『Netflixオリジナル』エクスティンクション 地球奪還/衝撃の展開

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「エクスティンクション 地球奪還」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

エクスティンクション 地球奪還の予告編

 

エクスティンクション 地球奪還の作品概要

制作年:2018年

制作国:アメリカ

上映時間:95分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:Extinction

監督:ベン・ヤング

脚本:スペンサー・コーエン , ブラッド・ケイレブ・ケイン

制作:デヴィッド・ホーバーマン , ネイサン・ケイハン , トッド・リーバーマン

出演キャスト:マイケル・ペーニャ(ピーター) , リジー・キャブラン(アリス) , イズラエル・ブルサード(マイルズ) , マイク・コルター(デヴィッド) , エマ・ブース(サマンサ) , レックス・シュラブネル(レイ) , エリカ・トレンブレイ(ルーシー) , リリー・アスベル(ミーガン)

 

エクスティンクション 地球奪還のあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「予想外すぎる展開」です。

映画「エクスティンクション 地球奪還」は2018年に制作された作品で、突如、地球が何者かによって襲われ、家族にも危険が及ぶ悪夢に悩む男性が、悩まされていた悪夢が夢ではなく、現実におこる出来事の前触れだった姿を描いた「SF作品」です。

また、今作「エクスティンクション 地球奪還」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

エクスティンクション 地球奪還のざっくりあらすじ紹介

でははじめに、今作「エクスティンクション 地球奪還」のあらすじをざっくりと紹介すると、

 

妻と2人の娘を持った男性「ピーター」

彼は、「得体の知れない何かによって、自分が住む地球が壊滅的状況へと追い込まれる」という悪夢に悩まされ、寝不足の日々を過ごしていた。

そんな彼のことを妻「アリス」は心配し、病院に行くよう話すも、「ピーター」は病院へと行くそぶりを見せなかった。

 

しかし、彼が悩まされていた悪夢は、ただの夢ではなかった。

彼の妻「アリス」の出世を祝うパーティを開催していると、突如、上空からたくさんの光る物体が接近してくる。

それらは街に向かって、攻撃を開始。

突然に出来事に戸惑いながらも、逃げる「ピーター」たち。

「ピーター」が務める政府の施設へと逃げることを計画するも、その道中、妻「アリス」が大怪我をしてしまう。

それでもなんとか施設へとたどり着くことができた「ピーター」たちだったが、ここで彼は衝撃の事実を知ることになる…。

 

エクスティンクション 地球奪還の感想 予想外すぎる展開

そんな今作「エクスティンクション 地球奪還」ですが、本日、動画配信サイト「Netflix」にて配信がスタートした「Netflixオリジナル作品」です。

少し前にこのブログ内で紹介した「ファーザー・オブ・ザ・イヤー」に引き続き、今作「エクスティンクション 地球奪還」も前情報は全くなかった作品ですが、YouTubeで配信されている予告では、現在150万回を超える再生回数となっているので、知っている人は知っている作品なのでしょう♪

ではでは実際に視聴した感想ですが、ある時点を迎えるまでは見たことあるような作品ですw

 

「上空から謎の宇宙船が現れ、人類へと容赦ない攻撃を開始。攻撃を逃れながら、人類は生存のため逃げ回る。」と、まあ人類vs宇宙人みたいな、これまでにもあった設定ですね!

ただ、これが、ある時点で「嘘?」となるほどの急展開を迎えます。

そこまでは正直言って退屈でしたw

あまり宇宙人が出てくるようなSF映画は見ないたちではあるのですが、そんな私でも見慣れた光景だと感じるレベルです。

隠されていた事実が発覚するまでは、疑問やツッコミどころも多数存在する作品なのですが、事実が発覚すればそれらの疑問やツッコミどころも消えてなくなるため、悪い点はありません♪

 

「ではどこから、急展開を迎えるのか?」

それは、「ピーター」が務める政府の管理する施設へと向かう道中、妻「アリス」が大怪我をします。

そこに宇宙人が現れ、「ピーター」たちは危機的状況へと直面するのですが、なんとか撃退し、宇宙人が被っているヘルメットを外すと、なんと人間が出てきます。

なんと「ピーター」たちが戦っていたのは、人間だったんですよね!

そして「ピーター」たちの正体。

これにも正直、驚きしかありません。

なんと「ピーター」たちは人造人間だったんですよ!

この事実が発覚した時、私の感情としては「…」でしたw

急展開すぎて、頭がついていかないとはこういうことなんだと感じさせられた展開でしたね!

 

タイトルにも入っている「地球奪還」

これの意味が、序盤と終盤で全く逆になるんですよね!

作品自体が「面白いか?」と聞かれると「うーん」となってしまう部分もありますが、よくできた作品だとは思います^^

スポンサーリンク

見事に騙されていましたw

そして、「今作のような事態がいずれ実際に起こるかも知れない」この可能性も、私は感じましたね!

なにせ、友人に、「陰謀論」のようなものが大好きな人物がおり、その友人から今作のような話は散々聞かされているのでw

このような事態だけは避けたいと思いますねw

 

エクスティンクション 地球奪還のキャストは?

今作「エクスティンクション 地球奪還」のキャストですが、今回は2人ほど紹介したいと思います^^

 

アリス役 リジー・キャプラン

ウィキペディアより引用

1982年6月30日 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス 生まれ

今作「エクスティンクション 地球奪還」では「アリス」を演じています。

顔はなんども見たことのある女優だったのですが、「どの作品だったのか?」思い出すことができず、今作を視聴しながらずっとモヤモヤした気分でいました。

そんな彼女が初めて映画に出演したのは2002年で、作品は「オレンジカウンティ」でした。

2年後の2004年には「ミーン・ガールズ」に出演。

そしてそれから4年後の2008年に、有名な作品「クローバーフィールド/HAKAISYA」に出演しています。

今作「エクスティンクション 地球奪還」と「クローバーフィールド/HAKAISYA」は、「宇宙から突如何かがやってくる」という面だと似ている部分はありますねw

そのあとは、このブログでも紹介している「ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー」や「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」などにも出演しています。

そちらの記事もぜひ見にきてくださいね♪

ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー/悪友トリオここに参上!!

グランド・イリュージョン 見破られたトリック/アイは常に諸君を見ている

 

ピーター役 マイケル・ペーニャ

ウィキペディアより引用

1976年1月13日 アメリカ合衆国 イリノイ州 シカゴ 生まれ

今作「エクスティンクション 地球奪還」では「ピーター」を演じています。

今作「エクスティンクション 地球奪還」を視聴し始めて、彼の顔が映し出された瞬間、「もしかしてアメリカ映画ではないの?」と思ったのですが、アメリカ生まれのバリバリのアメリカ人なんですねw

見たことのある顔ではありましたが、一瞬、「インド人」の方なのかと驚きました!

「インド映画あるある」の「謎のダンス」は見たくないですからねw

「マイケル・ペーニャ」氏が初めて映画に出演したのは1996年で、「元大統領危機一髪/プレジデント・クライシス」でした✨

目立った功績はありませんが、それ以降も数々の作品に出演していますね!

代表作に上がっているのは「ザ・シューター/極大射程」「エンド・オブ・ウォッチ」「フューリー」「アントマン」「オデッセイ」

これらの作品です^^

ちなみに2018年は3本の作品に出演予定ですよ!

また、テレビシリーズにも多数出演しているので、興味のある方はチェックしてみてください♪

 

エクスティンクション 地球奪還の結末は?

今作「エクスティンクション 地球奪還」の結末に関してですが、これといって話すことはないですねw

ただ、終わった感のある結末ではなかったので、「次回作があってもおかしくないかな?」そんな風に私は思いました✨

次回作があるのであれば、今回の続きをぜひ見たいと思いますね!

 

まとめ&評価

これで「エクスティンクション 地球奪還」のレビューは終了です。

今作「エクスティンクション 地球奪還」は、これといって話題になっている気配のない作品だっただけに期待はしていませんでしたが、個人的には良作だと思いますね!

もし話題になっていたのを私が知らないだけでしたら申し訳ありませんm(._.)m

先ほども言ったように、内容自体は見慣れた作品だと思いますが、設定は面白いでしかありません。

リアルに「…」となるほどに驚く展開が待っていましたからねw

よく出来た作品だと思います♪

 

エクスティンクション 地球奪還の評価は?

最後に、今作「エクスティンクション 地球奪還」に評価をすると3.5/5.0です。

期待以上の作品でした♪

欲を言えば、内容も少しひねりが欲しかったとは思いますが、設定自体が面白かったので、贅沢を言いすぎるのは良くないですね!!

次回作に期待して、今作「エクスティンクション 地球奪還」はこれで我慢しましょう!

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ