モンスター上司/立ち上がれ、世界中の部下よ!

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「モンスター上司」です。

 

モンスター上司の予告編はこちら

スポンサーリンク

 

 

この作品「モンスター上司」は2011年に制作された作品で、「ジェイソン・ベイトマン」「チャーリー・デイ」「ジェイソン・サダイキス」主演で癖の強い上司を持った部下が現状を変えるべく奮闘する姿を描いた「コメディ作品」です。

 

制作年:2011年

制作国:アメリカ

上映時間:98分

配信サイト:アマゾンビデオ , U-NEXT…etc.

原題:Horrible Bosses

監督:セス・ゴードン

脚本:マイケル・マーコウィッツ , ジョン・フランシス・デイリー , ジョナサン・ゴールドスタイン

制作:ブレッド・ラトナー , ジェイ・スターン

出演キャスト:ジェイソン・ベイトマン(ニック) , チャーリー・デイ(デイル) , ジェイソン・サダイキス(カート) , ジェニファー・アニストン(ジュリア) , コリン・ファレル(ボビー・ペリット) , ケビン・スペイシー(デイヴ・ハーケン) , ジェイミー・フォックス(ディーン・マザファッカー・ジョーンズ) , ドナルド・サザーランド(ヤック・ペリット) , ジュリー・ボーウェン(ロンダ・ハーケン)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

モンスター上司のあらすじ

ニック、カート、デイルの3人は、それぞれ耐えがたい上司の下で毎日うんざりする日々を送っていた。自ら会社を辞めるつもりはない3人は、少しでも仕事をマシにするため、怪しげな酒飲みの元詐欺師のアドバイスを受けて「上司排除計画」を練る。しかし、いざ計画を実行に移すとそこには大きな落とし穴が……。

映画.com:http://eiga.com/movie/56623/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「それなりに楽しめる」です。

この作品「モンスター上司」は2011年に制作された作品で、「ジェイソン・ベイトマン」「チャーリー・デイ」「ジェイソン・サダイキス」主演で癖の強い上司を持った部下が現状を変えるべく奮闘する姿を描いた「コメディ作品」です。

では早速、今作「モンスター上司」の内容について簡単に説明すると、

 

「パワハラ」「セクハラ」「バカハラ」に悩まされる3人男性。

3人の名前は「ニック」「デール」「カート」

 

3人は時々、バーに集まっては仕事の愚痴を言い合う仲でした。

しかしそれぞれに起きたある出来事をきっかけに、上司への我慢が限界を迎えてしまいます。

上司への我慢が限界を迎えた3人は、各々の上司を殺す事を決めます。

翌日。

自分たちの上司を殺してくれる人物を探すため、危険な人物がたくさん集まる街のバーへと向かう。

3人が向かったバーで、1人の黒人男性と出会います。

その男性の名は「マザーファッカー・ジョーンズ」

「ジョーンズ」と上司の殺人を請け負う代わりに、5000ドル払う契約を交わします。

 

翌日。

5000ドルを用意した3人は、ブリーフケースを片手に待ち合わせ場所へと向かいます。

スポンサーリンク

しかしここで思わぬ事態が…。

「ジョーズ」にお金を渡すと、

「知恵を貸すから、殺しは自分たちでやれ」

と本来の契約とは違う流れに…。

もうお金も支払ってしまい、今更引き返せない3人は、自分の上司を殺すと足がついてしまう恐れがあるため、

互いの上司を殺し、バレないよう隠蔽する作戦で決定します。

上司殺しを行うため、上司の生活を監視し始める3人。

果たして3人は憎き上司を始末できるのか?

 

みたいな感じの作品です^ ^

 

モンスター上司 感想 無難だなぁ〜

そんな今作「モンスター上司」ですが、

内容説明を見る感じでは「殺す」を連発し、一見「コメディ作品」だとは思えないですよね^^;

ですが安心してください!!

完全に「コメディ作品」です♪

笑える要素もそれなりにあります!!

ですが、その程度なんですよね…。笑

決してつまらないワケではありません。

雰囲気的には私が大好きな「ハングオーバー!シリーズ」と似ている部分があり、

それなりに楽しく最後まで見る事ができました^ ^

でもその程度…。笑

これといって突き抜けたポイントがないんですよ^^;

だから言う事もこれといってない…。

そんな作品でした。笑

 

モンスター上司 結末

では最後に今作「モンスター上司」の結末についてですが、

「ニック」の上司の「デビット」の自宅へ忍び込んだ際に、「カート」の上司「ペリット」の携帯を落としてしまいます。

「デビット」の妻は浮気癖があるため、携帯を見つけた「デビット」は妻の浮気相手だと勘違いしてしまいます。

「デビット」は「ペリット」の自宅へと向かい、まさかの「ペリット」を撃ち殺してしまいます。

その瞬間を見ていた「ニック」は後日「デビット」を脅しに行くも、

まさかの返り討ちに…。

「ニック」たちを追い込んだ「デビット」は、「ニック」たちを始末するのかと思いきや、自分の足を銃で撃ち、そこに駆けつけた警官に「ニックたちに襲われた」と話します。

「デビット」の考えでは「ペリット殺し」を含めた全ての罪を「ニック」たちに押し付けるつもりだったのですが、

「ニック」たちの乗っていた車には録音機能がついており、

「ペリットを殺したのは俺だ」と自白する「デビット」の声が録音されていました。

警官の前で音声が再生され、「デビット」は逮捕される…。

そして3人が疎ましく感じていた上司たちの問題は解決しましたとさ…。

みたいな結末でした^ ^

まあこれといって言う事のない結末ですね!!

内容から結末までそれなりに楽しめた作品でした^ ^

 

まとめ

これで「モンスター上司」のレビューは終了です。

「コメディ作品」としては普通すぎる…。笑

悪くはないけど、普通すぎていじりようがない作品です^^;

レビューするには物足りない作品でした。笑

この作品「モンスター上司」をおすすめするとすれば、

「無難に楽しめるコメディ作品を求めている方」

にはおすすめできる作品ではないかと思います^ ^

逆に今作「モンスター上司」をおすすめ出来ないのは、

「コメディ作品を見尽くしている方」

にはおすすめできない作品だと思います^^;

ありきたりな作品なので、今更あえて見るほどの作品ではないかと思います。

この作品に評価をすると3.0/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA