ジグソウ・ソウ・レガシー/命の価値は?

Amazonより引用

 

ども、ライです♪

今回は「ジグソウ・ソウ・レガシー」のレビューです^^

スポンサーリンク

 

ジグソウ・ソウ・レガシーの予告編

 

ジグソウ・ソウ・レガシーの作品概要

制作年:2017年

制作国:アメリカ

上映時間:92分

配信サイト:

原題:Jigsaw

監督:マイケル・スピエリッグ , ピーター・スピエリッグ

脚本:

制作:

出演キャスト:ローラ・ヴァンダーヴォート , トビン・ベル , マット・バスモア , カラム・キース・レニー , ハナー・エミリー・アンダーソン , ブリタニー・アレン , Sonia Dhillon Tully , ボニー・シウ , マンデラ・バン・ピーブルス , ティナ・ジャング , マイケル・ボアバート , Attila Sebesy , ミシャ・ラザイア , ジョサイア・ブラック , シャクアン・ルイス

 

ジグソウ・ソウ・レガシーのあらすじ&感想(ネタバレあり)

まず今作について一言で「衝撃の結末」です。

映画「ジグソウ・ソウ・レガシー」は2017年に制作された作品で、大人気シリーズ「ソウ」の最新作であり、「ジョン・クレイマー」の死後、再び始まった死のゲームを解決するため奮闘する人物たちの姿を描いた「ミステリー作品」です。

 

ジグソウ・ソウ・レガシーのざっくりあらすじ紹介

でははじめに、今作「ジグソウ・ソウ・レガシー」のあらすじをざっくりと紹介すると、

 

見知らぬ場所に監禁され、鎖で繋がれた男女が5人。

意識を失っていた彼らが目を覚ました時、対面する壁には回転刃が備えられており、突然、壁の奥から鎖が引っ張られ、このままでは回転する刃に直撃してしまうという危機的状況に陥る。

そんな彼らに対して、部屋に備えられていたスピーカーから、「少しの血を犠牲にすれば、命が助かる」とヒントが与えられた。

 

その頃。

街中の公園で死体が発見される。

無残な姿の死体を見た刑事の「ハロラン」と「キース」は、死体の様子から10年前に死んだはずの「ジグソウ」が関連しているのではないかと考えた。

検死官の「ローガン」と「エレノア」が死体を検証すると、死体から「USBメモリ」を見つける。

すぐさま内容を確認すると、「4人の罪人が犯した罪が償われるまで終わらない」と「ジグソウ」の声が記録されていた。

 

「ハロラン」たちの予想通り、10年前の残忍な「ジグソウ事件」が再来したのであった。

しかし、「ジグソウ」はすでに死んでいるはず。

常識的に考えられないこの事件の解決に「ハロラン」たちは立ち向かい始める…。

 

ジグソウ・ソウ・レガシーの感想 衝撃の結末

そんな今作「ジグソウ・ソウ・レガシー」ですが、先日、レンタルビデオ店「TSUTAYA」にてレンタルしてきた作品です✨

レンタルが開始されたのが「2018年6月12日」なので、まだ新作扱いの作品ですね!

レンタルを考えている方は知っておいてもらえれば良いかと思います^^

 

実は、先月7月にもレンタルしようかと何度も考えた今作「ジグソウ・ソウ・レガシー」

ただ、いつ行っても「ブルーレイ」が貸し出されていたんですよね💦

それゆえに今日まで我慢していたのですが、今作が公開されたときよりずっと気になっていた作品だったにもかかわらず、なかなかタイミングが合わず、映画館に足を運ぶことができなかったんですよ。。。

ちなみにこれまでの「ソウシリーズ」は全て視聴しています👍

「ソウシリーズ」は私としても大好きなシリーズなのですが、このブログではこれまでのシリーズを1作も紹介していません💦

いつか機会があれば紹介したいとは思っているのですが、今作「ジグソウ・ソウ・レガシー」に関しては、これまでのシリーズと話が繋がっていないと言っても良い作品なので紹介しやすいです✨

これまでのは話が続いているので、紹介するのが難しいんですよね💦

 

それはさておき、今作「ジグソウ・ソウ・レガシー」は、ぶっちゃけ「ソウらしくない」と序盤は感じていました。

相変わらず手の込んだ殺人マシーンの数々や、シリーズ通して過激なグロテスクシーンもある作品だったのですが、「あれ?ソウってこんなもんやっけ?w」と感じてしまうぐらい控え気味と言いますか、インパクトに欠けていたんですよね!

スポンサーリンク

まあそれでも視聴を続けていると、結末がですね、「あっ!やっぱソウやわw」となりましたねw

結末までは正直言って退屈だと私は感じました💦

思い出補正もあると思いますが、全体的にインパクトが足りないのと、話が長いんですよね!

ただ、これまでの「ソウシリーズ」で登場した数々の殺人マシーンが、今作で集結しているシーンがあります。

「頭ぱっかーん」なやつや、「あばらぱっかーん」なやつなど、これはシリーズのファンとしては興奮しましたね👍

シリーズとおして視聴している方なら、私の気持ちを理解してもらえるのではないでしょうか?

 

あとはあれですね、今作「ジグソウ・ソウ・レガシー」は、これまでの作品とは別物だと思って視聴した方が良いかもしれません^^

登場人物も一新されていますし、「ジョン・クレイマー」が一瞬登場しますが、ほんとちょっとだけですw

なので、今作「ジグソウ・ソウ・レガシー」は新シリーズ開始のきっかけではないかと私は思います✨

「ジョン・クレイマー」の意思を継いだ、新たな「ジョン・クレイマー」が今作では登場しているので、次回作に期待したいと思いますね!

 

ジグソウ・ソウ・レガシーのキャストは?

今作「ジグソウ・ソウ・レガシー」のキャストで紹介するのは1人だけなのですが、その人物は「ジョン・クレイマー」役を演じる「トビン・ベル」ですね!

今作ではほとんど出番のない彼ですが、彼以外に紹介できるような人物がいないんですよね💦

なので「トビン・ベル」氏だけ紹介させていただきます^^

 

ジョン・クレイマー役 トビン・ベル

ウィキペディアより引用

1942年8月7日 アメリカ合衆国 ニューヨーク・クイーンズ区 生まれ

今作「ジグソウ・ソウ・レガシー」では「ジョン・クレイマー」を演じています。

「ソウシリーズ」とおして、全作に出演している彼のことは、「ソウ」を視聴済みであれば知らない方はいないでしょう👍

もはや「トビン・ベル」と聞いても「誰?」となりますが、「ジョン・クレイマー」と聞くと「ソウの人やん」となる方も多いのではないでしょうか?w

 

個人的にはそんなイメージの彼ですが、出演作品は「ソウシリーズ」だけではありません✨

彼が映画デビューしたのは1988年に公開された「ミシシッピー・バーニング」でした。

それ以降、独特の癖がある風貌を活かし、ドラマや映画に出演していますね!

ちなみに悪役を演じることが多いそうですw

ざっと見たところ、40を超える作品に出演していますが、そのうち「ソウシリーズ」だけで8作に出演しています^^

すでに現段階で76歳なので、せめてあと1作ぐらい「ソウシリーズ」に出演している姿が見たいと思いますね👍

今作に続編があることを祈っておきましょう✨

 

ジグソウ・ソウ・レガシーの結末は?

今作「ジグソウ・ソウ・レガシー」の結末ですが、これはほんと視聴してのお楽しみですねw

私として喉元まで出かけているのですが、もし未視聴の方がいれば絶対に知らない方がいいですから💦

これまではシリーズとして話が繋がっているため、その部分だけでも楽しめた作品でしたが、今作「ジグソウ・ソウ・レガシー」は新たなる「ソウ」だと私は思うので、結末以外に楽しみにしておくポイントが思いつかないんですよねw

それゆえにここでは伏せておきましょう!

もし知りたい方はお問い合わせからご連絡ください👍

 

まとめ&評価

これで「ジグソウ・ソウ・レガシー」のレビューは終了です。

いや、ほんと面白かったです👍

なぜか「コレジャナイ感」を感じてしまい、途中で心が折れかけましたが、結末まで見ると、次回作を楽しみにしている私がいますもんねw

これぞ「ソウ」って感じです✨

 

ジグソウ・ソウ・レガシーの評価は?

最後に、今作「ジグソウ・ソウ・レガシー」に評価をすると3.5/5.0です。

4.0でもいいかと思いましたが、今後に期待を込めて今作の評価はこれでいきます👍

新たなる「ソウシリーズ」という考え方で、これまでのシリーズを未視聴でも今作は楽しめると思いますよ!

ただ、いうまでもなく過激なグロ演出があるので、苦手な方は要注意ですね💦

「ソウシリーズ」に興味のある方は、今作からのスタートでもありだと思います^^

スポンサーリンク

 

では今回はこの辺で♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ