う考えを話す「カールトン」に不信感を抱き始めた信者たち。

今まで共に頑張ってきた仲間や信者たちから責められる立場となった「カールトン」は少しずつ大事な物を失いはじめていた。

はたして「カールトン」はどうなってしまうのか?

 

みたいな作品でした^ ^

 

神の日曜日 日本人にはウケない!?

そんな今作「神の日曜日」ですが、

宗教、よく名前は聞く「キリスト教」の「牧師」と「信者」を扱ったような作品で、

それにプラスして少し「ミュージカルっぽい要素」が足されているような作品でした^ ^

まず率直な感想ですが、面白くないです💦

1時間50分ぐらいあった作品なのですが、終始眠たい…。笑

実は1度途中まで見て、あまりに退屈で寝落ちしてしまう…この流れを1度経験してから、

やはりもう1度チャレンジしてみようと改めて見てみましたが、それでもつまらない(・・;)

「なぜそんなにつまらないのか?」

これは私なりに考えた結果ですが、

そもそも私は宗教に興味がありません💦

それゆえに宗教というのが「どういうものなのか?」

この辺の知識もなければ、興味のもない…。

そりゃ面白くないわけですよ。笑

実際のところ日本人というのは「無神論者」が多い傾向にあり、世界的に見て宗教を否定する傾向もあるようです。

私自身は否定まではしませんが、シンプルに興味がありません(・・;)

カルト教団の話は大好きなんですけどね♪笑

ただ、宗教に興味のない日本人は世界的に見て自殺者が非常に多いようで、宗教に関心を示す人が多いほど自殺する人は少ない傾向にあるようです。

心の拠り所があるか、それともないかで、そんなところに差が出てくるみたいではあります^ ^

「神の日曜日」の感想からは少し話がずれてしまいましたが、

いくら今作「神の日曜日」が実話なのだとしても、興味がなければ元も子もない…。

そんな作品ではありますね💦

まあ宗教に興味のある方にとっては楽しめる作品なのかもしれません^ ^

神の日曜日 結末は?

かなり端折ってしまいましたが、正直言って「つまらない」以外に語る事がないのでご了承くださいm(_ _)m

そんな今作「神の日曜日」の結末についてですが、

正直言ってあまりぱっとしない印象でした💦

まあ実は言うと完全に飽きてしまっていたがゆえに、途中からながら見状態だったですが、

まあ特別何か目についた部分はありませんでした。。。

ただ、エンドロールの初めに「現在、本人は何をしているのか?」

この情報が流れるので、興味のある方は最後まで見逃さないでくださいね^ ^

 

まとめ

これで「神の日曜日」のレビューは終了です。

まあこの手抜き感想を見てもらえればどんな作品かわかるのではないかと思います。笑

私のブログはお世辞なども言わず、私の好みでなければとことん否定的な記事が仕上がってしまうので、

何度かこのブログを見てくださっている方であれば察してもらえるかと思います。笑

「宗教に興味がある」といった方なら楽しめる作品なのかもしれませんが、

そもそも興味のない方が今作「神の日曜日」を見るのは退屈でしかないでしょう💦

映画「神の日曜日」に評価をすると1.0/5.0です。

また今作「神の日曜日」は「Netflixオリジナル作品」です。

なのでレンタルショップなどでも取り扱っておりません。

くれぐれも無駄足を運ばないようご注意を!!

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ