エデン/実際にあった人身売買…

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「エデン」です。

 

エデンの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「エデン」は2012年に製作された作品で、アメリカで実際に起きた「人身売買事件」をもとに製作された「ヒューマンドラマ作品」です。

 

製作年:2012年

製作国:アメリカ

監督:ミーガン・グリフィス

脚本:リチャード・B・フィリップス , ミーガン・グリフィス

製作:?

出演キャスト:ジェイミー・チャン(エデン) , マット・オリアリー(ボーン) , ボー・ブリッジス(ボブ) , スコット・ミシュロウィック , タントゥー・カーディナル , トレイシー・フェアラウェイ , ナーマ・ケイツ , アーニー・ジョセフ , ラッセル・ホジキンソン , ジェニーン・モンテローサ , ローラ・カイ・チェン

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

エデンのあらすじ

1994年、ニューメキシコに住むヒョンジェは、バーで顔見知りになった男の車に乗せられて拉致され、ラスベガスへ連れて行かれてしまう。ヒョンジェは“エデン”という名で売春をさせられることに。発信器を付けられた足、狭い部屋で監禁される多くの少女たち。彼女たちは抵抗もむなしく次第にその生活を受け入れていく。が、ある再会を機に、逃げ出す決意をするヒョンジェ。必死に生きようとする彼女の運命は…。

allcinema:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=345653

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「怖っ!!」です。

この作品「エデン」は2012年に製作された作品で、アメリカで実際に起きた「人身売買事件」をもとに製作された「ヒューマンドラマ作品」です。

 

エデン 感想 これが実話かぁ…

この作品「エデン」ですが、あらすじでもお話し通り、アメリカで起こった実際の事件をもとに製作された作品です。

人身売買…言葉だけで嫌な気分を感じる言葉ですが、その現状を描いたこの作品はなかなか強烈な作品です。

「グロい」や「エロい」要素というのは少ない今作ですが、「ジェイミー・チャン」さん迫真の演技で、見ていて心に「グッと」くるような内容でした^^;

「ジェイミー・チャン」さんの出演している作品は、他にも何作か見たことがあるのですが、今作ほど彼女の良さが引き出されてる作品はこの作品が初めてだと私は思いました^ ^

スポンサーリンク

私が今までに見た「ジェイミー・チャン」さんの作品は、どちらかというと「脇役」に近い立場で出演していることが多かったのですが、今作は「ジェイミー・チャン」主演という立場で、人身売買の被害者という立場での出演です。

とにかく演技が素晴らしい!!

「ジェイミー・チャン」のファンの方であれば、ぜひ今作を見て欲しいと思います^ ^

 

この事件は1990年代の実際に起こった事件をもとにされているのですが、人身売買を行なっている大元は「個人」ではなく、それなりに「大きな組織」として活動しています。

世界中の何ヶ所かに部署のようなものがあるほどの規模で活動しています。

そんな組織ですが、内部の人間には「警察」も絡んでいるという一体何を信じれば良いのかわからなくなるような状態となっています^^;

 

この作品を私が見て一番衝撃を受けたのが、今作の最後の方で「赤ちゃん」が売られるという演出があります。

若い女性が売れるというのはイメージがつきやすいですが、「赤ちゃん」が売れるというのは想像もしませんでしたし、どういった層に需要があるのか?なぜ赤ちゃんを買う必要があるのか?

正直言ってこういう人たちの考えることというのは私には理解できません^^;

 

人身売買について私が思うのは、「売る方もクズだが、買う方もクズ」ということです!!

「売る方が悪い」的な目線で語られることが多いこの件ですが、買う方がいなければ、売る人間が出てきませんよね?

「需要と供給」の関係があるからこそ、こういった事件が起こるワケで、個人的には「買う方」のが私は問題だと今作を見て感じさせられました。

 

最後になりますが、個人的にはそれなりに良作だとは思います。

ですが、実話と言っておきながら「どこまでが実話?」という点と「結局組織はどうなったのか?」という点についての情報がないため、不完全燃焼感が強いラストです^^;

大概の実話作品は、エンドロール時に後日談のようなものが流れますが今作はそういったものがありません!!

「ジェイミー・チャン」演じる「エデン」は組織から逃げ、家族に電話をかけるシーンで終わるのですが、実際の事件では「無事に家族のもとへ戻れたのか?」それとも「逃げたというラストはフィクションなのか?」この部分をもっとはっきりして欲しかったと私は思いました。

 

まとめ

これで「エデン」のレビューは終了です。

「ジェイミー・チャン」演じる「エデン」が人身売買の被害に合うきっかけとなったのは、「バーでのナンパ」でした。

そんな日常でありがちな出来事から、こんな事件に巻き込まれる恐れがあるなんて、本当に怖いです^^;

日本では少ない、もしくは私が知らないだけかもしれませんが、この記事を見たあなたは、こういった事件に巻き込まれないくれぐれも注意してください!!

この作品に評価をすると3.5/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ