フィストファイト/放課後、決闘やるでぇ〜

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「フィストファイト」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

フィストファイトの予告編

 

フィストファイトの作品概要

制作年:2017年

制作国:アメリカ

上映時間:91分

配信サイト:Amazonプライムビデオ , Netflix(ネットフリックス) , dTV…etc

原題:Fist Fight

監督:リッチー・キーン

脚本:ヴァン・ロビショー , エヴァン・サッサー , マックス・グリーンフィールド

出演キャスト:クリスティーナ・ヘンドリックス(モネ) , アイス・キューブ(ストリックランド) , チャーリー・デイ(アンディ・キャンベル) , ディーン・ノリス , ジリアン・ベル(ホリー・グロスマン) , デニス・ヘイスバート , トレイシー・モーガン(クロフォード) , キム・ホイットリー , チャーリー・カーヴァー 

 

フィストファイトのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「そこそこコメディ」です。

映画「フィストファイト」は2017年に制作された作品で、臆病な教師「アンディ」と、彼とは正反対な性格の教師「ストリックランド」が、学校内で繰り広げる男と男の勝負を面白おかしく描いた「コメディ作品」です。

 

フィストファイトのざっくりあらすじ紹介

でははじめに、今作「フィストファイト」のあらすじをざっくりと紹介すると、

 

アメリカのメリーランド州にある「ルーズベルト高校」

明日は待ちに待った卒業式。

生徒たちは長かった学校生活から解放されると、大いに喜んでいた。

 

今日は高校最後の授業日。

学生たちが明日のことを考え喜んでいる中、この学校で教師として働く気弱な男性「アンディ」は、予算削減によって教師を減らす対策をとること知り、自身がクビになるのではないかとそわそわしていた。

妻と幼い娘、そして妻のお腹には赤ちゃんがいるという立場にある「アンディ」は、いま仕事を失うわけにはいかなかった。

 

そんな「アンディ」に1人の教師が声をかけた。

その教師「ストリックランド」は、気が短く、鬼教師として生徒たちも一目をおいている存在。

気弱な「アンディ」とは正反対の性格な「ストリックランド」は、「授業で使っているビデオデッキの調子が悪いため、様子を見てほしい」とのこと。

「ストリックランド」が授業を行っている教室に向かい、ビデオデッキを確認する「アンディ」だったが、どうやらビデオデッキに問題はなく、生徒が携帯のアプリを使っていたずらをしていたのだ。

それを知った「ストリックランド」は激怒し、廊下から持ってきた非常用の斧を手に、教室内を暴れまわった。

 

この一連の流れを知った校長は、「アンディ」と「ストリックランド」を呼び出し、事情を問いただした。

「予算削減でたくさんの教師が退職に追い込まれているタイミングで、問題を起こしたとなるとクビになる恐れがある」

そう考えた「アンディ」は、真実ではあるが「ストリックランド」が行った行為をすべて話し、「ストリックランド」はクビ宣告を受けてしまう。

事実ではありながらも、「裏切られた。教師は助け合うものだ」と、「ストリックランド」は「アンディ」に対して怒りを露わにする。

そして怒りを抑えられない「ストリックランド」は、放課後、決闘を行うことを「アンディ」に申し込む。

もちろん気弱な「アンディ」は逃げることを考えるが、教師同士の決闘があると、すぐに情報が拡散されてしまう。

 

あの手この手で、「ストリックランド」との決闘を逃れようとする「アンディ」だったが、いよいよその時が訪れる。

 

フィストファイトの感想 そこそこコメディ

そんな今作「フィストファイト」ですが、先日、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

以前からマイリストには追加していた作品だったのですが、この日までずっと忘れてまして、視聴する作品に悩んでいたところ発見し、視聴に至ったというわけです^^

 

今作「フィストファイト」にはコメディ映画の常連俳優たちが複数人出演しているんですよね!

「アンディ」役の「チャーリー・デイ」や「クレイジー・パーティー」の「ジリアン・ベル」など、そのほかにも、コメディ映画ではないにしろ、どこかで見たことのある俳優が多く出演している作品でした。

ちなみに、今作を視聴した方の感想を見ていると、どうやら「ストリックランド」役の「アイス・キューブ」氏がお目当てで視聴した方が多いようですね!

スポンサーリンク

強面な見た目からアクション映画などへの出演が多かった彼が、「コメディ作品だとどんな演技をするのだろうか?」と気になって視聴した方が多いようです。

私は彼のことは全く知らなかったのですが、知っている人は知っている俳優のようですね!

 

ではでは肝心の感想ですが、まあ良くある下ネタコメディ作品ですねw

下ネタはそこまで酷くないとは思いますが、家族で見るにはキツいレベルだとは思いますw

個人的には「ジリアン・ベル」が好きなので楽しく見ることができましたが、「好きな俳優が出演している」なんてことがない限りは、あえておすすめする作品でないのは確かだと思います。

悪くはないけど、見慣れた感があり、それの舞台が学校なだけ…という作品ですね!

決闘自体も最後の最後まで行われませんし、そこまではただひたすらにドタバタ劇を見せられている…そんな感じです。

ただ、「アンディ」たちと同じく教師役を演じている「クリスティーナ・ヘンドリックス」がバタフライナイフを振り回している姿は違和感がすごすぎて笑いましたねw

個人的にはあのシーンが1番お気に入りですw

 

フィストファイトのキャストは?

今作「フィストファイト」のキャストについてですが、「クリスティーナ・ヘンドリックス」さんは以前に公開した「キャンディージャー」の記事で紹介していますので、ぜひそちらに見にきてくださいね!

『Netflixオリジナル』キャンディージャー/大切なのはコミュニケーション

2018.04.29

で、今回紹介するのは「アンディ」役の「チャーリー・デイ」氏と「ホリー」役の「ジリアン・ベル」さんです^^

 

アンディ役 チャーリー・デイ

ウィキペディアより引用

1976年2月9日 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク 生まれ

今作「フィストファイト」では「アンディ」を演じています。

「俳優」「コメディアン」「脚本家」「プロデューサー」と手広く活動している「チャーリー・デイ」氏ですが、1979年より活動しており、初めて映画に出演したのは2002年に公開された「9デイズ」でした。

そのあとは、8年間映画への出演がなく、2010年に「モンスター上司」に出演。

その作品はこのブログ内でも公開していますので、ぜひ見に来てくださいね!

モンスター上司/立ち上がれ、世界中の部下よ!

2018.02.06

そして2013年に「パシフィック・リム」に出演。

こちらの作品で、彼のことを知ったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

あとは2014年に「モンスター上司2」に出演し、2018年の今年は「パシフィック・リム:アップライジング」に出演しています。

「パシフィック・リム:アップライジング」は「2018年10月11日」よりレンタルが開始されるみたいなので、興味のある方はチェックしておいてください^^

 

ホリー役 ジリアン・ベル

MOOvieLIVEより引用

1984年4月25日 ネバダ州 ラスベガス 生まれ

今作「フィストファイト」では「ホリー」を演じています。

2006年より活動している「ジリアン・ベル」ですが、始まりは即興コメディ劇団に参加したのがきっかけでした。

そして、このブログ内でも度々名前が登場している大人気コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」の脚本家として2009年から活動知しています。

ちなみに、1度は当番組のオーディションを落選しているそうですね。

基本的にコメディ作品への出演が多く、コメディ俳優として有名な「セス・ローゲン」「ジョナ・ヒル」「ジャック・ブラック」などと共演し、自身のキャリアを積み上げて来たようです^^

このブログ内で紹介している彼女が出演している作品の記事リンクを貼っておくので、ぜひ見にきてくださいね♪

クレイジーパーティー/イカれたパーティ開催

2018.06.03

ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー/悪友トリオここに参上!!

2017.09.22

グースバンプス モンスターと秘密の書/書いたものが現実に!?

2018.07.29

 

フィストファイトの結末は?

今作「フィストファイト」の結末ですが、これはわざわざ話すほどのことはないですねw

これもまあ予想の範囲であり、こういった作品での王道ラストだと思います^^

良くも悪くも無難な作品でした。

 

まとめ&評価

これで「フィストファイト」のレビューは終了です。

ぶっちゃけ期待していたよりか…な作品ではありましたねw

つまらないわけではないのですが、どうにも見慣れた感のある作品で、目新しいものがないんですよ。。。

何かずば抜けた部分が一箇所あればまた違ったのですが…。

まあ後の祭りですねw

 

フィストファイトの評価は?

最後に、今作「フィストファイト」に評価をすると3.0/5.0です。

それなりには楽しめる作品だと思うので、ながら見ぐらいなら十分満足できる作品ではないかと思いますね!

良作コメディが見たいのであれば、あえて私は今作をおすすめすることはないと思います。

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ