『Netflixオリジナル』DJにフォーリンラブ/美しい景色と情熱的な愛

ども、ライです♪

今回は「DJにフォーリンラブ」のレビューです^ ^

 

作品情報

・DJにフォーリンラブ 予告編はこちら

スポンサーリンク

映画「DJにフォーリンラブ」は2018年に制作された作品。

仕事でスペインを訪れた女性「ハーパー」が、友人たちと遊びに立ち寄った「クラブ」で出会ったDJ「レオ」に恋に落ち、「仕事」と「恋愛」どちらを取るか究極の決断を迫られる姿を描いた「ラブ・コメディ作品」です。

また映画「DJにフォーリンラブ」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

制作年:2018年

制作国:アメリカ

上映時間:93分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:Ibiza

監督:アレックス・リッチャンバック

脚本:

制作:

出演キャスト:ジリアン・ジェイコブス , リチャード・マッデン , ヴァネッサ・ベイヤー , ジョルディ・モリャ , ミカエラ・ワトキンス , オーガスタス・ブリュー , フィービー・ロビンソン , フェイス・ローガン , アンソニー・ウェルッシュ , ミッチェル・ノー , フェリックス・ゴメス , ハンフリー・キブロン

 

・DJにフォーリンラブ あらすじ

出張でスペインへ向かったハーパーだったが、強引についてきたパーティー好きな悪友2人にたきつけられて、現地で出会ったセクシーなDJに夢中になってしまう。

Netflix(ネットフリックス)公式サイトより引用

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作「DJにフォーリンラブ」について一言で言うと「雰囲気は申し分なし」です。

映画「DJにフォーリンラブ」は2018年に制作された作品で、

仕事でスペインを訪れた女性「ハーパー」が、友人たちと遊びに立ち寄った「クラブ」で出会ったDJ「レオ」に恋に落ち、「仕事」と「恋愛」どちらを取るか究極の決断を迫られる姿を描いた「ラブ・コメディ作品」です。

また映画「DJにフォーリンラブ」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

・DJにフォーリンラブ 内容

では初めに、今作「DJにフォーリンラブ」の内容をざっくりと紹介すると、

 

急遽、会社の命令によってスペインへと出張が決まった女性「ハーパー」

大事な商談のためスペインへと向かうことになった「ハーパー」は、スペインへと行くことが決まったことを親友の「リア」と「ニッキー」に話した。

話を聞いた2人は、自分たちも一緒にスペインへ行くと、半ば強引に「ハーパー」に着いて行く。

スペインに到着するなり「ハーパー」は仕事で2人と離れ、残された「リア」と「ニッキー」はスペインを満喫するため動き始める。

2人が海で日光浴を楽しんでいるところに、商談相手「ディエゴ」を連れた「ハーパー」がやって来た。

「ディエゴ」と「ニッキー」は意気投合し、その夜「クラブ」で待ち合わせの約束をする。

その約束どおり、その夜「ハーパー」たち3人は「クラブ」へと足を運んだ。

クラブを楽しむ「ハーパー」の前に現れた1人の見知らぬ男。

その男はライトを当てなければ見えないペンで、「ハーパー」の顔に何か落書きをした。

クラブが盛り上がる中、ゲストとして1人の有名DJが現れる。

有名DJ「レオ」がクラブを盛り上げる中、「レオ」の目に「ハーパー」が止まった。

ライトが当たった「ハーパー」の顔に卑猥な落書きをされていることに気が付いた「レオ」は、それを伝えようと「ハーパー」に手招きした。

顔の落書きなど気づいていない「ハーパー」は、DJに呼ばれたことに興奮し、急いで「レオ」のところへと向かう。

そして自分が呼ばれた理由を聞いた「ハーパー」は衝撃を受けたが、これをきっかけに2人は惹かれ合う関係となる。

しかし、「ハーパー」には仕事があり、「レオ」も世界中を渡り歩くDJ。

連絡先だけ交換し、後日また機会があれば会おうとざっくりとした約束のみでその日は別れることとなった。

 

翌日。

「レオ」のことが気になっていた「ハーパー」は、「レオ」のことで頭がいっぱいだった。

そんな「ハーパー」の元へ、その夜スペインの「イビサ島」で開かれるクラブイベントに「レオ」がDJとして訪れることを耳にする。

しかし、「ハーパー」には商談の予定があり、もし「イビサ島」へと向かってしまうと、商談に差し支える問題となる可能性があった。

果たして「ハーパー」は、「仕事」と「恋」どちらを取るのか?

 

みたいな作品でした^ ^

 

・DJにフォーリンラブ 感想 中身は空っぽ!?

そんな今作「DJにフォーリンラブ」ですが、

2018年5月25日より動画配信サイト「Netflix」にて配信がスタートされた「Netflixオリジナル作品」です。

「Netflixオリジナル作品」の中には、これまでにもクラブを扱った作品「XOXO」がありましたが、

それ以外にも「クラブ」や「DJ」を題材とした作品が何作かありますね!

このブログ内で紹介した作品もいくつかありますが、

海外では割とポピュラーな文化というか遊びというか、まあそんな感じの「クラブ」

日本では賛否両論様々な意見が飛び交うと思います。

 

そんなものを扱った映画「DJにフォーリンラブ」ですが、

正直言って「今まで見たこういった作品の中で一番内容が薄い」

そんな作品でした。笑

個人的には「洋楽」も好きですし、洋楽が好きだからこそ「クラブ」も好きです✨

なので退屈な作品ではありません。

悪友3人が集まり、馴染みのない土地でやりたい放題、楽しんだ者勝ち👍みたいな雰囲気は、

見ていてこちらまで楽しくなります♪

やっていることは全く違いますが、この感じは私が大好きな作品「バッドママ」にも似ている気がしました^ ^

 

ただ、あまりにも中身が空っぽすぎる💦

スペインの美しい景色や、全力のパリピ感は素晴らしいと思います✨

実際にスペインに行きたくなってしまいますし、楽しんでいる感じが溢れ出していると言っても過言ではありません^ ^

スポンサーリンク

でもそれだけって感じなんですよね…。

メインの3人「ハーパー」「ニッキー」「リア」

彼女たちにそれぞれに役割というか、存在している意義はあるのですが、

その意味が薄いですし、感情移入しづらい💦

 

そんな私がいる反面、彼女たち3人はどこまでもヒートアップ🔥

時々置いていかれている感を私は感じました。

 

上手な例えかと言われると自身はありませんが、

飲んで馬鹿騒ぎした翌日、

「楽しかったけど別に中身がある夜だったとは言い切れない…。」

みたいな経験をしたことはないですか?

 

私の場合、基本的にそんな感じが多いのですが、

まさしくそれではないかと思うんですよね。笑

ちなみにこの記事を書いている前日もそんな夜でした💦

でも「楽しかったからそれでOK」

毎回これの繰り返しなのですが、

今作「DJにフォーリンラブ」を見た感想としてもそんな感じです。

 

「中身なんてなかった。でも楽しかったからそれでいいわ👍」

 

そんな作品だと私は思います^ ^

 

あと、これはがっつり不満なのですが、

音量設定?がめちゃくちゃ過ぎて、視聴しながら何度も音量をいじるハメになりましたね💦

音楽はバカでかいのに、声は小さいなんてシーンが非常に多かったです。

視聴環境によっても変わると思いますが、

これだけ技術が進歩している時代なのですから、いい加減この問題は解決してほしいと思います!!

 

音量を気にしながら視聴しなくてはならない環境では注意が必要です。

突然の爆音でびっくりする可能性があります。

くれぐれもご注意を!!

 

・DJにフォーリンラブ キャストは?

次にお話するのは、映画「DJにフォーリンラブ」に出演しているキャストの方についてです。

 

1人目は「ジリアン・ジェイコブス」さん^ ^

映画.comより引用

1982年10月19日 アメリカ合衆国 ペンシルバニア州 ピッツバーグ生まれ

今作「DJにフォーリンラブ」では「ハーパー」を演じています。

数多くのテレビドラマと映画へ出演している「ジリアン・ジェイコブス」さんですが、

実は彼女が「Netflixオリジナル作品」に出演するのは今回が初めてではありません。

2016年より配信が開始された「LOVE ラブ」でヒロインの「ミッキー」を演じており、

彼女を語る上では今外せない話題の作品となっております✨

「ミッキー」の役柄が、感情をストレートに表現し、男勝りな一面もありながら、ポップで明るい女の子らしさもある女性からも男性からも非常に人気のあるキャラなんですよね!

 

この記事のTOP画像を見てもらえれば「ユニコーン🦄」のパジャマのような物を着ているのがわかると思うのですが、

個人的に彼女の話をする上では外せないのは、35歳とは思えないルックスですね👍

35歳で「ユニコーン🦄」のパジャマが似合うなんて、ルックスが整っていなければ不可能ですから!!

 

そんな「ジリアン・ジェイコブス」さんが出演する作品は、

「運命のボタン」「エンド・オブ・ザ・ワールド」

これらの作品がありますね!

 

このブログ内では「エンド・オブ・ザ・ワールド」の感想を述べた記事がありますので、興味のある方はぜひ♪

エンド・オブ・ザ・ワールド/世界が終わる時、あなたは誰と過ごしますか?

 

次に紹介するのは「リチャード・マッデン」氏です^ ^

映画.comより引用

1986年6月18日 スコットランド・レンフルーシャイア生まれ

今作「DJにフォーリンラブ」では「レオ」を演じています。

 

11歳の頃に演劇の勉強をし、それが俳優デビューのきっかけだったと言っても過言ではない「リチャード・マッデン」氏ですが、

彼が演劇の勉強をしたのは「シャイな性格」を治すためだったそうです。

 

1999年ごろから俳優として活躍をスタートさせ、整ったルックスから常に人気のある俳優さんです👍

そんな「リチャード・マッデン」氏は、なんとあの有名ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」にも出演しています^ ^

「ゲーム・オブ・スローンズ」で彼のことを知った方も多いのではないでしょうか?

 

このブログ内で紹介している「フレンチ・ラン」という作品にも出演しているので、興味のある方はぜひ♪

フレンチ・ラン/この二人、パリ出禁。

 

・DJにフォーリンラブ 結末は?

次にお話するのは、映画「DJにフォーリンラブ」の結末についてですが、

これと言ってお話することはないですね💦

これと言って捻りもありませんでしたし、想像の通りの結末でした。

 

まとめ

これで「DJにフォーリンラブ」のレビューは終了です。

中身は空っぽですが、終始楽しくハッピーが続く…そんな映画でしたね✨

嫌なことがあった日に、テンションをあげるために視聴するといいかもしれません^ ^

作品内で使用されている楽曲も「洋楽」を聴く人であれば、知っている曲が多かったので、

洋楽好きにとっては嬉しい要素だと思います👍

 

・DJにフォーリンラブ 評価は?

最後に「DJにフォーリンラブ」の評価ですが3.0/5.0です。

興味のある方はぜひ視聴してくださいね!

それなりに楽しめる作品ではあると思います✨

 

では今回はこの辺で♪

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA