凶悪/実話を元にした凶悪犯罪…。

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「凶悪」です。

 

凶悪の予告編はこちら

スポンサーリンク

 

この作品「凶悪」は2013年に製作された作品で、ベストセラーノンフィクション「凶悪 ある死刑囚の告発」を映像化した「スリラー/ドラマ作品」です。

 

製作年:2013年

製作国:日本

監督:白石 和彌

脚本:高橋 泉 , 白石 和彌

製作:鳥羽 乾二郎 , 十二村 幹男

出演キャスト:山田 孝之(藤井 修一) , ピエール 瀧(須藤 順次) , リリー・フランキー(木村 文雄先生) , 池脇 千鶴(藤井 洋子) , 白川 和子(牛場 百合枝) , 吉村 実子(藤井 和子) , 小林 且弥(五十嵐 邦之) , 斉藤 悠(日野 佳政) , 米村 亮太郎(佐々木 賢一) , 松岡 依都美(遠野 静江) , ジジ・ぶぅ(牛場 悟) , 村岡 希美(芝川 理恵)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

凶悪のあらすじ

取材のため東京拘置所でヤクザの死刑囚・須藤と面会した雑誌ジャーナリストの藤井は、須藤が死刑判決を受けた事件のほかに、3つの殺人に関与しており、そのすべてに「先生」と呼ばれる首謀者がいるという告白を受ける。須藤は「先生」がのうのうと生きていることが許せず、藤井に「先生」の存在を記事にして世に暴くよう依頼。藤井が調査を進めると、やがて恐るべき凶悪事件の真相が明らかになっていく。

映画.com:http://eiga.com/movie/77879/

 

感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「胸糞悪すぎ…」です。

この作品ですが、記事の初めの方でも書いているように「実話」が元の作品です。

とにかく内容は強烈で、気分を害する方もいらっしゃるかと思いますので、ここから先はご注意を!!

 

凶悪 感想 胸糞の塊…

この作品のメイン人物となる3人の説明からすると

「藤井 正一(山田 孝之)」 無口な仕事人間 妻と痴呆症の母親と暮らしているが、母親を妻に任せっきりで家庭仲を良くない。

「須藤 順二(ピエール瀧)」死刑を待つ「元ヤクザ」 この事件を告発した人間

スポンサーリンク

「木村 文雄先生(リリー・フランキー)」 須藤順二が先生としたっていた不動産ブローカーでありながら、今回「須藤」が告発した事件の張本人

 

3人とも実在した人物で、名前は違えどやっていることは同じだそうです。

 

今作では「須藤」と「木村」とその周りの部下たちも含めて全員狂っています^^;

今作で登場する3つ事件全ての対象が「老人」です。

「借金まみれの老人」「金を返さない老人」「土地持ちの老人」

「須藤」と「木村」はこれら3人を保険金目当てや土地目当てで殺します。

ちなみに人を殺してお金にしていた「木村」のことを、周りの人間は「錬金術師」だと言っていたそうです。

この3件の事件のどれもが「凶悪」で、「リリーフランキー」演じる「木村 文雄」の人殺しを楽しんでいる姿は強烈の胸糞悪かったです^^;

それに負けず劣らずな「ピエール瀧」演じる「須藤 順二」もなかなかの所業の悪さで、死体を消すためにバラバラにし、燃やすシーンなどがあるのですが、これも実際にあったことというのですからなかなかキツいです。

 

個人的にこの3つの事件の中で一番キツいのは、「借金まみれの老人殺人」の事件です。

この事件は5000万円の借金を抱えた老人に保険をかけ、老人に大量の酒を飲ませて殺したという事件です。

それもその「老人」の家族とぐるになって行われた犯行であり、お互いの利害関係が一致しての事件でした。

個人的にこの事件が1番胸糞悪い事件です^^;

 

もしよければこの事件概要が載っているリンクを貼っておくので、興味があれば一度見に行ってください^ ^

Wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/上申書殺人事件

 

ちなみに「須藤 順次」も「木村 文雄」もまだ刑務所内で生きているそうです。

そのせいか、ラストの終わり方も腑に落ちない部分がありましたが、これは仕方がないかと思います。

 

まとめ

これで「凶悪」のレビューは終了です。

こんな凶悪な犯罪が日本で実際に起こったとは思えないような内容の作品でした。

見終わった後はとにかく胸糞悪い…。

ですが、これは実際に起こったことであり、「藤井 正一(山田 孝之)」が言うように「闇に葬られてはいけない事件」だと私も思いました。

内容が内容なだけに、おすすめできる作品かと言われると難しいですが、個人的には知っておく作品だと思います。

この作品を見ると「ピエール瀧」と「リリー・フランキー」のことを嫌いになること間違いなしです!!笑

演技とわかっていても、これから先この2人を見ると「須藤 順二」と「木村 文雄」が頭に浮かび、嫌な気持ちなるでしょう^^;

この作品に評価をすると4.0/5.0といったところです。

「エロ」と「グロ」どちらも兼ね備えている作品なので、それらが苦手な方は注意が必要です。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ