アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームズ/最高の終活に向かって

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームズ」です。

 

アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームズの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームズ」は2015年に製作された「海外コメディ作品」です。

 

製作年:2015年

製作国:アメリカ

監督:ブレッド・ヘイリー

脚本:マーク・バッシュ , ブレッド・ヘイリー

製作:?

出演キャスト:ブライス・ダナー , マーティン・スター , サム・エリオット , マリン・アッカーマン , ジューン・スキップ , リー・パールメン , メアリー・ケイ・プレイス , リード・スコット , ジョン・ビーズリー , マックス・ゲイル , マーク・アデア=リオス , ジョスリン・アヤナ , アシュレイ・スピラーズ

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームズのあらすじ

愛犬が死んで1人暮らしの生活に穴が開いたように感じるシニアの未亡人。そんな時にまったく違う可能性を秘めた2人の男性が現れ、彼女の生活に変化が。

Netflix:https://www.netflix.com/jp/title/80039050

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「うーん」です。

この作品「アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームズ」は2015年に製作された「海外コメディ作品」です。

 

アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームズ 感想 ラスト以外は文句なし

この作品「アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームズ」は、「Netflix」では「コメディ作品」として扱われているみたいですが、確かに「コメディ要素」もあるけれど、それと同じぐらい「感動要素」も含まれている作品です。

ただ「感動要素」といっても「ドロドロ」した感じではないので、わたし的には非常に見やすかったです♪

スポンサーリンク

 

簡単に今作についてお話しすると、

20年前に最愛の夫を飛行機事故で亡くした「キャロル」が、20年の時を経て、新たなる恋愛に挑戦するといった内容の作品です。

出会ってすぐに惹かれあった「キャロル」と「ビル」でしたが、またしても「ビル」が急逝してしまう…。

そんな最愛の人を亡くす不幸にばかり見舞われる「キャロル」ですが、そんな彼女がまたしても明るい未来へ向かって歩き出すといったラストで終了となります^ ^

 

作品自体の「コメディ要素」は個人的には楽しめましたし、「キャロル」の友人の女性たちも下ネタバンバンで、下品なおばさんたちですが、見ていて楽しいので問題ないです♪

 

アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームズ 結末

正直、こういったジャンルの作品としては申し分なく、個人的には好きな方の作品なのですが、ラストの展開がなんだか微妙…。

20年ぶりに最愛の人と巡り会い、せっかくこれから明るい未来へと歩み出すのかと思ったら、まさかの急展開^^;

これだと「キャロル」は救われないです…。

私の予想していたラストは、同年代の「ビル」ではなく、息子ほど年の離れたプール掃除に来ていた男性と結ばれるエンドなのかと思っていたら、まさかのそのどちらでもなく、序盤に登場するペットのワンコがいるのですが、そのワンコを安楽死させるシーンがあります。

今作のラストの展開では、序盤に登場したワンコの代わりに、年老いた新たなるワンコを保健所から迎え入れるシーンで終了^^;

悪いラストではないのですが、なんだか微妙な気分にはなりました。

この作品は1時間30分ほどの作品なのですが、どうせなら2時間に引っ張って次の最愛の人を見つけるといったラストの方が、個人的には嬉しかったですね!

 

まとめ

これで「アイル・シー・ユー・イン・マイ・ドリームズ」のレビューは終了です。

ラストの展開には少々気に入らない部分もありましたが、あくまで個人的な意見です!!

人によっては文句の出ないラストだと思いますし、「感動要素」はありますが、気分的に凹まず見れるのも今作の良い点ではないかと思います^ ^

私の個人的意見としては、自分より早く「夫」や「妻」に先立たれてしまい、ふさぎこんでしまっている方などに是非おすすめしたい作品です♪

その辛さを忘れるのではなく、受け入れたのちに新たなる幸せをつかもうといった作品なので、綺麗事も少なく、不快感なく見れるのでないかと思いますよ!

この作品に評価をすると3.5/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ