グレイテスト・ショーマン/夢が踊りだす。

 

グレイテスト・ショーマン 感想(ネタバレあり!!)

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「グレイテスト・ショーマン GREATEST SHOWMAN」です。

 

作品情報

グレイテスト・ショーマンの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「グレイテスト・ショーマン」は2017年に製作された作品で、19世紀にアメリカに実在した興行師「P・T・バーナム」氏の半生を、「ヒュー・ジャックマン」氏が演じ製作された「ミュージカル映画」です。

 

制作年:2017年

制作国:アメリカ

上映時間:105分

原題:The Greatest Showman

監督:マイケル・グレイシー

脚本:ジェニー・ビックス , ビル・コンドン

制作:ローレンス・マーク , ピーター・チャーニン , ジェンノ・トッピング

出演キャスト:ヒュー・ジャックマン(P・T・バーナム) , ザック・エフロン(フィリップ・カーライル) , ミシェル・ウィリアムズ(チャリティ・バーナム) , レベッカ・ファーガソン(ジェニー・リンド) , ゼンデイヤ(アン・ウィーラ) , キアラ・セトル(レディ・ルッツ) , ヤヒヤ・アブドゥル=マーティン2世(W・D・ウィーラー) , サム・ハンフリー(トム) , エリック・アンダーソン , ポール・スパークス , バイロン・ジェニングス , ベッツィ・アイデム

 

では今回も「あらすじ」+「感想(ネタバレあり)」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

グレイテスト・ショーマンのあらすじ

貧しい家に生まれ育ち、幼なじみの名家の令嬢チャリティと結婚したフィニアス。妻子を幸せにするため努力と挑戦を重ねるフィニアスはやがて、さまざまな個性をもちながらも日陰に生きてきた人々を集めた誰も見たことがないショーを作り上げ、大きな成功をつかむ。しかし、そんな彼の進む先には大きな波乱が待ち受けていた。

映画.com:http://eiga.com/movie/86306/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「ぜひ見て欲しい」です。

この作品「グレイテスト・ショーマン」はこの記事の初めでもお話ししたように、2017年に製作された作品で、19世紀にアメリカに実在した興行師「P・T・バーナム」氏の半生を、「ヒュー・ジャックマン」氏が演じ製作された「ミュージカル映画」です。

 

グレイテスト・ショーマン 内容

では早速、今作「グレイテスト・ショーマン」の内容について説明すると、

 

仕立て屋の息子として貧しい環境の中育てられた「バーナム」

父の仕事について行った先で出会った少女「チャリティ」に想いを寄せていた。

「チャリティ」はと言うと「バーナム」とは違って裕福な環境で育ち、いわゆる上流階級の少女だった。

この日も「チャリティ」の自宅へと向かい、いつものように「チャリティ」をからかっていると、「チャリティ」の父親に頬を打たれ「娘に近寄るな」と告げられる。

しばらくして「チャリティ」は「花嫁学校」へと行かされる事になった。

遠く離れた「チャリティ」と手紙だけでやりとりする日が続く。

父が死んだ「バーナム」は、より貧しい生活を強いられた。

 

大人になった「バーナム」は「チャリティ」と結婚し、2人の娘も授かった。

裕福とは言えなくとも、幸せな生活を送る4人。

しかしある日、「バーナム」の務める会社が不運に見舞われ、倒産してしまう。

もちろん「バーナム」もクビになってしまい、職を失ってしまった。

クビになった事を「チャリティ」に告げるも、非難されるのではなく、むしろ応援してくれた。

何かを始めようと銀行に融資を頼み、自身が所持していた貿易船を担保に1万ドル借りた。

その金で博物館を買取、「バーナム博物館」と名付けた。

客を呼び、利益を出そうと考える「バーナム」だったが、なかなかうまくはいかなかった。

次第に家計は苦しくなり、生活は貧しいものへと変わっていった。

ある夜。

娘に呼ばれた「バーナム」が娘から言われた一言が現状を変えるきっかけになった。

それは「博物館は死んだ物ばかり。生きた物が必要だと。」

「バーナム」は融資を求めに行った銀行で出会った以上に背丈の小さい青年「チャールズ」の自宅へと向かう。

そして「私のショーへ出て欲しい」

そう話した。

それからも「バーナム」は一癖も二癖もある少し変わったユニークな人たちを集め始めた。

そしてそんな彼らを宣伝するチラシを街中の至る所に貼り付けた。

そして「バーナム」主催のショーが開催される。

ショーは大盛況だったが、そんな彼らを良いように思わない連中もいた。

だが「バーナム」はその環境を更に活かし、巨額の富を築き上げた。

「バーナム博物館」は姿を変え「P・T・バーナムのサーカス」と名付けられた。

成り上がった「バーナム一家」だったが、根っからの上流階級だった貴族たちには嫌われていた。

「バーナム」は上流階級の人々も客に取り込みたいと考え、そういった人々と交流のある男性「フィリップ」に協力を申し出る。

初めは「リスクがある」と断っていた「フィリップ」だったが、利益を10%渡す約束で、手を組む事が決まる。

順調に思えた「バーナム」だったが、このまま一筋縄というわけにはいかなかった。

果たして「バーナム」の身に何が…?

 

みたいな作品でした^ ^

 

P・T・バーナムとは?

そんな今作「グレイテスト・ショーマン」ですが、

実際に存在した興行師「P・T・バーナム」の半生を元にした作品であり、

実話の作品となります。

「P・T・バーナム」の情報については「ウイキペディア」に載っているので興味のある方は1度見にいって見てください^ ^

*Wikipedia:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/P・T・バーナム

 

では本題である「グレイテスト・ショーマン」の公開日はこの記事を書いている今日「2018年2月16日」

朝イチ見てきたホカホカの作品です♪笑

そして監督は「マイケル・グレイシー」氏

この方は今現在では今作「グレイテスト・ショーマン」以外の監督を務めた事がないようですが、

初の監督作が今作「グレイテスト・ショーマン」でこのクオリティだとすると、

今後大注目の監督ではないかと思います^ ^

 

曲のセンスはピカイチ!?

 

そしてもう1つ、今作「グレイテスト・ショーマン」は「ミュージカル映画」であり、作品内ではたくさんの音楽が使用されています。

その数々の音楽を手がけたのは「ララランド」も手がけた「ベンジ・パセック」氏と「ジャスティン・ポール」氏です、

このブログでは「ララランド」のレビューもしましたが、内容は別として曲は非常に良かったと感じた記憶があります。

ついついノってしまうような曲が多く、それは今作「グレイテスト・ショーマン」でも同じで使用されている曲のセンスはピカイチです!!

スポンサーリンク

この記事の初めに貼ってある今作「グレイテスト・ショーマン」の予告だけでも、ついついうずうずしてしまうのではないかと思いますね♪

ぜひ予告編だけでも見てください^ ^

 

キャストも豪華すぎる!!

 

次に今作「グレイテスト・ショーマン」のキャストに関する話ですが、

これがまた豪華なキャストで制作されています!!

 

まず「X MEN ウルヴァリンシリーズ」にも登場している「ヒュー・ジャックマン」氏

「ヒュー・ジャックマン」氏と言えば個人的には「ウルヴァリン」でのイメージが強く、どちらかと言えば怖いようなイメージの方でした。

それが今作「グレイテスト・ショーマン」では完全に覆されます!!

「バーナムサーカス」の団長として自身の務めを果たしている姿、愛する妻や子供たちと笑顔で接する姿は、私の知っている「ヒュー・ジャックマン」氏ではなく、完全に別の誰かでした^ ^

もちろんいい意味でですよ♪

そんな彼の姿が見れる今作「グレイテスト・ショーマン」は、ある意味貴重な作品ではないかと思います。

そしてもう1人「ザック・エフロン」氏

元祖「ミュージカル映画(個人的にです。笑)」である「ハイスクール・ミュージカル」に出演した経歴があり、少し前にブログ内で紹介した「ウィー・アー・ユア・フレンズ」で「DJ役」も演じていた彼ですが、

相変わらずの男前で、演技もバッチリ♪

「ザック・エフロン」氏の出演している作品の経歴を見ていると、

音楽に関わっている作品が多く感じるので、本人自身も音楽が好きなのかな?と思いました^ ^

今作では「ザック・エフロン」氏が演じる「フィリップ」にも注目が必要です!!

 

すいません、後もう1人だけ気になるというか今キテいる女優さんがいました。

それは「ゼンデイヤ」さんです^ ^

まだ出演している作品も多くなく、

有名な作品で言うと「スパイダーマン ホームカミング」にて「ミシェル」役を演じていましたね!!

私の記憶が正しければ「ミシェル」は確か「MJ」の立ち位置だったと思うので、

今後期待されている女優さんではないのかと思います^ ^

ちなみ「1996年生まれ」で私の3つ下なのだとか。笑

美しさと可愛さも兼ね備えた「ゼンデイヤ」さんにぜひ注目を♪

 

あなたを虜にする音楽!?

 

そして次にお話しするのは、今作「グレイテスト・ショーマン」で使われている曲についてですが、

たくさんの音楽が使用されている中、

やはりメインは主題歌の「this is me」

 

この曲は今作「グレイテスト・ショーマン」の予告編でも使われている曲であり、

今作では1番のメイン曲になります^ ^

ただでさえ良い曲にも関わらず、使い方が上手いので曲の良さが倍増しているのですよね♪

ちなみにですが、今作「グレイテスト・ショーマン」のサウンドトラックのレンタルに関してもお話しすると、

現段階では販売はしているようですが、レンタルに関しては微妙な感じですね…。

こればっかりは実際に行ってみないとわからないので、興味のある方はお近くのツタヤにでも確認しに行ってみてください。

販売はしているようです^ ^

 

グレイテスト・ショーマン 結末

 

そしていよいよ今作「グレイテスト・ショーマン」の結末についてですが、

まず開始1分で鳥肌ものです!!笑

これは映画館ならではというのもありますが、この迫力と壮大感は今まで味わった事がありませんでした!!

時々流れる曲のチョイスもそのシーンとピッタリとあっており、

「心温まる要素」もあれば、差別的「悲しい要素」もあり…。

様々な要素を上手くミックスしており、感動シーンでは泣いていらっしゃる人もいたりと、

ほんと素晴らしい作品です!!

ぜひともみなさんに見て欲しい!!

「ミュージカル作品」を普段は見ない私がこれだけ絶賛できるのですから、

「ミュージカル映画」が好きな方が楽しめないわけがないでしょ!?笑

何度も言いますが、本当に素晴らしい作品だと思います^ ^

あっ!それと見終わった後はサーカスが見に行きたくなりました。笑

人生で一度も見た事が私はないので、私と同じでサーカスを見た事がない方はサーカスにも興味が沸く作品だと思います^ ^

 

そして最後に今作「グレイテスト・ショーマン」の結末についてですが、

 

有名なオペラ歌手「リンド」と出会った「バーナム」は、サーカスをそっちのけで、歌に夢中に。

ニューヨークを出て、全米を回る事を決めた「バーナム」は、「リンド」と2人でニューヨークを離れ、サーカスの事は「フィリップ」に任せきりになる。

妻「チャリティ」と2人の娘をおいてニューヨークを離れた「バーナム」だったが、

次第に「リンド」は「バーナム」へ想いを寄せ始める。

しかし「バーナム」はその気持ちに応えなかった。

その頃、「P・Tサーカス」でトラブルが起こり、団員たちとサーカス団を嫌う連中とで喧嘩がおこった。

その喧嘩が原因で「P・T・バーナムのサーカス」は火事になり全焼。

突然全て失ってしまった「バーナム」

そんな彼に追い打ちをかけるようスキャンダルが発生する。

しかしそれは「リンド」に仕組まれたものであったが、「チャリティ」は家を出て行ってしまう。

バーで落ち込む「バーナム」の元へ団員が訪れると、

「バーナム」は「全てを失い、給料は払えない」と告げた。

それに対して「自分たちはそんなものを求めていない。家族にすら疎まれていた自分たちに家族をくれた」と、

「バーナム」を励ましにきたのだ。

全てを失った「バーナム」だったが、団員たちに元気をもらいやり直す事を決める。

「バーナム」は出て行った「チャリティ」の実家を訪れ、今までの行いを謝った。

そしてそんな「バーナム」を「チャリティ」は許した。

やり直すために銀行に融資を求めるも断られる「バーナム」

しかしそんな「バーナム」を見た「フィリップ」は、

「今まで貯めていたお金があるから、再建に使おう」と申し出る。

「バーナム」は「フィリップ」に助けられたが、

「ショーをするならテントで十分だ」と話し、

大きなテントを用意し、盛大にショーを開いた。

そして「バーナム」は「フィリップ」にサーカスを譲り、自身は家族を見守る事に専念する…。

 

みたいな結末でした^ ^

 

初めはただのビジネスパートナーだった「フィリップ」との仲も深まり、「フィリップ」自身も「P・Tバーナムのサーカス」に参加する事によって得れた物があったからこそのラスト。

初めから最後まで本当に申し分のない作品。

「グレイテスト・ショーマン」はそんな作品でした^ ^

 

まとめ

これで「グレイテスト・ショーマン」のレビューは終了です。

何度も言っていますが、本当に素晴らしい作品です。

今まで味わった事のないような気持ちを味わい、

久々に「映画っていいな」と楽しませてもらいました^ ^

今作「グレイテスト・ショーマン」に関しては、

集中してもう1度見たい作品ですね!!

DVDは間違いなくレンタルするでしょう♪笑

もし今作「グレイテスト・ショーマン」に興味のある方は、

私は映画館で見る事をおすすめします。

レンタルよりかお金の面で言えばかかりますが、その価値は間違いなくある作品です。

とにかく興味のある方には絶対に見て欲しい作品でした^ ^

 

この作品「グレイテスト・ショーマン」に評価をすると5.0/5.0です。

本当にいい作品でした^ ^

 

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA