キック・アス/オタクがスーパーヒーローに!?

どうも、こんばんはライです^ ^

今日紹介する作品は「キック・アス」です。

 

キック・アスの予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品は私が大好きな海外映画の1つであり、大好きな「クロエ・グレース・モレッツ」ちゃんも登場している、大好きだらけの作品です♪

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

キック・アスのあらすじ

主人公は全く冴えない「デイヴ」という青年

「デイヴ」は特別勉強ができるというわけでもなく、スポーツが万能というわけでもない。

何をやらしても普通もしくはそれ以下のアニメオタクの青年だった。

ある日、「デイヴ」はなぜこの世界にはスーパーヒーローがいないのか?

「スパイダーマン」「バットマン」がいてもおかしくないじゃないか?という疑問を抱いた。

そこで「デイヴ」は自分がスーパーヒーローになり、悪を懲らしめる計画を立て始めた。

「デイヴ」はインターネットでコスチュームや武器を手にいれる。

日常的にそれらを身につけて行動するようになった。

 

ある日、「デイヴ」は大怪我をして、入院することになってしまった。

「デイヴ」はこの事故によって身体のいたる部分に金属を入れることとなり、少しの痛みなら感じないという中途半端な特殊能力を手にいれた。

「デイヴ」が怪我で入院している間に「デイヴ」に関するある噂が学校で流れ、今まで気になっていた「ケイティ」という女性との距離がグッと縮まる。

 

そんな「ケイティ」から「デイヴ」はある相談を受けた。

スポンサーリンク

「デイヴ」は受けた相談の問題を解決するため、ある場所へ向かった。

その場所でトラブルに巻き込まれた「デイヴ」だったが、見知らぬ少女に助けてもらった。

その少女は自分のことを「ヒットガール」と名乗った。

「デイヴ」はこの少女と出会ったことをきっかけに様々なトラブルに巻き込まれていくのであった…。

 

ここから先が気になる方はぜひご自身の目で見てみてください^ ^

 

キック・アスの感想(ネタバレ注意!!)

まずこの作品について一言で言うと「やっぱり面白い」です。

アクションとコメディーをうまく融合しており、アクションシーンは激しく銃を乱射し、コメディーシーンも日本人でも笑えるような笑いとなっています。

個人的には「クロエ」ちゃんのアクションシーンがカッコよく、作品内の設定では「11歳」ですが、学年でいうと小学校5年生…「こんな強い小5の女の子がいないでしょ!!」と誰もがツッコミたくなるアクションシーンが盛りだくさん♪

この「クロエ」ちゃんのお父さん役が「ニコラス・ケイジ」なのですが、今作はふざけた感じにもかかわらず、出演陣は豪華です^ ^

そんな2人のやり取りで、誕生日プレゼントに「バタフライナイフ」をねだる「クロエ」ちゃんが怖いような可愛いような…。笑

 

まとめ

これで「キック・アス」のレビューは終了です。

これといって悪いところが今作に私はあるとは思いません^ ^

幼き頃の「クロエ・グレース・モレッツ」のまるで天使のような笑顔が見れて、そんな彼女のアクションシーンも盛りだくさんの今作は言うこと無しです!!

「クロエ」ちゃんファンというだけで見る価値は十分にある作品かと思いますよ♪

これをきっかけに、今作を見たことがある方も、もう1度見てみてはいかがでしょうか?

もちろん見たことがない方はぜひ見てください^ ^

ただ下ネタシーンやちょいグロシーンがちょいちょいあるので、苦手な方は注意してください^^;

今作に評価をすると4.0/5.0といったところです。

何度も言いますが、個人的には非常におすすめな作品です^ ^

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ