百円の恋/私の価値は所詮百円程度…

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「百円の恋」です。

 

百円の恋の予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「百円の恋」は2014年に製作された作品で、2012年に新設された「松田優作賞」を受賞した「ヒューマン・ドラマ作品」です。

 

製作年:2014年

製作国:日本

監督:武正 晴

脚本:足立 紳

製作:間宮登良松

出演キャスト:安藤 サクラ(一子) , 新井 浩文(狩野 祐二) , 稲川 実代子 , 早織 , 宇野 祥平 , 坂田 聡 , 沖田 裕樹 , 吉村 界人 , 松浦 慎一郎 , 伊藤 洋三郎 , 重松 収 , 根岸 季衣

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

百円の恋のあらすじ

不器用でどん底の生活を送っていた女性が、ボクシングを通して変化していく姿を描いた。実家でひきこもり生活を送る32歳の一子は、離婚して出戻ってきた妹とケンカしてしまい、やけになって一人暮らしを始める。100円ショップで深夜勤務の職にありついた一子は、その帰り道に通るボクシングジムで寡黙に練習を続ける中年ボクサーの狩野と出会い、恋をする。しかし幸せも長くは続かず、そんな日々の中で一子は自らもボクシングを始める。

映画.com:http://eiga.com/movie/80512/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「素晴らしい作品」です。

この作品「百円の恋」は2014年に製作された作品で、2012年に新設された「松田優作賞」を受賞した「ヒューマン・ドラマ作品」です。

 

百円の恋 感想 ストイックの極み

いくつか言いたいことはあるのですが、とりあえず第一にみなさんにお伝えしたいのは「一子」役の「安藤 サクラ」さんのストイックさについてです。

「一子」は32歳にもなって親元を離れず、実家の仕事を手伝うわけでもなく毎日をダラダラと過ごしていました。

そんな「一子」はある出来事をきっかけに実家を出て、アルバイトで生計を立てながら生活を始めます。

そんな中、「一子」は「ボクシング」と出会い、「ボクシング」の魅力に目覚めます。

 

この作品が始まった頃は見るからに「ダラダラ生活しているんだな」とすぐさまわかるような見た目で、身体も非常にたるんだような状態だったのですが、本格的に「ボクシング」にのめり込み始めてから急激に減量しています。

スポンサーリンク

しかもその期間は実際の撮影の都合により、10日で絞り上げたと言うのだから驚きを隠せませんでした^^;

そんな「一子」の「ボクシング」技術の向上も素晴らしい!!

実際に「安藤 サクラ」さんは、「ボクシング」をかじっていた時期があったそうなのですが、それにしてもキレが凄いです!!

かなりの努力を重ねた「一子」が、今作の最後に試合に出ることになるのですが、残念ながら試合には負けてしまいます^^;

ですが、結果はどうあれ一連の流れを見てきた私としては「グッと」くるものが感じられました。

それぐらい作品自体作り込まれており、「フィクション」だと言うことを忘れて、まるで「ドキュメンタリー番組」を見ているかのような気持ちになっていました。

 

「一子」の話から少し離れますが、「一子」のアルバイト先の方たちの癖の強さが半端ないです。笑

言い方が悪いかもしれませんが、この世の最底辺とでも呼ばれてもおかしくない方たちばかりで、その演技をしっかりとこなしているキャストさんたちのおかげで今作ができているということはもちろんなので、そういった部分も個人的には好評化な部分です^ ^

 

この作品を見て改めて気づかされたのが「1つのことに全力で夢中になれることの素晴らしさ」を私は気づかされました。

言葉にするとそんな大したことに聞こえないかもしれませんが、実際にそれができている人はほんの1部だと思います。

色々なしがらみがあったりして、「思ってはいても行動できない」なんて方が多い世の中で、「一子」は「ボクシング」というものに夢中になり、全力でそれに取り組む姿は見ていて非常にかっこいいと思わざるを得ませんでした。

 

まとめ

これで「百円の恋」のレビューは終了です。

この作品、本当に素晴らしい作品だと私は思います!!

約2時間ほどの作品で、中盤あたりまではダラダラした「一子」の姿が映し出され、見ていてイライラするようなときもありました。

でもなぜか飽きはしない…。

この状況が自分でも不思議でした。

この感じだといつもは飽きて集中力が切れてしまうのですが、今回はそうではなく、それでも見ている自分がいました。

見終わってから考えると、私には気づけなかった魅力が、今作には散りばめられているのだと思います。

この作品に評価をすると5.0/5.0といったところです。

まだ見たことのない方にはぜひ見て欲しい作品です。

今作を見たことによって、私自身改めて何かを得られた気がしました^ ^

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA