ファイナル・デッドスクール/家族か?死か?

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ファイナル・デッドスクール」です。

 

ファイナル・デッドスクールの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

今作のタイトルに入っている「ファイナル」ですが、この他にも「ファイナル」とタイトルに入った作品は見たことがありますがシリーズなのでしょうかね?笑

まあB級の匂いがプンプンしていますが、早速レビューの方をしていきたいと思います。

今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

ファイナル・デッドスクールのあらすじ

主人公「ジム」には「ジンジャー」「ディクシー」という非常に仲の良い友人がいる。

「ジム」はこの二人のことをまるで家族のように思っており、いつも三人は一緒にいた。

ある日、三人で集まっている時に「ジム」がネットオークションで興味深い物を見つけてしまう。

「ジム」がネットオークションで見つけたのは「中に幽霊が入った箱」だった。

だが「ジム」はその時お金がなく、二人にお願いをしてお金を借りて三人でその箱を購入した。

後日、実際に三人の元へ、その箱は届いた。

「ジム」は箱を開ける前に「ジンジャー」「ディクシー」「願い事はないか?」と聞き、二人はそれぞれの願いを唱えた。

そして箱を開けると中には「古い女性の写真が入ったロケットペンダント」が入っていた。

箱を開けたその場では特に何も起こらなかったが、その後から不思議な出来事が「ジムたち」の周りで起こり始めた。

なぜか「ジンジャー」「ディクシー」が唱えた願い事が叶ったり、不可解な死亡事件が三人の周りで起こっていく。

初めは箱の事など気にもしていなかったが、あまりにも不可解な事が続き、三人はこの一連の事件と箱の関係性について違和感を感じ始めた。

スポンサーリンク

 

ここから先が気になる方はぜひご自身の目で見てみてください^ ^

 

ファイナル・デッドスクールの感想(ネタバレ注意!!)

まず一言で言うと「面白くない!!」で終わってしまいます。笑

見ている途中から退屈感に苛まれ、最後まで見終えるのが苦痛でした^^;

設定から実際の内容までありきたりすぎるのと、登場人物の馬鹿さ加減にイライラを覚えました。笑

そもそもこういったホラー作品は「幽霊が出てきて登場人物を不幸に追い込む」と言う定番のパターンではありますが、その中でも今作はなんの捻りもありません。

次に起こる展開が完全に予想できます。(登場人物は天然なのか全く予想がついていない模様…)

作品の中で「ジム」「ディクシー」が部屋で寝ている際に、いきなり部屋の中で何か大きな音がし、二人で音がしたところへ向かうと寝室のドアがロックされてしまい、今度は寝室から大きな音がし、音が鳴り止み寝室へ戻ると部屋がめちゃくちゃに…というシーンがあるのですが、二人はこれを「誰かが忍び込みやった」と他の学生に説明します。

「いや、そんなわけあるかと。笑」

どうやって一瞬で部屋をめちゃくちゃにし、壁によくわからないアルファベットをかけるのか?聞きたくなります。笑

この鈍感具合が逆に白々しい感を出してしまっており、「犯人はわかっているのに知らんふり〜」というような雰囲気に私は感じました。笑

特に主人公は作品のかなり終盤まで「箱のせいじゃない」と言っており、「ジム」に関してはかなりの天然さんのように思います。

もう1つ気になったのが、主人公三人の周りで死んでいく友人たちの死に様がCG感丸出しです^^;

この作品自体、2010年上映という事で、その頃にはそれなりのCG技術があったかと思うのですが、この作品はその時代に作られたとは思えないほどしょぼいCG技術が使われています。

お金の関係もあるのかとは思いますが、それだったら変に凝った殺し方をしない方が良いのでは?と思いました。

 

まとめ

これで「ファイナル・デッドスクール」のレビューは終了です。

なかなかの駄作っぷりで、悪い意味で予想を裏切らない作品でした。笑

個人的にはホラー作品が見たいのなら他にもっといいのがあるよ?という感じではありますが、気になる方は見てもいいかもしれませんね!

この作品に評価をすると2.0/5.0といったところです。

私はもう一度見る事はありません。笑

ただ1つ褒めれるとすれば「ジンジャー」役の「マシエラ・ルーシャ」さんがこの作品には勿体無いほど美人な方です。笑

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ