ドクター・ストレンジ/天才外科医がスーパーヒーローに!?

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ドクター・ストレンジ」です。

 

*予告編はこちら

 

この作品「ドクター・ストレンジ」は2016年に製作された作品で、大人気「マーベルコミック」に登場する「魔術を操る異色のヒーロー ドクター・ストレンジ」「誕生」から「世界を救うために戦う姿」までもを描いた「SF・アクション作品」です。

 

製作年:2016年

製作国:アメリカ

監督:スコット・デリクソン

脚本:スコット・デリクソン , C・ロバート・カーギル

製作:ケビン・ファイギ

出演キャスト:ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ) , キウェテル・イジョフォー(モルド) , レイチェル・マクアダムス(クリスティーン・パーマー) , ベネディクト・ウォン(ウォン) , マイケル・スタールバーグ(ニコデマス・ウエスト) , ベンジャミン・ブラッド(ジョナサン・パンクボーン) , スコット・アドキンス(ストロング・ゼロッツ) , マッツ・ミケルセン(カエシリウス) , ティルダ・スウィントン(エンシェント・ワン) , クリス・ヘムズワース(ソー)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

スポンサーリンク

*あらすじ

天才的な技術を誇るが傲慢な性格だけが欠点の神経外科医スティーブン・ストレンジは、不慮の事故で両手の機能を失い、築いてきたキャリアの全てが崩壊する。手の治療と失われた人生を取り戻すため、あらゆる手段を模索するストレンジは、やがて神秘に満ちた魔術の力へとたどり着く。魔術の修行に励むストレンジは、強大な敵との戦いに巻き込まれていき、医師として相手を傷つけることに苦悩し、外科医に戻るか最強の魔術師として戦う道に進むかの選択を迫られる。

映画.com:http://eiga.com/movie/83470/

ではここから感想です^ ^

スポンサーリンク

*感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「好みが分かれる作品かな?」です。

この作品「ドクター・ストレンジ」はこの記事の初めの方でもお話ししたように、大人気「マーベルコミックシリーズ」に登場するスーパーヒーロー「ドクター・ストレンジ」「誕生」から「世界を救う姿」を描いた「SF・アクション作品」です。

今まで映画化された「アメコミ系」の作品と比べて、今作「ドクター・ストレンジ」は少し異色な作品に仕上がっています^ ^

その理由というのが「ドクター・ストレンジ」「魔術」を用いて戦うのですが、確かに今まで私が見た「アメコミ系」の作品は「科学の力」「そもそも人ではない」というスーパーヒーローばかりで「魔術」を使うスーパーヒーローが登場する作品というのは初めてでした!!

そういう意味で異色な作品であり、新鮮味を味わうことができました♪

ただ、これについては正直「評価の分かれるポイントでは?」と私は感じました。

確かに今までとは違った雰囲気が上手く演出されてはいるのですが、私個人の感想としては「アメコミ系にこういうのは求めていない」というのが本音です^^;

アメコミ系の有名作品「アイアンマン」「スパイダーマン」「キャプテン・アメリカ」もそうですが、全部「科学の力」によって超人的な力を手にいれたスーパーヒーローたちです。

この感じが当たり前になっている私にとって、今作「ドクター・ストレンジ」は良い意味で「異色」ではありますが、悪い意味では「邪道」だと感じました…。

この感じなら「ハリーポッター」を見れば良いのでは?と私は思います^^;

 

そんな今作「ドクター・ストレンジ」ですが、「魔術を使って戦う」という事もあって、映像技術は素晴らしいです♪

やはり海外の「SF作品はスゴい」と思わされましたし、かなり「手がかかっているのだろうな」と思いました^ ^

自宅のTVで見てもすごかったので、今作を映画館で見た方はスゴい迫力だっただろうと思います!!

 

そして今作の結末についてですが、まあ鉄板の設定である地球を無事に救って終了みたいなラストでした^ ^

この部分は鉄板の設定なので、これと言って言う事もないですが、結局「ドクター・ストレンジ」の手は治らなかったという部分は残念です…。

それなら今作において「元凄腕の外科医」という設定は必要だったのかな?とも思いました^^;

最後「手が無事に治り、『医者』と『ヒーロー』としてこれからも世界を守って行く」みたいな結末だったら、「元凄腕外科医」という設定にも意味が出てきたのでは?と思います。

スポンサーリンク

*まとめ

これで「ドクター・ストレンジ」のレビューは終了です。

まあ期待していたよりは…な作品でした。笑

作品の内容が面白くないというより、この設定自体が個人的に受け付けないのだと思います^^;

あっ、それと今作の最後で別作品「マイティー・ソー」の主人公「ソー」が、「ドクター・ストレンジ」と何か会話するシーンが流れます。

多分、続編に関係しているのだと思うのですが、この部分はテンション上がりましたね!!

なんだったら今作で1番テンションの上がったポイントです。笑

そもそも「ドクター・ストレンジ」自体「2016年」の作品でそこまで期間が経っていないので、まだ先にはなるかと思いますが、「ソー」との共演なら期待しています♪

ただもう1つ次回作を煽るようなシーンが最後に流れるのですが、今作では味方だった「モルド」役の「キウェテル・イジョフォー」氏が「世界に魔術が多すぎるから、減らさなくては…」みたいな悪に流れてしまった…。

みたいなシーンもあったので、どちらかが次回作の煽りなのか?

それとも両方ともが次回作の煽りなのか?

まあ結局わからないのですがね…。笑

もし何か知っている方がいらっしゃったら教えてくださいね^ ^

この作品に評価をすると3.0/5.0といったところです。

今作「ドクター・ストレンジ」をおすすめするとすれば、「ハリーポッター」が好きな方は面白いのでは?と思います。

先ほども言ったように「アイアンマン」「スパイダーマン」とは違った異色な作品なので、あの感じを期待して今作を見ると「コレジャナイ感」は感じてしまうのではないかと経験者は語ります。笑

まあそれなりに楽しめるので、興味があれば見ても良いかと思います^ ^

ちなみに映画配信サイト「hulu」で期間限定で配信されているので、興味のある方はお早めに!!

では今回はこの辺で♪

 

Related Post


ライ

投稿者: ライ

初めまして、関西在住平成生まれ、このブログの運営者「ライ」です。 このブログでは、私が見た映画の「あらすじ」〜「感想」までを述べているブログです。(ネタバレあり) 話題の最新作から旧作、B級映画作品もジャンルを問わず、取り扱っているブログなので、 「見る映画に悩んでいる」 「良作映画が見たい」 「〜って映画面白いのかな?」 などなど…。 気になる作品があれば、ブログ内の検索より、1度調べて見てくださいね^ ^   *好きな映画 ・スパイダーマンシリーズ ・ハングオーバー!シリーズ   *好きなジャンル ・コメディ ・ホラー ・スリラー ・SF   *好きな海外スター ・ジェイソン・ステイサム ・マーゴット・ロビー ・ブラッドリー・クーパー ・エマ・ストーン ・クロエ・グレース・もレッツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA