ワイルド・スピード EURO MISSION/ファミリーの絆

NAVERまとめより引用

ども、ライです♪

今回は「ワイルド・スピード  ユーロミッション」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

ワイルド・スピード  ユーロミッションの予告編

 

ワイルド・スピード  ユーロミッションの作品概要

制作年:2013年

制作国:アメリカ

上映時間:130分

配信サイト:Amazonプライムビデオ, dTV…etc.

原題:FAST & FURIOUS 6

監督:ジャスティン・リン

脚本:クリス・モーガン

制作:

出演キャスト:ヴィン・ディーゼル , ポール・ウォーカー , ドウェイン・ジョンソン , ジョーダナ・ブリュースター , ミシェル・ロドリゲス , タイリース・ギブソン , サン・カン , ガル・ガドット , リュダクリス , ルーク・エヴァンス , エルサ・パタキ , ジーナ・カラーノ

 

ワイルド・スピード  ユーロミッションのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「原点に戻りつつあった」です。

映画「ワイルド・スピード  ユーロミッション」は2013年に制作された作品で、前回の仕事で入手した大金で各々ひっそり暮らしてた「ドミニク」たちだったが、再び彼らの前に現れた捜査官「ホブス」の口から「レティは生きており、犯罪集団の一員となっている」と聞かされ、「ホブス」の目的である犯罪集団を壊滅させることを条件に「レティ」を救出する姿を描いた「アクション作品」です。

 

ワイルド・スピード  ユーロミッションのざっくりあらすじ紹介

でははじめに、今作「ワイルド・スピード  ユーロミッション」のあらすじをざっくりと紹介すると、

 

ブラジルで大金を盗み出した「ドミニク」たちは、手に入れた大金を山分けし、各々離れた場所で静かに暮らしていた。

ある日。

「ドミニク」が生活する自宅に、捜査官の「ホブス」が現れ、ここ最近、凄腕のドライバーたちが起こした事件を解決するのを手伝って欲しいと頼みにきた。

そして1枚の写真を「ドミニク」に見せる。

そこに写っていたいたのは、「ドミニク」が愛していた死んだはずの「レティ」

この写真は1週間前のものだと聞かされた「ドミニク」は、真実を確認せざるを得なかった。

 

そして「ホブス」の命令により、「ドミニク」のファミリーが集結させられる。

現在、追われる身である「ドミニク」たちは、今回の事件を手伝う代わりにこれまでの罪を帳消しにするという条件で、任務が始まった。

凄腕ドライバーたちが集結している犯罪組織のリーダー「オーウェン・ショウ」を確保するために奮闘するも、いつも相手が一枚上を行っており、なかなか追い詰めることができずにいた。

果たして「ドミニク」たちは「ショウ」を確保し、「レティ」を救出することができるのか…?

 

ワイルド・スピード  ユーロミッションの感想 原点に戻りつつあった?

そんな今作「ワイルド・スピード  ユーロミッション」ですが、先日、動画配信サイト「Amazonプライムビデオ」で視聴した作品です✨

全作までは「Netflix」でも配信されていたのですが、なぜか今作以降配信されていないという事実…。

動画配信サイトでは「Netflix」を一番推しているのですが、こういう部分は残念ですね💦

 

それはさておき、今作「ワイルド・スピード  ユーロミッション」ですが、相変わらずの安定したクオリティの作品でした👍

シリーズ6作目にあたる今作は、たしかにマンネリ感が否めない部分はあります。

でも、それ以上にやはり新しい作品が制作される度に、何かしらの変化を与えてくれていますね♪

今作「ワイルド・スピード  ユーロミッション」では「ブライアン」と「ミア」に子供が生まれ、ついに「ブライアン」もパパになっています✨

時の流れを感じますねw

そして今作のオープニングですが、これがまた素晴らしいんですよ!!

いい感じの洋楽に合わせて、これまでの過去を振り返るようなシーンが流れるのですが、これがここまでのシリーズで一番テンションの上がるオープニングなんです👍

ワイスピシリーズの曲のセンスの良さはこれまでもピカイチでしたが、まさかそこに映像も混ぜてくるとは視聴する前から視聴者の心を鷲掴みですね!

 

今作「ワイルド・スピード  ユーロミッション」にも捜査官の「ホブス」が登場します。

それも前作では「ドミニク」たちを追う立場だったにもかかわらず、協力を求めてくるという意外な展開でw

これもワイスピシリーズの恒例ですね!

前作での敵が今作での味方になるという王道のパターンは健在です👍

 

「ホブス」以外にも、「ジゼル」も今作には登場しますし、「ハン」もまだ東京に行っていません。

そして死んだはずの「レティ」も登場するので、今作はオールキャスト出演でした^^

あと、「ワイルド・スピード MAX」で登場するメキシコの麻薬王「ブラガ」も再び登場します。

さすがに味方ではありませんが、今作の敵である人物の情報を提供する立場で出演していました!

 

先ほど「マンネリ化が否めない部分はある」と話しましたが、今作よりこれまでのワイスピシリーズではなかった要素がいくつかあったので、それも紹介しておきましょう✨

まずは「コメディ要素」ですね!

これまでのシリーズでもなかったとは言いませんが、今作「ワイルド・スピード  ユーロミッション」では笑いポイントが結構な数で存在します。

個人的にこれは嬉しかったですね♪

これまで基本的にピリピリした雰囲気が多い作品だったので、冗談を言い合っている「ドミニクファミリー」の姿を見ていると、よりファミリー感が増しているように感じました👍

スポンサーリンク

もう1つは、「車を使わないアクションの増加」ですね!

ちなみに、前作ではなかったストリートレースのシーンが今作にはありました♪

ワイスピといえばストリートレースですからね!!

前作でなかったのが寂しかったので、今作で復活させてくれてよかったです👍

 

「車を使わないアクション」についてですが、プロレスラーとしても活躍する「ホブス」役の「ドウェイン・ジョンソン」が参加したことからか、激しいアクションシーンが増えているように感じました。

これもこれまでのシリーズではあまりなく、基本的に車を用いてのアクションシーンばかりだったので、新鮮味はありましたね!

これもワイスピシリーズがアクション作品として、より進化している証だと思いますし、前作にはなかった部分なのでちゃんと成長しているんだと実感することができました^^

 

ワイルド・スピード  ユーロミッションのキャストは?

今作でワイスピシリーズは6作目であり、主要人物はほとんど紹介していました^^

これまでに紹介している人物に関しては、紹介している記事を貼っておくので、そちらにぜひ見にきてくださいね!

 

ドミニク役 ヴィン・ディーゼル ブライアン役 ポールウォーカー

ワイルド・スピード MAX/最速のコンビ復活

ジゼル役 ガル・ガドット

ジャスティス・リーグ/彼が帰ってきた

ホブス役 ドウェイン・ジョンソン

ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル/帰ってきた、異世界

ミア役 ジョーダナ・ブリュースター ローマン役 タイリース・ギブソン

ワイルド・スピード MEGA MAX/金庫を盗み出せ!!

ハン 役 サン・カン

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT/東京を駆け抜けろ!!

ショウ役 ルーク・エヴァンス

10×10 テン・バイ・テン/隠された彼女の秘密…

 

それ以外で、今回は1人だけ紹介したいと思います^^

 

レティ役 ミシェル・ロドリゲス

ウィキペディアより引用

1978年7月12日 アメリカ合衆国 テキサス州 ベア郡 生まれ

今作「ワイルド・スピード  ユーロミッション」では「レティ」を演じており、ワイスピシリーズほぼ全作に出演しているほどの女優です。

いかにも気の強そうな目つきで、男勝り感が半端ではない彼女ですが、洋画ではよく見かける女優ではないでしょうか?

実は先日、レンタルビデオ店「TSUTAYA」に行った際に、彼女が主演の新作「レディ・ガイ」を見つけレンタルすべきか迷ったのですが、評価が3.0を切っている作品だっただけに、その時はレンタルしませんでした💦

似たような役柄をいつも演じているだけに、印象が強く残っている女優なのですが、私の中で一番印象が強いのは「ミラ・ジョボビッチ」主演の「バイオハザード」に出演している彼女なんですよね!

2000年に公開された映画「ガールファイト」に出演して以降、「ワイルド・スピードシリーズ」や「バイオハザードシリーズ」そのほかにもたくさんの映画に出演しています^^

ちなみに若い頃はトラブルばかり起こす問題児だったそうで、逮捕されたりもしたそうですw

役柄だけではなく、普段から何かと気が強いのでしょうw

興味のある方はぜひチェックしてみてください♪

 

ワイルド・スピード  ユーロミッションの結末は?

毎回恒例ですが、内容自体の結末に関して今作「ワイルド・スピード  ユーロミッション」も言うことはありませんw

ただ、シリーズで一番ド派手な演出だったと思います👍

戦車も登場しますし、飛行機も爆破しますw

間違いなくここまでのワイスピシリーズでは一番派手なラストだったでしょう!!

あとはあれですね、「ジゼル」が死んでしまいました💦

これはガッカリですね…。

まあワイスピシリーズは死んだ人間が生きていたという、今回の「レティ」のようなパターンもあるのでまだわかりませんが、恋仲だった「ハン」が報われないです。。。

ちなみに、今作の後が「ワイルド・スピードX3 TOKYO DORIFT」でした。

今まで散々、私なりに時系列を整理してきましたが、今回でやっとはっきりしましたw

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DORIFT」で疲れ切った感じだった「ハン」が、ああなってしまった理由が今作での出来事が原因となっているのでしょう💦

個人的に「ハン」は好きなキャラなので、なんだかこちらまで凹みます…。

 

まとめ&評価

これで「ワイルド・スピード  ユーロミッション」のレビューは終了です。

全作「MEGA MAX」で感じた悪い部分が、今作「ワイルド・スピード  ユーロミッション」では消えていたように思います^^

私が求めていた「カーレース」「派手なアクション」そして予想外の「コメディ感」

個人的には良くなっているように感じました👍

ただ、やはりマンネリ感は否めませんからね!

少し飽きている私がいたのも事実です💦

でも、次回作では私が大好きな俳優「ジェイソン・スティサム」が登場するんですよね!!

これはほんと期待に胸が膨らみます✨

それに「ワイルド・スピード3 TOKYO DORIFT」で「ハン」の身に起きた不幸の真実が次回作で明かされるのでしょう!!

 

ワイルド・スピード  ユーロミッションの評価は?

最後に、今作「ワイルド・スピード  ユーロミッション」に評価をすると4.0/5.0です。

とにかく次回作への期待がハンパじゃありません!!

この記事を書いている翌日ぐらいには次回作も視聴できるかと思うので、それを楽しみに明日も頑張りましょう👍

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ