カイジ 人生逆転ゲーム/未来は僕らの手の中

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「カイジ 人生逆転ゲーム」です。

 

カイジ 人生逆転ゲームの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「カイジ 人生逆転ゲーム」は2009年に製作された作品で、大人気コミック「カイジ」を「藤原 竜也」さん主演で実写映像化した「ヒューマン・ドラマ作品」です。

 

製作年:2009年

製作国:日本

監督:佐藤 東弥

脚本:大森 美香

原作:福本 伸行

出演キャスト:藤原 竜也(伊藤 カイジ) , 天海 祐希(遠藤 凛子) , 香川 照之(利根川 幸雄) , 山本 太郎(船井 譲二) , 光石 研(石田 光司) , 吉高由里子 , 鈴木 亮平 , 松山 ケンイチ(佐原 誠) , 佐藤 慶(兵頭 和尊) , 松尾 スズキ(大槻 太郎) 

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

カイジ 人生逆転ゲームのあらすじ

自堕落な日々を送る26歳のフリーター伊藤カイジ(藤原竜也)は、友人の借金の保証人になったために多額の負債を抱えてしまう。そんな彼に金融会社社長の遠藤(天海祐希)は、一夜にして大金を手にできる船に乗ることを勧める。その船で奇想天外なゲームをするはめになったカイジは、人生を逆転するための命懸けの戦いに挑む。

シネマトゥデイ:https://www.cinematoday.jp/movie/T0007150

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「プラマイゼロ…」です。

この作品「カイジ 人生逆転ゲーム」は2009年に製作された作品で、大人気コミック「カイジ」を「藤原 竜也」さん主演で実写映像化した「ヒューマン・ドラマ作品」です。

 

カイジ 人生逆転ゲーム 感想 原作に忠実!?

この作品はこの記事の初めでもお話ししたように、大人気コミック「カイジ」を「藤原 竜也」さん主演で実写映像化した作品です。

私は「カイジ」自体、アニメで一通り見ており、私の中で好きな「アニメ作品」の1つになっている作品です。

そんな「カイジ」を実写映像化した今作には「良い点」「悪い点」のどちらも兼ね備えていると私は感じました^^;

スポンサーリンク

 

まずは「良い点」からお話ししますが、原作と同じシチュエーションをきちんと行なっている点や、原作での有名ゼリフをきっちりと使っている点についてです。

まあ原作ありきの今作なので当たり前ではあるのですが、ただ真似ているだけではなく、「カイジ」役が「藤原 竜也」さんだったからこそ良かったというのもあります^ ^

「金は命よりも重い」「キンキンに冷えてやがる!!」「悪魔的!!」などなど…

原作ファンなら嬉しい方も多いのではないかと思いました♪

あと今作の盛り上がるシーンでの盛り上げ演出は素晴らしいと思います!!

多少違う部分はありますが、基本的に結末は原作と同じにもかかわらず、原作を知っている私がついつい興奮してしまいました。

これは製作陣の努力の賜物であり、素晴らしい点だと思います♪

 

ここからは「悪い点」についてですが、作品自体に不満があるというよりも、キャストの選び方に違和感はかなり感じました^^;

まず金貸の「遠藤」役を「天海 祐希」さんが演じていますが、正直な感想として「なぜ女性?」となる方が多いのではないでしょうか?

「天海 祐希」さんを除くとメインで出演している女性キャストがいないため、無理やり女性キャストとして「天海」さんを使った感が否めないと私は感じました。

次に「エスポワール号」の中で「カイジ」をハメる「船井」役が「山本 太郎」なのも、個人的にはかなり違和感…。

原作では小太りなおっさんだったのに対して、胡散臭い細身のおっさんである「山本 太郎」さんをなぜ選んだのか?

関西人の私的に「山本 太郎」さんを見ると、大阪が舞台の「ミナミの帝王」という作品での「山本 太郎」さんのイメージが強すぎるのもあってか、なおさら違和感満載でした^^;

 

まとめ

これで「カイジ 人生逆転ゲーム」のレビューは終了です。

感想の部分で「良い点」も「悪い点」もお話ししましたが、嫌いな作品ではありません!!

むしろどちらかと言うと「好きな作品」です。

かなり端折っている部分もありますが、まあ2時間ちょいに収めるならこれぐらいは仕方ないかと思いましたし、別に無駄な部分が多いというわけでもないため、これは仕方がないかと思います^ ^

まあ個人的には「エスポワール号」の中の部分はもう少し丁寧に製作して欲しかったとは思いましたが…。笑

この作品に評価をすると3.5/5.0といったところです。

「エスポワール号」を抜けるまで「面白くない作品かな?」と思わざるを得ない状態でしたが、抜けてからは個人的に楽しい作品でした^ ^

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ