寄生獣 完結編/愛する人を、守れますか?

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「寄生獣 完結編」です。

 

寄生獣 完結編の予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「寄生獣 完結編」は、「岩明 均」さんの大人気コミック「寄生獣」を「染谷 将太」主演で実写映像化した「SF・ドラマ作品」です。

また今作には前編が存在し、この記事に書いている「寄生獣 完結編」は後編になります。

 

製作年:2015年

製作国:日本

監督:山崎 貴

脚本:古沢 良太 , 山崎 貴

製作:市川 南 , 中山 良夫

出演キャスト:染谷 将太(泉 新一) , 深津 絵里(田宮 良子) , 阿部 サダヲ(ミギー) , 橋本 愛(村野 里美) , 新井 浩文 , 岩井 秀人 , 山中 祟 , ピエール瀧 , 豊原 攻補 , 大森 南朋 , 北村 一輝 , 國村 隼 , 浅野 忠信

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

寄生獣 完結編のあらすじ

右手に寄生生物ミギーを宿した高校生・泉新一の暮らす東福山市は、広川市長を中心に組織化されたパラサイトたちが一大ネットワークを構築。寄生生物殲滅を目指す人間側も、対パラサイト特殊部隊を結成して奇襲作戦の準備を進めていた。一方、人間の子を産み、人間との共存を模索するパラサイト・田宮良子は、ミギーと共生する高校生・泉新一の存在に、その可能性を見出していたが、新一は母親を殺されたことをきっかけに寄生生物への憎しみを募らせていた。そんな彼らの前に、最強のパラサイト・後藤が現れる。

映画.com:http://eiga.com/movie/79556/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「これで納得!!」です。

この作品「寄生獣 完結編」は、「岩明 均」さんの大人気コミック「寄生獣」を「染谷 将太」主演で実写映像化した「SF・ドラマ作品」です。

 

寄生獣 完結編 感想 モヤモヤを解消

感想に入る前にちょっとした余談なのですが、実は今作で「寄生獣」たちが拠点としている市役所は、私の住んでいる地区の市役所なんです♪

撮影している際に横の道を通ったことがあり、その時は「寄生獣」の撮影だとは知らなかったのですが、後からそれを知り「もっとちゃんと見とけばよかった…」と後悔しました。笑

 

では本題に入りますが、

前回「寄生獣 前編」の感想を記事にし、ブログに掲載しましたが、それなりに楽しめた作品でしたが、なんだかモヤモヤしたものがありました。

そのモヤモヤは「寄生獣 完結編」にて見事取り払うことができました♪

今作を見る前に前編を見ておくことは必須事項です!!

スポンサーリンク

完全につながっているので、今作から見てしまうと何がなんだかわからないのでご注意を!

前編と比べるとありとあらゆる要素が、後編の方が優れています。

「アクション」や「感動」シーン共に、「後編」では「前編」よりも多く、特に私は「感動」に関しては「後編」の方がしっかりと作られていると感じました^ ^

その中でも「深津絵里」演じる「田宮 良子」が自分が死ぬ前に「染谷 将太」演じる「泉 新一」に我が子を託すシーンは感動…。

それに「ミギーの細胞を使い命を取り留めてから、何があっても泣くことができなくなった」自分を気にしていた「泉 新一」もこの時に涙を流し、「感動&感動」と感動の連続でした。

 

次に前編と比べると「泉 新一」と「ミギー」の距離が全編に比べて、かなり縮まっています。

この点は見ていてほっこりしましたし、「ミギー」に夕飯を作らせているシーンは笑えました^ ^

そんな「ミギー」とラストでお別れになってしまいます…。

「新一」の治療のために自分の細胞を犠牲にした「ミギー」は深い眠りに入るとのこと^^;

次に目覚めるのは1年後かもしれないし、100年後かもしれない…。

いつ目覚めるかわからないという別れは寂しいラストでした。

原作を見ていないので、この部分が「原作と同じ」なのか「オリジナル」なのかわかりかねますが、どうせならこれからも仲良くして欲しかったです^^;

 

そして次に今作に出演している「ピエール瀧」と「浅野忠信」についてですが、あの2人はまさか同一人物で、1つの身体に5匹の寄生獣が住み着いており、入れ替わっている展開には驚きました。

まさかそんな発想があるとは考えもせず、今作でのこのシーンは素で驚かされました。笑

しかし、ピエール瀧は本当に悪役が似合いますね!笑

しかもちょっとイかれた感じの悪役が…。笑

この人を見ると「凶悪」でのキャラを思い出し、未だに顔を見ると胸糞悪いです。笑

 

寄生獣 完結編 結末

そして最後にこの作品のラストについてですが、この部分でも驚かされました^^;

まさかの「泉 新一」の恋人である「村野 里美」が死んだと思わされる展開…。

前編で「新一」の母親が死んでしまうような作品なので、まさか後編ではまたしても「新一は大切な人を失うのかよ…」と思わされてからの、「実は死んでませんでした!!」な展開には「よかった」と思う気持ちと「脅かすなよ」という2つの気持ちにさせられ、まんまと制作側の狙いにハマったのではないかと思います。笑

 

まとめ

これで「寄生獣 完結編」のレビューは終了です。

前編では「普通かな」と感じていた感想が、後編を見ることによって完全に1つの楽しめる作品として出来上がりました^ ^

原作ファンの方からするとわかりませんが、原作を知らない私としては楽しめる作品であり、見てよかったと思います。

この作品に評価をすると3.5/5.0といったところです。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ