雲のむこう、約束の場所/3人の約束…

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「雲のむこう、約束の場所」です。

 

雲のむこう、約束の場所の予告編はこちら

スポンサーリンク

今作は以前レビューした「秒速5センチメートル」や「君の名は」で監督を務めた「新海誠監督」が監督を務めた作品です。

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししたいと思います^ ^

 

雲のむこう、約束の場所のあらすじ

戦争後の日本は、津軽海峡を挟んで、南北に分断されていた。

南側はアメリカに占拠、北側はユニオンに占拠されている現状だった。

北側北海道は「蝦夷」と呼ばれており、「蝦夷」にはとてつもない高さの謎の塔が建てられていた。

 

今作のメインとして登場する2人の少年

彼らの名は「ヒロキ」と「タクミ」

「ヒロキ」はクラスメイトの「サユリ」に思いを寄せていた。

彼らは青森県で暮らす中学3年生

「ヒロキ」と「タクミ」は自分たちの住んでいる場所から見える「謎の塔」に興味津々だった。

2人はある計画を立てていた。

それは「謎の塔」まで自分たちで行くことだった。

2人はアルバイトでお金を稼ぎ、自分たちで飛行機を作っていた。

ある日、「タクミ」は、街中で「サユリ」と会い、少し変わった話を聞かされる。

それは「サユリ」がよく見る自分の夢の話だった。

これをきっかけに「ヒロキ」と「タクミ」が作成している飛行機を「サユリ」も見にくる事になった。

そして「ヒロキ」と「タクミ」は、自分たちが計画している「謎の塔まで行く」という計画に「サユリ」を誘った。

3人は絶対に飛行機を完成させて、「謎の塔」まで行くことを約束した。

 

ここから先が気になる方はぜひご自身の目で見てみてください^ ^

スポンサーリンク

 

雲のむこう、約束の場所の感想(ネタバレ注意!!)

まずこの作品について一言で言うと「うーん」といった感じです。

「新海誠監督」の作品を見るのは、この作品を合わせて3本目です。

ですが、今作は少し内容が難しいように私は感じました^^;

それと作品の中で違和感のような物も感じました。

・まずはなぜ難しいと思うのか?

言葉の言い回しが非常に難しいと私は感じました^^;

正直言って途中から眠たくなります。笑

大人になった「タクミ」は研究所のような場所に務めており、そこでは「謎の塔」について研究しているのですが、その塔についての説明やシステム名称?など、非常にごちゃごちゃしています^^;

「新海誠監督」あるいは、頭の良い方であれば理解できるかと思いますが、子供などには特に理解し難い作品ように私は思いました。

・違和感について

次に私が今作を見るにあたって感じた違和感についてですが、「なぜ中学生が飛行機を作れるの?」、そして「なぜ飛行機を操縦できるの?」という点について違和感を覚えました^^;

作品としてのアイデアは面白く、「自分の作った飛行機で謎の塔まで行く」という立派な夢を持った主人公たちを、応援したくなる気持ちは確かにありましたが、中途半端に無理のある設定ということで、リアリティーにかけてしまうと私は感じました。

その設定で作品を作るのであれば、「もう少し登場人物の年齢をあげる」などしないと、中学生が飛行機を作るなんてありえないのではないでしょうか?

 

まとめ

これで「雲のむこう、約束の場所」のレビューは終了です。

正直言うと、「新海誠監督」が作った作品ということで、期待はしていたのですが、ちょっとがっかりな作品だと私は感じました^^;

もう少し分かりやすい設定にすることで、今よりは万人ウケする作品になると思うのですが、このままだと難しすぎて理解するので一杯一杯です。

面白くないというわけではないので、なおさら勿体無いように私は感じました。

この作品に評価をすると3.0/5.0といったところです^ ^

興味があるのであれば見る価値がある作品だと思いますが、あまり期待しすぎないというのを肝に命じておいてください!

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ