『Netflixオリジナル』ゲームオーバー!/駄目男よ!いざ、ヒーローになる時が来た!!

『Netflixオリジナル』ゲームオーバー!/駄目男よ!いざ、ヒーローになる時が来た!!

ゲームオーバー! 感想(ネタバレあり)

*見出しはTOPのタイトルをクリック

ども、ライです♪

今回レビューする作品はこちら!!

「ゲームオーバー」です^ ^

 

*作品情報

・予告編はこちら

映画「ゲームオーバー!」は2018年に制作された作品で、ダメ男3人組が勤務する高級ホテルがテロリストに占拠され、何をやらしてもダメだった3人組がホテルを守ろうと奮闘する姿を描いた「アクション・コメディ作品」です。

また今作「ゲームオーバー!」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

制作年:2018年

制作国:アメリカ

上映時間:

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

監督:カイル・ニューアチェック

脚本:アンダーズ・ホーム

制作:ポイント・グレイ・ピクチャーズ

出演キャスト:アダム・ディヴァイン , ブレイク・アンダーソン , アンダーズ・ホーム , ジェレ・バーンズ , ロックリン・マンロー , ニール・マクドノー , スティーヴ・ハウイー , シュガー・リン・ビアード , クロエブリッジス , クロリス・リーチマン , アヤ・キャッシュ

スポンサーリンク

・あらすじ

夢だけは大きいが実績を伴わないダメ男3人組。けど、勤務先の高級ホテルがテロリストに占拠され、クールな戦士として立ち上がる。今こそヒーローになる大チャンス!?
 
Netflix(ネットフリックス)公式サイト:https://www.netflix.com/jp/title/80169617
 

スポンサーリンク

*感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「すべてが過激」です。

映画「ゲームオーバー!」はこの記事の初めでもお話ししたように、2018年に制作された作品で、ダメ男3人組が勤務する高級ホテルがテロリストに占拠され、何をやらしてもダメだった3人組がホテルを守ろうと奮闘する姿を描いた「アクション・コメディ作品」です。

また今作「ゲームオーバー!」は「ネットフリックスオリジナル作品」です。

 

・ゲームオーバー! 内容

まずは今作「ゲームオーバー!」の内容についてざっくりと説明すると、

ビッグになる夢を持ちながら、高級ホテルのウェイターとして働く3人のダメ男。

今日もいつもと同じように仕事に専念せず、ホテルを訪れていた「富豪の男性」に投資の話を持ちかけていた。

そんなところをホテルの支配人に見つかってしまい、3人は仕事をクビになり、ホテルから出て行くよう告げられる。

3人が出て行こうとする傍ら、テロリスト集団がホテルへ到着。

テロリスト集団の目的は、3人が投資を提案した「富豪の男性」の財産だった。

エレベーターに乗ってホテルを出て行こうとした3人は、テロリスト集団のメンバーの見てはいけない場面を見かけてしまう。

急いでホテルを出ようとするも、すでにホテルは占拠されており、3人も追われる身となってしまった。

逃げることを諦めた3人は、現状を打破するためにあの手この手を使って、テロリストたちに抵抗を見せ初めた。

果たして3人は、テロリストたちの手からホテルを救う事ができるのか?

 

みたいな作品でした^ ^

 

・すべてが過激!?

そんな今作「ゲームオーバー!」ですが、

まずはじめに言えるのは「すべてが過激」です^^;

「えっ、意味わからんねんけど」となった方へ。笑

見てもらうのが一番早いとは思うのですが、かなりパンチの効いた作品です。

そもそも「大人向け」とされている今作「ゲームオーバー!」ですが、そう謳っているからにはそれなりの理由があるはず…。

それは私も理解しているつもりでした^^;

ですが、そんな私の理解を上回ってきたのがこの映画「ゲームオーバー!」です。

正直言って「Netflix攻めるねぇ〜」この一言に尽きる作品でした。笑

率直な感想「面白い」です!!

個人的にはおすすめしておきます^ ^

笑いのタイプで言えば、私が大好きな「ハングオーバー!シリーズ」に近い風に感じました。

一緒にすると「ハングオーバー!シリーズファン」の方に怒られるかもしれませんが、

複数のちょっとずれた感情を持った男たちが集まり、問題解決のためずれた感情で立ち向かって行く。

一見、不可能にも関わらず、最終的には解決出来てしまう感じも、「ハングオーバー!シリーズ」と似た雰囲気を私は感じました^ ^

もちろん「ハングオーバー!シリーズ」と似ていると言うからには、笑える作品です。

一体、何度笑わせられたか…。笑

ただ、今作の笑いは下ネタが多いので、見る人を選ぶタイプの「コメデイ作品」ですね^^;

間違いなく子供には見せれない作品でしょう。笑

普通に男性の大事な部分が映りますから^^;

しかもモザイクなしで…。笑

しかも映るだけではなく、思わず「えっ?」となる事間違いなしなシーンや、男性なら目を塞ぎたくなるシーンもあったりしますので、

下ネタが嫌いな方は注意して見ていただくか、今作「ゲームオーバー!」はスルーしておくべき作品かと思います。

まず1つ目の過激要素が「下ネタ」に関してなのですが、

2つ目の過激要素は「グロテスクな表現」です。

これもまた人を選んでしまう理由となってしまうでしょう^^;

なぜ今作「ゲームオーバー!」はこんなにも人を選んでしまう作品に作ったか?

ほんと不思議です。笑

「グロテスクな要素」に関しては、久々に目を背けたくなるようなシーンがあったりしました^^;

というか男性不利なグロテスク表現なので、男性の方であればまず共感していただけるでしょう。笑

それ以外にも「スプラッター的要素」や「見ていて痛い要素」なども盛りだくさんな作品なので、

これも苦手な方はくれぐれも注意して見てくださいね^ ^

この2つの要素「下ネタ」と「グロテスク表現」が度を超えていると私は感じたからこそ、今作「ゲームオーバー!」は「過激すぎる」

そう感じた作品でした^ ^

 

・ゲームオーバー! キャストは?

次にお話しするのは、今作「ゲームオーバー!」に出演しているキャストについてです。

まず1人目は「アダム・ディヴァイン」氏です^ ^

映画.comより引用

1983年11月7日 アメリカ合衆国 アイオワ州 ウォータールー生まれ

「アダム・ディヴァイン」氏は学生生活を終えた後、スタンダップ・コメディアンとしてキャリアをスタートさせました。

友人たちと撮影した映像を動画サイトやSNSなどに投稿し、知名度を上げていき、2007年に「コメディ作品」の「ママ男」という作品の端役で初の映画出演を果たします。

その後もいくつか映画には出演しており、有名どころだと「ミュージカル・コメディ作品」の「ビッチ・パーフェクト」がありますね^ ^

ちなみに「ビッチ・パーフェクト」は「Netflix」で配信されているので気にはなっているのですが、まだ見れていない作品です^^;

このブログ内で「アダム・ディヴァイン」氏が出演している作品が1作だけ「理想の男になる方法」があるので、興味のある方はぜひ♪

理想の男になる方法/愛する女性を射止める方法!?

 

次に紹介するのは「ニール・マクドノー」氏です^ ^

Wikipediaより引用

1966年2月13日 アメリカ合衆国 マサチューセッツ州 ドーチェスター生まれ

「ニール・マクドノー」氏は「テレビ」や「映画」への出演もたくさんあり、主役級で配役されている映画を私は見た事がないと思うのですが、

なぜか顔がしっかりと頭に残っている方なんですよね!笑

経歴自体もパッと見た感じそこまで大きなものはありませんが、

1991年に舞台「Always Alone」で「Dramalogue Best Actor Award」という賞を受賞した経歴はあるようです。

英語が苦手な私は読み方すらわかりませんが…。笑

私が知っている「ニール・マクドノー」氏が出演している作品だと、

「RED リターンズ」「キャプテン・アメリカ/ザ ・ファースト・アベンジャー」「1922」ですね!

このうち「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」と「1922」はこのブログ内でも紹介しているので興味のある方はぜひ♪

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー/彼こそがヒーロー

『Netflixオリジナル』1922/妻を殺した男…

 

・ゲームオーバー! 結末

次にお話しするのは今作「ゲームオーバー!」の結末についてです^ ^

正直言ってわざわざ話すほどの内容の事でもないかと思うのですが、

まあハッピーエンドです。笑

この感じの作品でバッドエンドなんてありませんし、想像のつくとおりの結末です!!

個人的には好きな感じでしたけどね♪

なんだかんだで全て解決してしまう感じも「ハングオーバー!シリーズ」と似ていて、最後にはスカッとした気持ちになれる作品でした^ ^

・ゲームオーバー! 続編がある!?

いつもなら「結末」が最後になるのですが、今回はまだ続きがあります!!

それも割と重要なお話です!!

これに関しては最後まで見ていればわざわざ聞く必要もない話なのですが、

実は続編があるっぽい…んですよね♪

ダメ男3人組が巨万の富を得て、友人たちとクルーザーでパーティをしているシーンが最後で映されるのですが、

そんな彼らが乗っているクルーザーに武装した海賊のような人物たちが接近しているシーンが映され、

次回「ゲームオーバー! ザ・ボート」

と画面に表示されます。

これが本当なのか?それとも制作側の遊び心なのか?ははっきりとわかりませんが、近々公開されるというような事が書かれていました。

もしそうだとすれば、私は見る一択ですがね♪

もしそのシーンを見逃していた方のためにお知らせでした^ ^

スポンサーリンク

*まとめ

これで「ゲームオーバー!」のレビューは終了です。

個人的には好きな作品です♪

下ネタが好きな方にはぜひおすすめしたい「コメディ映画」です^ ^

できれば「下ネタ」が嫌いな方にも見て欲しいと思う作品なのですが、不愉快な気持ちになった場合の責任は取れないのでおすすめできません。笑

何度も言いますが個人的には楽しめた作品でした。

「ハングオーバー!シリーズ」が好きな方にはまず楽しめる作品ではないかと思います^ ^

今作「ゲームオーバ!」に評価をすると4.0/5.0です。

またこの記事内でも何度かお話ししていますが、今作「ゲームオーバー!」は「Netflixオリジナル作品」です。

なのでレンタルショップなどでは取り扱っておりません。

くれぐれも無駄足を運ばないようご注意を!!

では今回はこの辺で♪