グッド・タイム/囚われた弟を助け出す!!

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「グッド・タイム」です。

 

グッド・タイムの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「グッド・タイム」は2017年に制作された作品で、東京国際映画祭で「東京グランプリ」と「最優秀監督賞」を受賞した「ジョシュア&ベニー・サフディ兄弟」が「監督」&「脚本」を手がけた「クライム・サスペンス作品」です。

 

製作年:2017年

製作国:アメリカ

上映時間:101分

原題:Good Time

配信サイト:U-NEXT ,  Netflix(ネットフリックス)…etc.

監督:ジョシュア・サフディ , ベニー・サフディ

脚本:ロナルド・ブロンスタイン , ジョシュア・サフディ

製作:パリス・カシドコスタス・ラトシス , テリー・ダガス , セバスチャン・ベア=マクラード , オスカー・ポイソン

出演キャスト:ロバート・パティンソン , ベニー・サフディ , バディ・デュレス , タリア・ウェブスター , バーカッド・アブディ , ジェニファー・ジェイソン・リー

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

グッド・タイムのあらすじ

ニューヨークの最下層で先の見えない生活を送る青年コニーと弟ニック。ある日2人は銀行強盗をしようとするが、ニックだけが逮捕され刑務所へ送られてしまう。ニックが刑務所内でいじめられ、暴れて病院へ移送されたことを知ったコニーは、弟を救うため病院へ忍び込むが……。

映画.com:http://http://eiga.com/movie/87081/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「私には合わない」です。

この作品「グッド・タイム」はこの記事の初めでもお話したように、2017年に制作された作品で、東京国際映画祭で「東京グランプリ」と「最優秀監督賞」を受賞した「ジョシュア&ベニー・サフディ兄弟」が「監督」&「脚本」を手がけた「クライム・サスペンス作品」です。

この「ジョシュア&ベニー・サフディ兄弟」という人物は、以前に「神様なんかくそくらえ」という作品の監督を務めた事で一躍有名になった人物との事ですが、私は「神様なんかくそくらえ」という作品は見ていません^^;

今作「グッド・タイム」のレビューを見ていると、

「神様なんかくそくらえを楽しめた方なら、間違いなく楽しめる」

などの意見をちらほら見かけました^ ^

そんな今作「グッド・タイム」を見て私が感じたのは、

「私には合わない」

 

まあそれについてお話する前に、簡単に今作「グッド・タイム」の内容についてお話すると、

主人公は2人の兄弟です。

兄「コニー」と、弟「ニック」

弟の「ニック」は知的障害を持つ成人男性

2人は黒人男性のマスクを被り、銀行へと強盗に押し入ります。

銀行に着くなり、受付を担当している女性に6万5千ドルもの大金を要求し、金を受け取ると路地へと逃げ込む。

そこで着替えを済ませ、持ち物は現金だけの状態にし、手配していた車へと乗り込みます。

運転手に目的の地を伝え、その地へと向かうのですが、現金の入ったカバンの中には金と一緒にペイントボールが仕掛けられており、それが車の中で爆発。

全身についたペイントを落とすために、近くにあったショップのトイレへと逃げ込む2人。

そしてある程度ペイントが落とせたところで、トイレから出た2人でしたが、歩いているとそばを通ったパトカーに止められてしまいます。

その瞬間、弟「ニック」は走り出し、それを追いかけるように「コニー」も走り出します。

しかし2人は逸れてしまい、弟の「ニック」のみが警官へ捕まり、刑務所へと連行されてしまいます。

捕まらなかった兄「コニー」は、弟が逮捕された事を知って、釈放させるために保釈金を支払うための場所へと向かいます。

ですが、銀行から盗んだ金のほとんどはペイントがついてしまい、使えない状態になってしまっていたため、保釈するためには1万ドルが足りないという状態にありました。

その頃、弟「ニック」は囚人たちとトラブルを起こし、それが喧嘩へと発展。

怪我をした弟「ニック」は病院へと搬送されてしまっていました。

金が足りず、弟の保釈金を用意できない兄「コニー」は、友人女性の自宅へと足を運びます。

その女性に本当の事情は話さず、3000ドルを貸して欲しいと交渉し、女性が納得したところで、先ほどの保釈金を支払う場所へとまた戻ります。

スポンサーリンク

しかし、そこで3000ドルではなく、10000ドル必要だと聞かされた女性は、一瞬戸惑いを見せるも、渋々カードで支払おうとします。

しかし、ここまできてカードが使えないという自体なり、またしても振り出しに戻る形に…。

結局、金が用意できない「コニー」は、「ニック」の入院する病院へと忍び込み、連れ出す事を計画します。

果たして「コニー」は、弟「ニック」を助け出すことができるのか?

 

みたいな感じの作品です^ ^

 

グッド・タイム 感想 何がしたいのかわからない

そんな今作「グッド・タイム」ですが、

まず私が思っていたような作品とは全く違いました^^;

捕まった弟を助け出すために、

「綿密な計画を立て救出!!」

みたいな感じなのかと思いきや、とにかく行き当たりばったりです。笑

この感じが個人的には全く受け入れる事ができず、

行き当たりばったりで行動するがゆえに、失敗に終わる事ばかり…。

「何がしたいのか?」

「私は何を見せられているのか?」

そんな気分にしかならず、本当に退屈な1時間40分でした。

製作者が必要だと思って入れた話も、私からすれば余計な部分としか感じることができず、もっと「ギュッ」と短縮して、

「1時間20分ぐらいの作品にすればいいのに…」

としか思えませんでした^^;

 

そして次にとにかく「雰囲気が暗い」というのも、個人的には受け付けないポイントでした。

暗い作品が嫌いなわけではありません!!

それはそれでありなのですが、今作「グッド・タイム」での「暗い雰囲気」は、

「ただ暗いだけ」

な風に私は感じてしまい、作品と合ってないとは言いませんが、なんか違和感のような物をずっと感じていました^^;

そもそも「夜のシーン」が多い作品だったので、必然的に雰囲気が暗くなってしまうのはわかるのですが、そうだとしても

「ちょっとやりすぎでは?」

と私個人的には感じてしまいました。

 

ちなみにですが、今お話しした

「何がしたいのかわからない」「暗い雰囲気」についてですが、

私個人的には受け付けないポイントだったのに対して、ネット上の評判では、この部分が高く評価されている傾向にありました。

これは正直衝撃を受けたポイントです^^;

映画にも関わらず、「自分は何を見せられているのだろう」と感じる事に対して、喜びを感じてしまうという私とは全く違う感性を持った方がいらっしゃるなんて…。

まあこれだから面白いんですけどね♪

100人いれば100人の感想があるのが、映画ですから^ ^

ただこのブログを始めてから、1番の衝撃を受けた出来事でした♪

 

グッド・タイム 結末

そして最後に、今作「グッド・タイム」の結末についてですが、

何度も弟「ニック」を助けだそうと考える「コニー」でしたが、結局「コニー」は逮捕されてしまいます。

逮捕に至るまでに、たくさんの出来事があったのも虚しく、結果としては逮捕…。

そして弟「ニック」は知的障害を患っているという事もあって、責任能力がないと判断されたために釈放処置となります。

そして弟「ニック」は散々嫌がっていたグループホームのような場所に参加する事になり、自分と同じような障害を患った人たちと交流していく…。

みたいな感じの結末でした^ ^

この結末に、

「なおさら1時間40分も何を見せられたの?笑」

と感じてしまいました^^;

結局、制作側の意図が私には伝わって来ず、最後の最後までよくわからない感じで終わってしまいました。笑

 

まとめ

これで「グッド・タイム」のレビューは終了です。

まあ期待以下な作品でしたね。笑

私には合わない作品としか言いようがありません^^;

ですが、評価自体は悪くない作品なのです!!

評価されている数自体、少ない作品ではあるのですが…。

私には合わない作品でしたが、合う人にはかなりマッチする作品ではないかと思いますね♪

この作品「グッド・タイム」をおすすめするとすれば、

「神様なんかくそくらえが良作だと感じた方」

「この記事の内容を見て、まだ興味のある方」

には良い作品かと思います^ ^

逆におすすめしないのは、

「神様なんかくそくらえが駄作だと感じた方」

にはおすすめできない作品ですね!!

この作品に評価をすると1.5/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ