『Netflixオリジナル』ガールフレンドデイ/人の心に届く素敵な言葉

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ガールフレンドデイ」です。

 

ガールフレンドデイの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「ガールフレンドデイ」は2017年に製作された作品で、「ボブ・オデンカーク」氏が主演・製作・脚本の粋な「ダークコメディ作品」です。

 

製作年:2017年

製作国:アメリカ

監督:マイケル・ポール・スティーヴンソン

脚本:ボブ・オデンカーク

製作:ボブ・オデンカーク

出演キャスト:ボブ・オデンカーク , アンバー・タンブリン , ステイシー・キーチ , アレックス・カルポスキー , ケビン・オグラディ , リッチ・ソマー

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

ガールフレンドデイのあらすじ

グリーティングカード作家が映画スターのようにもてはやされる街で、かつてはキングだったロマンス作家のレイ・ウェントワース (ボブ・オデンカーク)。そこへ新しい祝日”ガールフレンドデー”が制定され、完璧なカードを募集するコンテストが開催されることに。過去の栄光を取り戻そうと一念発起したレイだが、ひょんなことから殺人と策略の渦に巻き込まれてしまい…。 Filmarks:https://filmarks.com/movies/72647

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「何が何だか…」です。

この作品「ガールフレンドデイ」は「Netflixオリジナル」の「コメディ作品」です。

 

ガールフレンドデイ 感想 グリーティングカードとは?

内容は「あらすじ」の部分で記載したような内容の作品なのですが、そもそも私たち日本人には今作のキーアイテムとなる「グリーティングカード」というものはどちらかと言うと無縁気味な物であるかと思います。

イメージとしては「クリスマスカード」や「誕生日カード」などは私たちの身近にもある物ではありますが、やはり今の時代は「SNS」などを使ってお祝いメッセージを送るといったことが当たり前化しているので、私の周りでは全く見ないアイテムとなっています^^;

スポンサーリンク

そんな「グリーティングカード」の文章を考える作家であり、かつてはかなり有名だった「レイ・ウェンストワース」が「グリーティングカード」の内容を巡った思わぬトラブルに巻き込まれていく…というような内容なのですが、先ほどもお話ししたようにそもそも私自身「グリーティングカード」とは無縁の生活を送っています。笑

そんな私にとってなおさら今作では感情移入できず、全くよくわからない作品といった印象を受けてしまいました…。

私にとって今作「ガールフレンドデイ」の内容はあってないようなもの…。

では「コメディ要素」に期待するしかありません!!

ですが、その部分も全く期待に応えてくれず…。

多分笑いを狙ってきているだろうな…と感じるポイントはちょいちょいあったのですが、シンプルに面白くないです^^;

こうなってくるとどこにも期待はできず、結局最後までつまらない作品として終わってしまいました。

 

ガールフレンドデイ 結末

最後に今作の結末についてですが、まあ別に普通の結末でした。笑

ずっと優れた作品をかけていなかった「レイ」が、最後にとんでもない「グリーディングカード」を完成させ、それが世の中に出回り人々の心に感動をもたらす…みたいな結末です^ ^

ですが、見ているこちら側をかなり煽った挙句、実際の内容は未公開という部分には残念でした^^;

実際に私たちの心を動かす自身はなかったのかもしれませんね。笑

 

まとめ

これで「ガールフレンドデイ」のレビューは終了です。

言わなくてもここまでこの記事を見てくれた方にはわかると思いますが、残念な作品です。笑

作品時間が1時間少しと珍しい作品だと思い、サクッと見れる作品だったのでそこまでストレスも溜まりませんでしたが、もしこれが1時間40分とか2時間もある作品だったら途中でリタイアしていたでしょう^^;

この作品に評価をすると1.5/5.0といったところです。

褒めれる点は1時間少しという短い時間にギュッと凝縮してくれている点だけです。笑

個人的にはどなたにもおすすめできない作品ではありますが、「グリーティングカード」に特別な思い入れがある方なら見ても良いかもしれませんね!

ただし、期待はせずに見てください^ ^

ちなみに先ほどもお話ししたように今作は「Netflixオリジナル作品」です。

なのでレンタルショップなどでは取り扱っておらず、観賞するためには「Netflix」への登録が必須です。

レンタルショップへ無駄足を運ばないようご注意を!!

言うまでもありませんが間違いなくおすすめしない作品です。笑

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ