ドント・ブリーズ/死にたくなければ呼吸を止めろ

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ドント・ブリーズ」です。

 

ドント・ブリーズの予告編はこちら

スポンサーリンク

この作品はあの有名な「死霊のはらわた」を製作したチームが手がけた「ショッキング・スリラー」作品です。

製作年:2016年

製作国:アメリカ

監督:フェデ・アルバレス

脚本:フェデ・アルバレス , ロド・サヤゲス

製作:サム・ライミ , ロブ・タパート , フェデ・アルバレス

出演キャスト:ジェーン・レビ(ロッキー) , ディラン・ミネット(アレックス) , ダニエル・ゾバット(マニー) , スティーブン・ラング(盲目の老人)

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししたいと思います^ ^

 

ドント・ブリーズのあらすじ

ある豪邸に男女3人組が空き巣に忍び込む。

この3人の名前は「ロッキー」「アレックス」「マニー」

「アレックス」の父親は警備会社で働いており、父親の警備会社の設備を利用している家には、合鍵を使って侵入する事が出来る。

3人はこの方法を用いて、日常的に空き巣を繰り返していた。

だが3人は「現金は盗まない(捕まった場合、罪が重くなるため)」と決めて空き巣を繰り返しているため、稼げる額が少ないと不満を感じていた。

ある日、いつも空き巣に入れる家を教えてくれる情報屋から1件の情報を「マニー」が聞いた。

その情報は、「ブエナビスタ」に住んでいる老人が「30万ドル」もの大金を所持しているとの情報だった。

この情報をすぐさま「ロッキー」と「アレックス」に話すも、「アレックス」は現金は盗まないと言い断る。

「ロッキー」は家庭の事情が複雑で、妹を連れて「カリフォルニア」へ引っ越す資金が必要なため、この空き巣をやると決めていた。

だが空き巣をするためには「アレックス」の手伝いが必要…。

スポンサーリンク

「ロッキー」は「アレックス」に手伝って欲しいとお願いし、「アレックス」も手伝う事となった。

 

ここから先が気になる方はぜひご自身の目で見てみてください^ ^

 

ドント・ブリーズの感想(ネタバレ注意!!)

まずこの作品について一言で言うと「思っていたより…」です。

今作の予告編を結構前に「Twitter」で見た事がありました。

その際に見た予告編では緊張感が「ヒシヒシ」と伝わってきて、「面白そうだな」と思っていました。

それから月日が流れて、先日TUTAYAにて今作を見かけたので、速攻で借りてきたのですが、実際見てみると「あれっ?」といった感じでした。

「元軍人」ということもあり、目が見えなくても強いのは当たり前ではありますが、老人のこれまでの人生が悲惨すぎて、怖いよりも「かわいそう」という気持ちの方が私は勝ってしまいました^^;

途中から老人のサイコパスな部分が出てきて、正直「ゾッ」とするような言動や行動もありますが、「亡くなった娘の事が原因でおかしくなってしまったのかな?」という風に私は感じました。

 

この老人は自分の娘を不慮の事故で殺した女性を誘拐し、地下室に監禁した上に自分の新しい娘をこの女性に作らせようと思っていたようで、確かにありえない考えでサイコパス感も出ているのですが、「子供を産んだら解放するつもりだった」なんて事を言っており、変なところだけ優しいこの老人を見ていると「悪人」なのかどうかわからなくなりました。

そして最終的に生き残るのは「ロッキー」だけなのですが、殺された他の2人も自業自得でしかありません^^;

老人相手に銃を持ち込んでいたにもかかわらず、死亡というのは恥ずかしすぎますね。笑

 

まとめ

これで「ドント・ブリーズ」のレビュー終了です。

「死霊のはらわた」を製作したチームが手がけているという事で、過度な期待をし過ぎたのかもしれません^^;

それに「20年に一本の恐怖作品」と自らハードルをあげてきている部分も否めません。

緊張感がないとまでは言いませんが、その辺も予告で見た時よりもそこまでという感じでした…。

この作品に評価をすると3.0/5.0といったところです。

それなりに楽しめて、時間も1時間30分もないぐらいなので、興味があれば見ても良いのでは?と思います。

こういった作品が苦手な方でも、見れるような内容となっているかとも思います^ ^

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ