ヒミズ/普通の生活

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「ヒミズ」です。

 

ヒミズの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「ヒミズ」は2011年に製作された作品で「古谷 実」が若者の心の暗部を浮き彫りにした大人気コミック「ヒミズ」を実写映像化した作品です。

 

製作年:2011年

製作国:日本

監督:園田 温

脚本:園田 温

製作:依田 巽

出演キャスト:染谷 将太 , 二階堂 ふみ , 渡辺 哲 , 吹越 満 , 神楽坂 恵 , 光石 研 , 渡辺 真起子 , 黒沢 あすか , でんでん , 村上 淳 , 窪塚 洋介 , 吉高 由里子 ,西島 隆弘 , 鈴木 杏

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

ヒミズのあらすじ

ごく普通に生きることを願っていた祐一と、愛する人と守り守られ生きていくことを夢見る景子。ともに15歳の2人の日常が、ある事件をきっかけに絶望と狂気に満ちたものへと変わっていく様子を描く。

映画.com:http://eiga.com/movie/56356/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「う〜ん」です。

この作品「ヒミズ」は2011年に製作された作品で「古谷 実」が若者の心の暗部を浮き彫りにした大人気コミック「ヒミズ」を実写映像化した作品です。

 

ヒミズ 感想 震災は関係なくない?

はじめに言っておきますが、この作品「ヒミズ」の原作である漫画は、私は見ていません。

なので比較はできないのでご了承ください!!

 

この作品を見初めて一番に思ったのが、キャスト陣がつい最近見た「冷たい熱帯魚」のキャスト陣とほとんど同じだなとすぐさま感じました。

それもそのはず!なぜならどちらの作品も「園田 温監督」が、監督を務めているからなんですね^ ^

「冷たい熱帯魚」自体の感想はあまり良いものではありませんでしたが、「冷たい熱帯魚」でギスギスしていた方たちが、今作で仲良くしている姿を見れたのは個人的に良かったです♪

しかも今作ですが、割とキャストが豪華というか、結構雑なキャストの使い方をしています。

私が特に思ったのが、「吉高由里子」さんについてですが、ほんの数分だけのために主演を張れる「吉高由里子」さんを使っていることには衝撃を受けました^^;

スポンサーリンク

 

内容に関しては、2人の中学生男女がメインで進んでいくのですが、2人とも家庭環境が複雑で、親からは顔を見るたびに「死んで欲しい」とお願いされるような家庭です。

2人に問題があるというわけではなく、ただただ理不尽な毎日を過ごしている2人

ただここで気になったのが、今回は東北の震災が舞台となっているのですが、このどちらの家族も震災後におかしくなったのか、震災前からなのかという説明がないため、もし後者なのだとしたら「なぜ震災を持ってきたのだろう?」と思わざるを得ないほど震災は関係のないストーリーです^^;

「園田 温監督」が監督を務めた「冷たい熱帯魚」もそうでしたが、無駄な設定が多いイメージがあったので、「今作でもその部分は健在なのかな?」と感じました。

 

今作のメインとなる「染谷将太」と「二階堂ふみ」についてですが、「染谷」くんは相変わらずちょっと変わった少年の役柄を演じています。

理屈っぽいというか、ませているというか…偏屈の少年といった感じを演じていますが、彼はこの感じがしっくりきているので、むしろ安定していました♪

「二階堂ふみ」さんに関しては、今作をきっかけに有名になったといっても過言ではない女優さんです。

演技力を素晴らしく、ちょっと変わった少女ではありますが、個人的には今作をきっかけに「また二階堂さんの出ている違う作品を見たい」と思いました^ ^

2人とも家庭環境のせいか変わっている部分はありますが、そんな2人だからこそ惹かれあい、しっくりくるペアになっていると思います。

 

この作品では「5・7・5ゲーム」というゲームがあり、負けた方がビンタされるというゲームが行われるのですが、これでお互いにガチで殴り合っている姿や「染谷」さんの「二階堂」さんへの仕打ちは演技だとは思えないほど緊張感のあるシーンとなっています。

度々、「染谷」さんが実の父親から暴力を振るわれるシーンがあるのですが、「染谷」さん自身もDVの可能性を秘めているのではないかと感じるぐらい、「二階堂」さんに暴力を振るうシーンがありました^^;

 

まとめ

これで「ヒミズ」のレビューは終了です。

原作を知らないため、比べることはできませんが、少なくとも原作が見たいと思うような内容ではありませんでした^^;

面白くないとは言いませんが、面白いとも言えない作品です。

他の方のレビューを見た感じでは割と良い評価のようですが、個人的にはなぜか受け付けない作品です。

ただ、なんとも言えない魅力のようなものがあり、最後まで見きったのは間違いないです!!

この作品に評価をすると2.5/5.0といったところです。

変にごちゃごちゃしていて、個人的にはまとまりのない作品だと感じましたが、興味があるのであれば見ても良いかもしれませんね!!

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ