『Netflixオリジナル』ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら/2度目の人生

『Netflixオリジナル』ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら/2度目の人生

 

ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら 感想(ネタバレあり!!)

*見出しはTOPのタイトルをクリック

 

どうも、ライです♪

今回レビューする作品はこちら!!

「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」です^ ^

スポンサーリンク

*作品情報

・予告編はこちら

 

この作品「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」は2016年に制作された作品で、冴えない銀行員「リチャード」が旧友の「マックス」の誘いによって、自分たちの死を偽装し2度目の人生をやり直そうと考えるも、思わぬトラブルに巻き込まれる姿を描いた「コメディ作品」です。

また今作「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」は「ネットフリックスオリジナル作品」です。

 

制作年:2016年

制作国:アメリカ

上映時間:108分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:The Do Over

監督:スティーヴン・フリル

脚本:ケヴィン・バーネット

制作:?

出演キャスト:アダム・サンドラー , デヴィット・スペード , ポーラ・バットン , キャスリン・ハーン , ニック・スワードソン , マット・ウォルシュ , ショーン・アスティン , ナターシャ・レジェロ , ルイス・ガスマン , キャサリン・ベル , ジャッキー・サンドラー , マイケル・チクリス , トーステン・フォーゲス , スタン・エルズワース

 

 

 

・あらすじ

旧友に誘われて自分が死んだかのように装った、ある銀行の支店長。人生は一変し、冒険に満ちた日々が始まる。

Netflix(ネットフリックス)公式サイト:https://www.netflix.com/jp/title/80063265

 

ではここから感想です^ ^

スポンサーリンク

*感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「意外にいい話」です。

この作品「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」はこの記事の初めでもお話したように、2016年に制作された作品で、冴えない銀行員「リチャード」が旧友の「マックス」の誘いによって、自分たちの死を偽装し2度目の人生をやり直そうと考えるも、思わぬトラブルに巻き込まれる姿を描いた「コメディ作品」です。

また今作「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

・ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら 内容

では早速、今作「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」の内容について説明すると、

 

同窓会で退屈そうにする男性「チャーリー」

そんな彼にかつての友人「マックス」が声をかけてきた。

学生だった頃、2人はいつもつるんでいたが、なぜかいつの間にかつるまなくなっていた。

「チャーリー」と「マックス」は2人きりになり、思い出話に華を咲かしていた。

たわいの無い会話の中で、「マックス」が昔から夢だった「FBI」になっている事を知る。

「チャーリー」はと言うと、学生の頃アルバイトをしていた銀行でそのまま働き続け、現在は支店長として働いていた。

私生活について問われた「チャーリー」は「満足している」と話したが、そんな「チャーリー」に対して「マックス」は「本音を話せ」と告げた。

日頃の不満を打ち明けた「チャーリー」に対して、「俺と組んで成功しないか?」と「マックス」は話した。

 

翌日。

いつも通り平凡な生活を送っていた「チャーリー」の元に、「マックス」から「つるむ気になったか?」とメールが届いた。

「チャーリー」は「マックス」の元を訪れた。

「マックス」の所持する船に乗り、海に出た2人。

夢のような楽しい1日を「チャーリー」は過ごした。

その夜。

「チャーリー」が眠っている間に、「マックス」は船を爆破した。

眠っている「チャーリー」を小さなボートに乗せ、どこかのモーテルに移動していた。

翌日「チャーリー」が目を覚ますと、なぜかベッドにくくりつけられていた。

そして「マックス」が行った事の理由を問いただした。

それに対して「マックス」は「これで自分たちは死んだ事になっている。死を偽装したから、ゼロからやり直そう」と「チャーリー」に話す。

パニックになった「チャーリー」は、「マックス」の誘いを断り、急いで自宅へと帰った。

すると「チャーリー」の葬儀が行われていたが、悲しんでいる人間は誰1人おらず、職場に顔を出してもいつも通りの日常だった。

「チャーリー」がいなくなっても何も変わらない現状を目撃し、「チャーリー」は新しい人生を始めようと「マックス」の元へと戻った。

「チャーリー」が戻るのを待っていた「マックス」は、ある1つの鍵を取り出した。

それは「チャーリー」たちが第二の人生を歩むために名乗るすでに死んでいる人物の私物だと説明した。

その鍵を貸し金庫の鍵だと考えた「チャーリー」は、貸し金庫の場所を調べた。

貸し金庫の場所は「プエルトリコ」だと判明する。

2人は急いで「プエルトリコ」へと急いで向かった。

そして貸し金庫を開くと「大金」と「タブレット」そして「手紙」が入っていた。

手紙にはメモと鍵が入っていた。

その鍵はある家の鍵だった。

2人はその鍵の自宅へと向かうと、そこはとてつもなくゴージャスな自宅だった。

ゴージャスな家と大金を手に入れた2人は、優雅な生活を送っていた。

しかし、そんな2人に危機が迫っていた。

その理由は彼らが第2の人生として名乗っていた人物「ライダー」と「フィッシュマン」という人物と関係していた…。

 

みたいな作品でした^ ^

 

・予想外に!?

そんな今作「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」ですが、

普通に笑える「コメディ作品」です。

 

下品さはなかなかパンチの効いたレベルだと思います^^;

下ネタが得意な私には全然アリなレベルではあるのですが、

下ネタ嫌いな方にとっては不快に感じてしまうかもしれません。

くれぐれも注意してくださいね!!

 

それよりも予想を上回る良い話具合に、衝撃を受けました。笑

今作で注目すべき点は「家族の絆」「友情」などについて改めて考えさせれる点です。

まるで死人のような顔をした中年男性が、学生だった頃のように素で楽しんでいる姿、困っている友人のために奮闘する姿などが映されている作品なので、

今の自分の人生に悩みを抱えている方にはぜひ見て欲しい作品だと思います^ ^

ずば抜けてはいないものの、それなりにしっかりとした内容に、笑える要素と感動の要素をいい具合に混ぜた作品…。

それが今作「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」だと思います。

ただ、ずば抜けた要素があれば、もっとよかったんですけどね。笑

まあここは大目に見ましょう^ ^

 

・安定のキャスト♪

あと今作「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」のキャストについて少しだけお話しすると、

「マックス」役を演じている「アダム・サンドラー」氏は、

おバカなキャラと下品なキャラで、一部の方からは絶大な支持を得ている俳優さんで、今作でもそのキャラはブレずでした。

今作でも安定しています^ ^

「チャーリー」役を演じている「デヴィッド・スペード」氏は、

私は恥ずかしい話、今作の途中まで「バットマンシリーズ」に登場する「ゴードン刑事」を演じる「ゲイリー・オールドマン」氏だとばかり思っていました。笑

改めて「ゲイリー・オールドマン」氏の顔を調べてみると、「デヴィット・スペード」氏とは違うのですが、

「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」を見ている最中は、

「ゲイリー・オールドマンってこんな作品にも出るんや〜」

と思っていました。笑

ちなみに「デヴィット・スペード」氏も、「アダム・サンドラー」氏と同じく人気のある俳優さんなので、

ファンの方は注目ポイントです^ ^

 

・ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら 結末

そして最後に今作「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」の結末についてお話しすると、

 

「チャーリー」と「マックス」が第2の人生として名乗っている人物「フィッシュマン」と「ライダー」の命を狙う人物がいた。

「フィッシュマン」と「ライダー」について調べるため、アメリカに住む「フィッシュマン」の妻の元へと向かう。

2人が「フィッシュマン」の妻「ヘザー」に接近し、「ヘザー」を守るために誘拐する。

誘拐した事情を「ヘザー」に話すと、2人が疑問に感じていたポイントの辻褄が合い始めた。

「ライダー」がよく通っていたバーへと3人は足を運び、情報収集しているうちに、

「2人が殺されたのはがん治療の薬を開発する2人を阻止するため」だと知る。

「チャーリー」たちはがん治療の研究を行っていた施設へと向かった。

そしてがん治療の薬の調合法を調べた。

それを調べていた「チャーリー」は、「マックス」はガンを患っており、「フィッシュマン」の患者だったという事を知ってしまう。

「マックス」がこの件に必死になっているのは、自分のガン治療のためでもあったのだ。

「マックス」はガン治療の薬を作るための資金調達を担当していた「シェッキー」の元を訪れ、調合法を聞き出そうと脅した。

しかし、「シェッキー」は「マックス」が思っていたような人物ではなく、むしろ「マックス」たちと同じく「フィッシュマン」の死を本当に悲しんでいた。

2人が話す中、「マックス」の背後には何度も「マックス」たちを殺そうと接近してきた男がまたしても現れた。

背後からその男に襲われ、「マックス」は拉致されてしまう。

「チャーリー」は「マックス」の妻の元を訪れ、「マックス」について色々と問いただした。

「チャーリー」は貸し金庫に入っていたタブレットの中に、調合法があるのを見つける。

その頃、「マックス」は拷問を受けていた。

拷問されている「マックス」の前に「ヘザー」が現れ、拷問を辞めさせた。

「ヘザー」に従う男の姿を見て、実は「フィッシュマン」の妻「ヘザー」が黒幕だったのだと知る事になる。

「タブレット」に調合法が入っていると知った「ヘザー」は、「チャーリー」を呼び出し、今までと同じように装い、タブレットを要求した。

しかし、「チャーリー」は「ヘザー」の企みを分かっていた。

その瞬間、取っ組み合いになる2人。

「ヘザー」に銃を向けられた「チャーリー」は危機的状況に陥っていた。

そんな「チャーリー」を助けるためバイクにまたがった「マックス」が現れるも、結局2人とも危機的状況には変わりなかった。

そんな2人を助けるため1人の女性が現れた。

その女性は「マックス」の妻だった。

「マックス」の妻は「ヘザー」を倒し、2人を救った。

騒ぎを聞きつけた警官たちが駆けつけ、「手を上げろ」と言われた妻は驚いて持っていたタブレットを川に投げてしまう。

結局、川に落ちたタブレットを復旧する事ができなかったと搬送された病院で聞かされた「マックス」

そこに担架に乗せられた「チャーリー」が現れ、運んできた医者に「何があったのか?」と問うと、

「腸の中に異物が入っており、手術しなければならない」と聞かされる。

異物が写ったレントゲン写真を見ると、「チャーリー」の腸内には「USB」が入っていた。

実は「チャーリー」は薬の調合法のバックアップをUSBに取っていたのだ。

本来であれば逮捕されるはずだった2人だったが、この件を評価され、「マックス」にも治療が施された…。

 

みたいな結末でした^ ^

 

まさかのUSBには正直驚かされました!!

この展開はかなり良かったです^ ^

ここまでこれといって衝撃の展開もなく、淡々と進んできただけに完全に油断していました。笑

普通に良い結末だと思います^♪

スポンサーリンク

*まとめ

これで「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」のレビューは終了です。

まあ普通に良い作品ですね!!

これといって突き抜けた要素はありませんが、いい意味で安定している作品だと思います^ ^

 

今作「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」をおすすめするとすれば、

「今の生き方に悩んでいる方」

にはおすすめの作品ですね^ ^

この作品をきっかけに、何か心境に変化があれば良いなと思います♪

 

逆に今作「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」をおすすめしないのは、

「下ネタが嫌いな方」

にはおすすめできない作品ですね^^;

不快に感じてしまう可能性大なので、くれぐれもご注意を!!

 

今作「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」に評価をすると3.0/5.0といったところです。

また今作「ドゥ・オーバー:もしも生まれ変わったら」は「ネットフリックスオリジナル作品」です。

なのでレンタルショップでは取り扱っていません。

無駄足を運ばないようご注意を!!

では今回はこの辺で♪