『Netflixオリジナル』ロマンティックじゃない?/恋愛否定派だった彼女が…

Netflixより引用

 

ども、ライです♪

今回は「ロマンティックじゃない?」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

ロマンティックじゃない?の予告編

 

ロマンティックじゃない?の作品概要

制作年:2019年

制作国:アメリカ

上映時間:88分

配信サイト:Netflix…etc.

原題:Isn’t It Romantic

監督:トッド・ストラウス=シュルソン

脚本:デイナ・フォックス

制作:レベル・ウィルソン , ジーナ・マシューズ , トッド・ガーナー , グラント・シャーボ

出演キャスト一覧

・レベル・ウィルソン(ナタリー)

・リアム・ヘムズワース(ブレイク)

・アダム・ディヴァイン(ジョシュ)

・プリヤンカー・チョープラー(イザベラ)

・ベティ・ギルピン(ホイットニー)

・ブランドン・スコット・ジョーンズ(ドニー)

・トム・エリス(トッド医師)

・ジェニファー・ソーンダース(ナタリーの母親)

 

ロマンティックじゃない?のあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「豪華キャストに注目」です。

映画「ロマンティックじゃない?」は2019年に製作された作品で、恋愛とは無縁だった女性がある出来事をきっかけとして彼女の恋愛に対する価値観に大きな変化が現れる姿を描いた「コメディ作品」です。

また、今作「ロマンティックじゃない?」は「Netflixオリジナル作品」です。

 

ロマンティックじゃない?のざっくりあらすじ紹介

幼少期はロマンティックの世界観が大好きだった「ナタリー」だったが、ある時、実の母親から言われた一言によって「ナタリー」の今後の人生は一変してしまうことに。大人になった「ナタリー」は建築士として社会で働いていたが、建築士としての仕事は与えてもらえず、雑用をこなす日々を過ごしていた。

 

そんな彼女はある日。地下鉄でひったくり被害にあってしまう。その時、運悪く頭をぶつけてしまった「ナタリー」は意識不明で病院へと運び込まれることに。

 

命に別状はなかった「ナタリー」だが、次に目を覚ましたとき、以前とはすべてが変わってしまっていた。とにかくなにもかもが以前と変わってしまっていることに戸惑いを隠せない「ナタリー」だったが、周囲の反応はごく普通。

 

戸惑いながらも変わってしまった環境で生活を送る「ナタリー」だったが、これが彼女の人生を大きく変えるきっかけになる。

 

ロマンティックじゃない?の感想

Netflixより引用

 

今作「ロマンティックじゃない?」は、動画配信サイト「Netflix」で視聴した作品です。

 

数日前にネトフリオリジナルとして公開された今作ですが、実はアメリカでは一般公開されたにもかかわらず、日本では劇場未公開だった作品なんです。その理由はまったく見当がつかないというのが本音ではありますが、内容も良いですし、キャストも意外と豪華なんですよね!

 

そういった部分を紹介しながら、このあと感想についてもお話していきたいと思います^^

 

豪華キャストと笑えるストーリー

今作「ロマンティックじゃない?」ですが、この記事の「作品概要」で紹介しているように、コメディ映画などでは頻繁に見かけるキャストが出演しています。

 

主人公「ナタリー」を演じている「レベル・ウィリソン」は「ピッチ・パーフェクト」や「ワタシが私を見つけるまで」などの作品に出演している少しふくよかな女優ですね。実は彼女は個人的に好きでして、彼女が出演しているコメディ作品は良作が多い印象にあります。

スポンサーリンク

ピッチ・パーフェクト/ダメダメだったアカペラガールズ

2019.01.23

ワタシが私を見つけるまで/1人が好きならそれもいい

2018.02.11

次に大人気Marvel映画「マイティー・ソー」の「ソー」を演じている「クリス・ヘムズワース」の弟「リアム・ヘムズワース」氏も、今作には出演しています。これまでコメディ映画に出演しているイメージはありませんでしたが、意外と今作のような役柄も演じれるのだと驚きましたね。今後はコメディ作品でもちらほらと見かけることが増えるかもしれません^^

マイティー・ソー/ヒーロー失格のヒーロー

2017.12.02

そして最後に「アダム・ディヴァイン」氏も、最近のコメディ映画で頻繁に見かける俳優ですね!彼のことを詳しく知ったのは、昨年にネトフリオリジナルとして公開された「ゲームオーバー!」でした。なぜだかあまり好きになれない俳優ではありますが、つい先日も何らかの作品に出演しているのを見かけたので、実力が認められつつあるのでしょう!今後、好きになれるよう努力しますw

『Netflixオリジナル』ゲームオーバー!/駄目男よ!いざ、ヒーローになる時が来た!!

2018.03.23

そんな俳優たちが出演するラブコメチックの今作「ロマンティックじゃない?」ですが、まあ笑えるコメディ作品でしたし、男女問わず楽しめる作品ではないかと思いました。ただ、こういった作品は飽きてしまっているというのが個人的な意見でもあります。

 

客観的に評価をするのであれば、良作だと私は思います。その証拠に高い評価を得ている作品ですし、なぜ日本では劇場未公開なのか?という疑問を感じてしまうほどです。ですが、主観で評価をするのであれば、まああえてオススメするほどではないかと思ってしまいました。

 

つまらないワケではないんですけどね。好きなキャストが出演している作品だから楽しめましたが、これが無名のキャストだったら途中棄権をしていたとすら思ってしまいます。まあそれだと同じ作品にはなっていませんがw

 

あと、作品内で使用されている楽曲のチョイスは個人的に好みでしたし、若者世代であればここは「おっ!」となるポイントではないかと思います^^

 

ロマンティックじゃない?の結末は?

今作「ロマンティックじゃない?」の結末ですが、正直、これといって話すことがないんですけどねw

 

強盗に襲われて頭を打った「ナタリー」が目を覚ました時、そこはこれまでとはまったく違う世界であり、殺風景だった彼女の部屋がそうではなくなっていたり、これまで話すことすらなかったであろうイケメンが「ナタリー」に声をかけてきたりと、すべてがこれまでとは違う世界になってしまいます。

 

そんな世界で暮らす中で、これまでずっと「ナタリー」のそばにいた男性「ジョシュ」こそが自分にふさわしいと考えるようになる「ナタリー」でしたが、この世界での「ジョシュ」はモデルの女性と結婚することになってしまいます。

 

そのことに納得がいかなかった「ナタリー」でしたが、そんなとき彼女は車で事故を起こし、その衝撃でまたしても頭を打ち付けてしまいます。意識不明になった「ナタリー」でしたが、次に彼女が目を覚ましたとき、そこは「ナタリー」にとってのいつもの世界でした。

 

数々の困難を乗り越えた「ナタリー」は、「結局、自分を好きにならなければ、すべては始まらない」と考えるようになりました。そのおかげで、これまでとはまったく違った生き方をできるようになる…といった結末でした。

 

まあありがちな結末ですよねw

わざわざこれに関して、何かいうことはありません。ただ、最後のみんなでダンスを踊るシーン。あれはいいですね♪

 

一瞬、インド映画かと思いましたが、まあ王道のハッピーエンドで、見終わった後にはすっきりという結末でした^^

 

まとめ&評価

これで「ロマンティックじゃない?」のレビューは終了です。

 

評判どおりの作品ではありますね。わざわざブログに感想を書いておいてこんなことを言うのもあれですが、いろいろな映画情報サイトにたくさんの方が感想を公開しています。それらと何ら変わりない感想しか出てきませんw

 

まあネトフリオリジナル作品としては、十分な作品だと思います。先ほども言いましたが、男女問わず楽しめる作品だと思いますし、カップルなどで見ても楽しめる作品でしょう^^

 

ロマンティックじゃない?の評価は?

最後に、今作「ロマンティックじゃない?」に評価をすると3.5/5.0です。

 

無難なのでもう少し何か欲しかった…と言うのが本音ではありますが、無難だからこその安定感はある作品ですね。興味があれば、ぜひチェックしてみてください^^

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

2 件のコメント

    • いごっそう612さん、こんにちは^^
      まさかこちらにコメントくださるとはw
      ブロガーさんからコメントもらえるとは嬉しいかぎりです♪

      そうですね!記事内でも書いていますが無難ではあります。ですが、ネトフリオリジナルとしては十分に良作だとワタシは思います
      見る価値はあると思うのでぜひぜひ^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ