ジャスティス・リーグ/彼が帰ってきた

ジャスティス・リーグ 感想(ネタバレあり)

*見出しはTOPのタイトルをクリック

ども、ライです♪

今回レビューする作品はこちら!!

スポンサーリンク

「ジャスティスリーグ」です^ ^

 

作品情報

予告編はこちら

映画「ジャスティス・リーグ」は2017年に制作された作品で、「DCコミック」に登場する大人気ヒーローたちが集結し、地球を守るためにチームを組み「破滅の使者 ステッペンウルフ」と戦う姿を描いた「SF・アクション作品」です。

 

制作年:2017年

制作国:アメリカ

上映時間:120分

配信サイト:

原題:Justice League

監督:ザック・スナイダー

脚本:クリス・テリオ , ジョス・ウェドン

制作:チャールズ・ローベン , デボラ・スナイダー , ジョン・バーグ , ジェフ・ジョーンズ

出演キャスト:ベン・アフレック(ブルース・ウェイン/バットマン) , ヘンリー・カビル(クラーク・ケント/スーパーマン) , エイミー・アダムス(ロイス・レイン) , ガル・ギャドット(ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン) , エズラ・ミラー(バリー・アレン/フラッシュ) , ジェイソン・モモア(アーサー・カリー/アクアマン) , レイ・フィッシャー(ビクター・”ヴィグ”・ストーン/サイボーグ) , ジェレミー・アイアンズ(アルフレッド) , ダイアン・レイン(マーサ・ケント) , コニー・ニールセン(ヒッポリタ) , J・K・シモンズ(ジェームズ・ゴードン) , アンバー・ハード(メラ) , ジョー・モートン(サイラス・ストーン) ,  ビリー・クラダップ(ヘンリー・アレン) , ロビン・ライト(アンティオぺ) , ジェシー・アイゼンバーグ(レックス・ルーサー) , ジョー・マンガニエロ(スレイド・ウィルソン/デスストローク)

 

ジャスティスリーグのあらすじ

自らの命を賭して地球の危機を救ったスーパーマンの行動によって、人類への信頼を取り戻したバットマンが、迫りくる強大な敵に立ち向かうため、ワンダーウーマンとともに新たな仲間を探していく。そうして集まったのは、バットマン、ワンダーウーマンに加え、アクアマン、サイボーグ、フラッシュという、いずれも一筋縄ではいかない個性の強い超人たち。バットマンは彼らをまとめあげ、地球崩壊の危機に立ち向かわなければならないが……。

映画.com:http://eiga.com/movie/53174/

感想(ネタバレ注意!!)

まずは映画「ジャスティス・リーグ」について一言で言うと「あっという間の120分」です。

映画「ジャスティス・リーグ」は記事の初めでもお話ししたように、2017年に制作された作品で、「DCコミック」に登場する大人気ヒーローたちが集結し、地球を守るためにチームを組み「破滅の使者 ステッペンウルフ」と戦う姿を描いた「SF・アクション作品」です。

 

ジャスティス・リーグの内容

では初めに映画「ジャスティス・リーグ」の内容についてざっくりと説明すると、

悪を倒すため「スーパーマン」が命を落とした後、地球に残されたヒーロー「バットマン」と「ワンダーウーマン」は現在もなお悪と戦い続けていた。

そんなある日。

遠い遥か昔に神々たちが協力の元倒した強敵「ステッペンウルフ」が再び地球へと舞い戻り、

またしても地球を滅ぼそうと企んでいた。

その予兆を感じ始めてた「バットマン」と「ワンダーウーマン」は、「ステッペンウルフ」とその部下と戦うために強力な仲間を集め始める。

そうして集まった3人の仲間たち。

「フラッシュ」「アクアマン」「サイボーグ」

何度か「ステッペンウルフ」たちと戦いを重ねるも、このままでは力が足りないと感じ始めた。

そして「バットマン」提案の元、「スーパーマン」を復活させようと考える。

果たして「バットマン」たちは「スーパーマン」を復活させ、「ステッペンウルフ」から地球を守る事ができるのか?

 

みたいな作品でした^ ^

 

ジャスティス・リーグ 感想 あっという間の120分

そんな今作「ジャスティス・リーグ」ですが、

「DCコミック」を代表するスーパーヒーローたちがタッグを組み、悪と戦うといった内容の作品なので、

「アメコミ好き」にはたまらない!!

その一言で全て完結してしまう作品である事は間違いありません。

ちなみに誤解されがちな事を1つ補足しておくと、

「アイアンマン」「スパイダーマン」「キャプテン・アメリカ」

彼らは「マーベルコミック」のヒーローです。

そしてそんな彼らがチームを組み、悪と戦う作品が、

「アベンジャーズシリーズ」です✨

つい先日「4月27日」にも「アベンジャーズシリーズ」の新作が公開されましたね♪

それに対して、

「バットマン」「ワンダーウーマン」「スーパーマン」

彼らは「DCコミック」のヒーローとなります。

まあ出版社が違うとでも思ってもらえればいいかと思うのですが、

「バットマン」は「マーベルコミック」のヒーローではなく、「DCコミック」のヒーローなのでご注意くださいね^ ^

 

それはさておき、

今作「ジャスティス・リーグ」では今まで日の目を浴びなかったヒーローたちが、初登場している作品でした👍

「フラッシュ」に関しては私が愛用している動画サイト「Netflix」でドラマが配信されてはいますが、

映画での登場は初めてではないですかね?

ちなみに「フラッシュ」役は「ドラマ」と「映画」では違う人が演じています。

今作「ジャスティス・リーグ」の「フラッシュ」役は「エズラ・ミラー」氏が演じているので、

ドラマを見ている人には違和感があるかもしれませんね💦

あっ!それに「バッドマン」役も「クリスチャン・ベール」氏ではないので、

「バットマンといえば『ダークナイト』」みたいなイメージを持った方には少々違和感はありますね(・・;)

ちなみに私自身、違和感を感じた1人です。笑

後「サイボーグ」と「アクアマン」も、映画出演は今作が初めてではないでしょうか?

私自身、この2人関しては全く知識がなく、今作「ジャスティス・リーグ」にて存在を初めて知りましたが、

ただ出演しているだけ、空気な感じではなく、それぞれの特徴を活かしたシーンも複数あったりしたので、

これを機にファンがつくのでは?と思えるNEWヒーローでした👍

そんな新たなるスーパーヒーローたちが一気に登場した今作「ジャスティス・リーグ」ですが、

最強ヒーローたちが集結し、地球を滅ぼそうと企む悪と戦う作品。

ほんとそれだけです!!

シンプルな超人アクション作品なので、

大人から子供、老若男女問わず、「アクション好き」なら楽しめる作品だと思います✨

「美しい映像」と「激しいバトルシーン」は、

「できる事なら映画館で見たかった」と感じさせられた作品でした。

前置きが少々長いように感じたりもしましたが、それでも120分退屈する事はなく、

最後まで目を離せませんでしたしね!

ただ、全体的にバトルシーンは少ないように感じはしたので、もう少しバトルシーンはあってもよかったのでは?とは思います💦

 

ジャスティス・リーグ キャストは?

次にお話しするのは、映画「ジャスティス・リーグ」に出演しているキャストについてです。

まず1人目は「ベン・アフレック」氏です^ ^

http://eiga.com/person/65391/

1972年8月15日 アメリカ合衆国 カリフォルニア州 バーグレー生まれ

「俳優」「脚本家」「映画監督」「映画プロデューサー」と手広く活躍する「ベン・アフレック」氏ですが、

「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」と「ジャスティス・リーグ」での「バットマン」役を演じている方です。

幼い頃より子役として活動し、ずっと映画に携わる形で生涯を過ごしてきたようですが、

経歴自体もなかなか凄いです!!

10を超える賞を受賞しており、自身で製作を手がけた作品でも賞を受賞した経歴があります。

ちなみにあの有名海外スター「マット・デイモン」と幼い頃から非常に仲が良く、現在でも映画活動とは別で、共同で会社を経営したりしているようです。

そんな「ベン・アフレック」氏の出演する有名な作品は、

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」「アルマゲドン」「アルゴ」「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」

これらの作品ですね!

他にもたくさんの作品に出演してるので、興味のある方は「ベン・アフレック」氏の事をまとめてくれている「Wikipedia」のページを貼っておくので、見にいってください♪

https://ja.wikipedia.org/wiki/ベン・アフレック

次に紹介するのは「ガル・ガドット」さんです^ ^

https://handymikan.com/gal-gadot-2070

1985年4月30日 イスラエル 中央地区ペタク・チクヴァ生まれ

スポンサーリンク

「モデル」そして「女優」として活躍する「ガル・ガドット」さんですが、

偶然にもこの記事を書いている今日が誕生日なんですね👍

凄い偶然です!!

イスラエルで生まれた「ガル・ガドット」さんは、イスラエルには兵役義務があるため、2年間「戦闘トレーナー」の職務を経て、

2007年から「女優」としてデビューを果たしました。

ちなみに最強の女戦士「ワンダーウーマン」を演じるにあたって、兵役時代の経験が役立っていると話しているそうです。

そんな「ガル・ガドット」さんですが、

出演している作品を見る限り、名の売れた作品が多いですね!

「ワイルドスピードシリーズ」「ナイト&デイ」「ワンダーウーマン」「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」

などなど…。

その他にもこのブログ内で紹介している作品もありました^ ^

「ガル・ガドット」さんの出演している作品で紹介済みの作品のページを貼っておくので、興味のある方はぜひ♪

トリプル9 裏切りのコード/裏切り×暴力

ワンダーウーマン/最強の女戦士解禁!!

 

次に紹介するのは「ヘンリー・カヴィル」氏です^ ^

https://www.cosmopolitan.com/jp/entertainment/celebrity/series/a660/ikemen-henrycavill/

1983年5月5日 イギリス チャンネル諸島・ジャージー島生まれ

ここ最近の「スーパーマン」役といえば、「ヘンリー・カヴィル」氏の顔が浮かぶという方も少なくないでしょう?

2002年ごろから映画業界へと進出し、数々の映画に出演している「ヘンリー・カヴィル」氏ですが、

個人的にそこまで「おっ!」となるような作品には出ていません💦

実は「007シリーズ」や「トワイライトシリーズ」に出演する可能性があったにもかかわらず、

当時の年齢が役柄とマッチングしないという理由から、出演に至らなかったという悲しい出来事もあったそうです。。。

せっかくのチャンスを掴めなかった代わりに、

「スーパーマン=ヘンリー・カヴィル」という立場は手に入れる事ができたようですが…。

そんなこともあってか、代表作はやはり「スーパーマン」関連の作品ですね!

「マン・オブ・スティール」「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」「ジャスティス・リーグ」

これらが上がってきます。

もっと「ヘンリー・カヴィル」氏の事が知りたいという方は、「Wikipedia」の「ヘンリー・カヴィル」のページを貼っておくのでぜひ♪

https://ja.wikipedia.org/wiki/ヘンリー・カヴィル

次に紹介するのは「ジェイソン・モモア」氏です^ ^

http://eiga.com/person/86207/

1979年8月1日 アメリカ合衆国 ハワイ州 ホノルル生まれ

「俳優」そして「モデル」として活躍する「ジェイソン・モモア」氏ですが、

今作「ジャスティス・リーグ」での「アクアマン」役を演じている俳優さんですね!

実はこの方の顔を見た瞬間、「どっかで見た事あるなぁ」「なんの映画やっけ?」と自問自答したにもかかわらず、

結局答えは見つからないままに、作品が終わってしまったのですが、

実は「Netflixオリジナル作品」の「マッドタウン 」という作品に出演しており、

そのほかにも「シルヴェスター・スタローン」氏が主演の「バレット」にも出演していたんですね!

そこまで目立った経歴があるわけでもないのですが、見た目のインパクトから記憶に残ってしまいがちな方です。笑

ちなみに2018年に「アクアマン」単体の映画が公開されるようです✨

もちろん「アクアマン」役は「ジェイソン・モモア」氏ですよ👍

個人的には少し楽しみです!

「ジェイソン・モモア」氏が出演している「マッドタウン 」と「バレット」を紹介した記事を貼っておくので、興味のある方はぜひ♪

マッドタウン/自由を手に入れろ

バレット/復讐の銃弾

 

次に紹介するのは「エズラ・ミラー」氏です^ ^

http://eiga.com/person/91355/

1992年9月30日 アメリカ合衆国 ニュージャージー州 バーゲン郡ワイコフ生まれ

「俳優」そして「ミュージシャン」として活躍する「エズラ・ミラー」氏ですが、今作「ジャスティス・リーグ」で「フラッシュ」役を演じています。

個人的に今回で初めてまともに出演したnewヒーロー3人の中で、ダントツで「フラッシュ」推しではあるのですが、

映画「ジャスティス・リーグ」自体、「フラッシュ」を優遇していると感じたのは私だけでしょうか?

エンドロール後に「スーパーマン」と「フラッシュ」どちらが早いか競争する

みたいなシーン(これは漫画で実際あったシーンだそうで、次回作とは無関係みたいです)があったり、

「アクアマン」と「サイボーグ」と比べて頻繁にカメラに映っていたような気がしましたが、

まあもしかすると「フラッシュ」が推しだからそう感じたのかもしれませんね💦

「フラッシュ」単体の映画作品を見たいと思っている私にとって少し嬉しい話を先ほど知ったのですが、

どうも「エズラ・ミラー」氏の出演する「ザ・フラッシュ」というタイトルの作品が2020年に公開予定なのだとか…。

もし興味のある方は「エズラ・ミラー」氏をGoogleで検索し、TOPに出てくる「概要」ではなく「映画」を調べてみてください!

あとちなみに「エズラ・ミラー」氏が出演する有名な作品は、

「少年は残酷な弓を射る」「ウォールフラワー」「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

これらの作品ですね!

この中で紹介済みの映画の記事を貼っておくので、興味のある方はぜひ♪

ウォールフラワー/さよなら、壁際の僕。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅/新しい魔法の物語

 

以上で「ジャスティス・リーグ」のキャストの紹介は終わりです。

「あれ、1人忘れてない?」と思われる方もいらっしゃるかと思います。

そうですよね、「サイボーグ」を紹介していません。

ただ単に「サイボーグ」役の人の情報が少なすぎるの省かせてもらいました。

ご了承くださいm(_ _)m

「ジャスティス・リーグ」の「サイボーグ」役を演じた「レイ・フィッシャー」氏は今後の活躍に期待しましょう♪

 

ジャスティス・リーグ 結末は?

そして最後に映画「ジャスティス・リーグ」の結末についてですが、

これはまあ言うまでもありませんね!

こういったヒーローが悪と戦う作品ではありがちなラストです!!

まあ勝利して地球を守ったという事です👍

私が個人的にお話ししたい今作「ジャスティス・リーグ」は本編とは別の部分にあります。

それはエンドロールが終わり、ほんの1分ぐらいの映像で次回作に関係するようなシーンが流されます。

そこで「スーパーマン」に登場する悪役「ジェシー・アイゼンバーグ」演じる「レックス・ルーサー」と「バットマン」に登場する「ジョー・マンガニエロ」演じる「デスストローク」が映されます。

そして次回作の伏線と取ってもいいであろう「ジャスティスリーグ」に対抗するため手を組み、「ヴィラン」を招集しようと話を持ちかけるシーンで終わってしまいます。

ということはですよ!もう次回作はある程度出来上がっており、

「ジャスティスリーグ」VS「スーパーヴィラン」が見られるかもしれません✨

こんなに興奮することがあるでしょうか?

時系列がはっきりしないため一概には言えませんが、

もしかすると私が大好きな「ジョーカー」も登場し、その他の「ヴィラン」たちも登場なんて、考えるだけでワクワクがトマラナァイ♪

これは次回作にも期待できますね!

エンドロールで作品を消してしまう事が多い方は、この次回作への伏線をしっかりと目に焼き付けておいてください^ ^

 

まとめ

これで「ジャスティス・リーグ」のレビューは終了です。

まあ期待通りな作品ですね!

全く裏切られていませんし、次回作への伏線も残してくれたので、文句はないです👍

現在はTUTAYAで新作扱いでしたが、1週間レンタルできたので、興味のある方はこのGWを使って、映画「ジャスティス・リーグ」を見てはいかがでしょうか?

映画「ジャスティス・リーグ」に評価すると4.0/5.0です。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ