怪盗グルーの月泥棒/大人気シリーズの初回作

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「怪盗グルーの月泥棒」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

 

怪盗グルーの月泥棒の予告編

 

 

怪盗グルーの月泥棒の作品概要

制作年:2010年

制作国:アメリカ

上映時間:95分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス), Amazonプライムビデオ , U-NEXT , dTV…etc.

原題:DESPICABLE ME

監督:クリス・ルノー , ピエール・コフィン

脚本:シンコ・ポール , ケン・ダウリオ

制作:クリストファー・メレダンドリ , ジャネット・ヒーリー , ジョン・コーエン

出演キャスト一覧(字幕版/吹き替え版)

・グルー(スティーヴ・カレル/笑福亭鶴瓶)

・アグネス(エルシー・フィッシャー/芦田愛菜)

・マーゴ(ミランダ・コスグローヴ/須藤祐実)

・イディス(デイナ・ゲイアー/矢島晶子)

・ベクター(ジェイソン・シーゲル/山寺宏一)

・ネファリオ博士(ラッセル・ブランド/伊井篤史)

・パーキンス氏(ウィル・アーネット/内海賢二)

・グルーの母(ジュリー・アンドリュース/京田尚子)

・ハッティさん(クリステン・ウィグ/安達忍)

 

 

怪盗グルーの月泥棒のあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「魅力的なキャラクターでいっぱい」です。

映画「怪盗グルーの月泥棒」は2010年に制作された作品で、怪盗軍団のリーダー「グルー」が次は月を盗み出すことを計画する中で、作戦のため孤児院で生活していた3姉妹を養子として迎え入れたことにより、これまでの生活が変わり始める姿を描いた「アニメーション映画」です。

 

 

怪盗グルーの月泥棒のざっくりあらすじ紹介

これまで数々の悪事を働き、自分勝手な振る舞いを続けてきた男「グルー」

最近では若手の悪人たちが次々に誕生する中、怪盗として活動する「グルー」は若干自分の立場に危うさを感じながらも、若手には負けまいと奮闘していた。

 

 

そんな彼が次にターゲットとしたのは『月』

幼い頃から月に行くことを憧れていた「グルー」だったが、やっとその願いが叶うところまで上り詰める。綿密な計画を立てた「グルー」だったが、その計画を実行するためには資金が足りなかった。その資金を調達するため『悪党銀行』へと融資を求める「グルー」だったが、これまでの実績により、簡単に融資してもらえず。

「グルー」が銀行に融資をしてもらうためには、対象を小さくすることができる『縮小レーザー銃』を手にいれる必要があった。東アジアで極秘に開発されているその銃を奪いにいく「グルー」だったが、ここで思わぬ邪魔が入る。

 

 

「グルー」の邪魔に入ったのは、銀行で出会った青年「ベクター」

彼も若手の悪党であり、「グルー」が狙っている『縮小レーザー銃』に目をつけていたのだ。残念なことに、このとき「グルー」は「ベクター」に銃を奪われてしまう。

しかし、長年の夢をすんなりと諦めるわけがない「グルー」は、後日、「ベクター」の自宅へと『縮小レーザー銃」を奪還しに向かう。だが、厳重な警備を備えた「ベクター」に自宅へは簡単に忍び込めない。奮闘している「グルー」の前に、3姉妹がクッキーを売ろうと「ベクター」の自宅を訪れる。3姉妹は自宅内へと入っていき、「ベクター」にクッキーを販売し、そのまま家から出てきたのだ。

 

 

このとき、「グルー」はあることをひらめく。

そもそも「グルー」はこの3姉妹のことを知っていた。そして彼女たちが孤児院で生活していることも知っていた「グルー」は、作戦のため3人を養子として引き取ることにする。

幼い少女を引き取り、もう1度「ベクター」の自宅へと入り込ませようと考えていた「グルー」だったが、子供3人を引き取るということは、そんな簡単なことではなかった。それでも夢のために奮闘する「グルー」だったが、次第に特別な感情を3姉妹に抱くように…。

 

 

怪盗グルーの月泥棒の感想 魅力的なキャラクターでいっぱい

今作「怪盗グルーの月泥棒」ですが、先日、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

今、老若男女問わず非常に人気のあるキャラクター「ミニオン」が登場するアニメーション映画シリーズの初回作「怪盗グルーの月泥棒」

「怪盗グルーの月泥棒」のことは知らなくても、『ミニオン』と聞いて知らない人はいないだろう?と思う中、先日、このブログ内で「ペット」という作品を紹介させていただきました。そちらの記事内でもちらっとお話ししているように、今作のシリーズ『ミニオンズ』のスタッフが手がけたのが「ペット」でして、これらの作品は「イルミネーション・エンターテインメント」が制作元となっているんですよね^^

スポンサーリンク

ペット/あなたが留守のとき、ペットはなにしてる?

2018.11.08

「ペット」自体、非常に素晴らしい作品だっただけに、制作元が同じ「怪盗グルーの月泥棒」にもその時から私は興味を抱いていたワケですが、先日、やっとこさミニオンシリーズデビューしました^^

 

 

ストーリーが素晴らしいというのは、いうまでもありませんね?もとはただの悪人だった「グルー」が「アグネス」たちとの出会いを経て、優しくて思いやりのある心が目覚めてくる…とでも言いますか。序盤は憎たらしかった「グルー」ですが、終盤は非常に優しいおじさんになりますからねw

「グルー」と「アグネス」たち。

互いが互いを必要とする展開は、感動の展開でしかありません。ほんと良いストーリーだと思います^^

 

 

ミニオンの正体はバナナじゃない!?

今作「怪盗グルーの月泥棒」ですが、どうやら「ミニオン」の正体を『バナナ』だと思っていらっしゃる方が非常に多いようで。。。

実はこれ、間違いではないんですけど、間違いなんです。

私自身、今日まで「ミニオン」は「バナナ」だとばかり思っていました。実際に、今作「怪盗グルーの月泥棒」の作品内で、「グルー」が「ミニオンはバナナからできている」的な発言もありました。ですが、これは吹き替え版のみの設定となっています。

ライ
では本当は何なのか?

気になりますよね?もちろん紹介します。

それはなんと「シリアル」だそうです!

「ヘェ〜」と感心している方はいらっしゃるでしょうか?w

わたしは自分で紹介しておきながら、

ライ
お、おん。

となっておりますw

なぜ言語版と吹き替え版で違うようにしたのか?という疑問はありながらも、実際、このように違いがあるようです。見た目的には完全に「バナナ」ですが、アメリカでは「シリアル」の方が一般的な食べ物だからでしょうかね?育った環境にもよりますが、わたしは「シリアル」はあまり食べずにこれまで生きてきたので、「バナナ」という設定の方が好みではありますw

 

 

アグネスの大好きなユニコーン「フラッフィ」専門店がオープン!?

今作「怪盗グルーの月泥棒」で登場するキャラクター「フラッフィ」のことを覚えていますか?

「フラッフィ」と聞いてもしっくりこない方が多いのではないか?と個人的には思っているのですが、「アグネス」たちと「グルー」が行った遊園地の射的で手に入れた「ユニコーン」のぬいぐるみのことですね。あのとぼけたような顔がなんとも言えない「フラッフィ」ですが、実は非常に人気のキャラクターなんです!わたしも「あのぬいぐるみは欲しい」と思ってしまうほどのぬいぐるみなのですが、実は最近「2018年11月7日」より、専門店がオープンしたことをご存知でしょうか?

 

 

これまで専門店はなかったようで、たしか少し前にテレビ番組で宣伝されているのをわたしは見て知ったのですが、実はその専門店がある場所、それは「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」なんです^^

大阪在住のわたしにとっては、非常に身近な場所で専門店がオープンしました。調べたところ、ネット通販の「楽天市場」などでも「フラッフィ」グッズは販売されてはいるようですが、ファンにとって専門店はまた違いますよね?ちなみに専門店に置かれている「フラッフィ」グッズはぬいぐるみだけでなく、リュックやハンカチの他にもスマホケースやポーチなども置かれているそうです。

ファンであれば興奮間違いなし!な情報ですが、これを機会に遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ&評価

これで「怪盗グルーの月泥棒」のレビューは終了です。

良作だとは知っていましたが、想像していたのとは違う方向性の良い作品でしたね。魅力的なキャラクターの数々と、感動間違いなしのストーリー。今さらではありますが、とにかく良作だとわたしは思います。今日からわたしもミニオンシリーズのファンです^^

 

怪盗グルーの月泥棒の評価は?

最後に、今作「怪盗グルーの月泥棒」に評価をすると4.5/5.0です。

ウワサでは「最終作が1番オススメ」なんて話を聞いて、ミニオンシリーズ初回作がこんなに楽しめたからこそ、最終が待ち遠しいですw

とりあえず2作目も早いところ視聴しないといけませんね!

スポンサーリンク

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ