ファンハウス/超絶危険なお化け屋敷

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ファンハウス」です。

 

ファンハウスの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品は殺人事件を起こした凶悪犯が精神病院から脱走し、人々に襲いかかるという内容の作品となっています。

実際にこんなことがあったら、怖くてたまりませんよね?^^;

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います。

 

 

ファンハウスのあらすじ

ある日、精神病院にフリー記者である「クイン」という名の女性が取材に訪れた。

彼女が訪れたこの病院ではおおやけにできないことが非常にたくさんあり、それらを実際に自分の目で確認するためにやってきた。

彼女は病院に着き次第、この病院の責任者である「ケーン院長」に案内してもらい、病院内に隔離されている「凶悪殺人犯」を見せてもらえる。

この病院には五人の非常に凶悪な「殺人犯」が隔離されていた。

その数日後、町で殺人事件が起こる。

その殺人事件の被害者はなぜか目と口を糸で縫われていた。

同日、この町では大規模なハロウィンパーティーが予定されていた。

このパーティーというのが以前実際に起きた殺人事件をモデルにした設定となっており、若者たちはぜひどんなのか見てみたいとパーティーへ参加をした。

この町の飲食店でアルバイトをしている仲良し七人もこのパーティーに参加をする予定を立てていた。

この七人もパーティーへ参加するため、アルバイトを早めに切り上げて会場へ向かった。

その会場に着く頃には非常にたくさんの人がすでに集まっており、自分たちもすぐさま参加した。

会場で行われている催し物は非常にリアルで、オブジェクトと置かれている人形もまるで本物の人間のようだと喜ぶ七人。

だが、そんな時に七人のうちの一人がトイレに行ったきり、戻ってきていないことに気づく。

そこで全員で探そうということになり、その一人を探していると、見知らぬ女性に担がれているところを見かける。

急いで追いかける七人だが、メンバーがその先で見たものは…。

 

ここから先が気になる方はぜひご自身の目で見てみてください^ ^

 

ファンハウスの感想(ネタバレ注意!!)

正直に言いますが、この作品は期待して見るとひどい目に合います。笑

スポンサーリンク

あらかじめ期待をせずに、B級映画だろうぐらいの感覚で見るぶんには問題ありません。

むしろエルム街の悪夢のフレディー役で有名な「ロバート・イングランド」が出演しているので、フレディーファンにはたまらない作品かもしれません。

ただ純粋に「殺人鬼」系の作品を期待して見ると「時間の無駄だった…」と私は感じてしまいました^^;

登場する殺人鬼にはそれぞれ個性があり、「人肉愛好家」「殺人ピエロ」そして「死体剥製マニア」などこの1つのキャラで本来なら作品を1つ作ることが可能なキャラを惜しげ目もなく使っているのは高評価なのですが、それは形だけです。笑

何を言っているか伝わりにくいかと思いますが、これは実際に見ていただけると分かると思います。

それと流血シーンの多い今作ですが、作り物臭が半端ないです^^;

これもB級あるあるではありますが、それを理解して見ないと「いやいや笑」となること間違いなしの作品です。

特に殺人鬼のメンバーの中に筋肉ムキムキ大男がいるのですが、彼の人殺しのやり方が「そんな訳ないやん」というのと大男が所持しているクソでかいハンマーが「文化祭の催しグッズかな?笑」と思ってしまうクオリティーです。笑

とにかく突っ込みどころが満載の作品でした。

 

まとめ

これで「ファンハウス」のレビューは終了です^ ^

いやぁー、この作品は某映画アプリ「あなたにオススメ」というところで発見し見たのですが、このアプリはなぜこの作品を私のオススメしたのか?と聴きたくなるような作品でした。笑

普段B級作品は見ないので何を持って私にこれを勧めたのか正直戸惑いました。笑

まあ映画に関するブログを書いている以上、これからB級作品についても触れては行きますが、今作は心の準備ができていませんでした^^

見方によっては楽しめる作品だとは思いますし、B級作品としては優秀な方かもしれません。

ただ1つ言えるのは「B級作品」と理解してから見ることです!!

あと、ちょいちょい出てくるギャグやハロウィンということでキャストがコスプレをしているのですが、これらが個人的には全く笑えませんでした…。

今回の記事では悪いことばかりを書いていますが、あくまで個人の感想なのでご理解いただければ思います。

この作品に評価をすると2.0/5.0といったところです。

「B級作品」が好きな方にはおすすめしますが、単純に「殺人鬼系」の作品を探している方は他におすすめがありますよ!といった感じです^ ^

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ