かぞくはじめました/親友だからじゃない

ども、ライです♪

今回は「かぞくはじめました」のレビューです^ ^

 

作品情報

 

かぞくはじめました 予告編はこちら

 

スポンサーリンク

 

映画「かぞくはじめました」は2010年に制作された作品。

初めて出会った時、最悪の印象だった男性「メッサー」と女性「ホリー」

そんな2人にとって共通の友人である夫婦が1人の娘を残し、突如「事故」で命を落としてしまう。

残された娘の面倒を突然みなくてはいけなくなってしまった男女の姿を描いた「ロマンティック・コメディ作品」

 

制作年:2010年

制作国:アメリカ

上映時間:115分

配信サイト:Netflix(ネットフリックス)…etc.

原題:Life as We Know it

監督:ブレッグ・バーランティ

脚本:イアン・ドイッチマン , クリスティン・ラスク・ロビンソン

制作:バリー・ジョセフソン , ポール・ブルックス

出演キャスト:キャサリン・ハイグル(ホリー) , ジョシュ・デュアメル(エリック・メッサー) , ジョシュ・ルーカス(サム) , クリスティーナ・ヘンドリックス(アリソン・ノヴァク) , ヘイズ・マッカーサー(ピーター)

 

 

かぞくはじめました あらすじ

 

やり手のケータリング業者のホリー(ハイグル)は、TVディレクターのエリック(デュアメル)とデートするが、お互いに最悪な印象をもったまま別れる。だが、2人の共通の友人夫婦が事故で死んでしまい、孤児となった1歳の女の子ソフィーを育てることになる……。

映画.comより引用

感想(ネタバレ注意!!)

 

まず今作「かぞくはじめました」について一言でいうと「「ありきたりやけど良作」です。

映画「かぞくはじめました」は2010年に制作された作品で、親友夫婦が突如「事故」で亡くなり、残された1人娘の面倒を見ることになった「犬猿の仲」の男女が、問題が連続する中でも、残された子供を通して今までの人生とは違うよう変化していく姿を描いた「ロマンティック・コメディ作品」です。

 

かぞくはじめました 内容

でははじめに、今作「かぞくはじめました」の内容をざっくりと紹介すると、

 

共通の友人を通して出会った男女「メッサー」と「ホリー」

2人の初めての出会いは最悪だった。

しかし、共通の友人が行うイベントでは、必ず顔を合わせていた。

友人夫婦に初めて娘が生まれてからも、2人はよく顔を合わせていた。

 

そんなある日。

不慮の事故によって、友人夫婦は命を落としてしまう。

それも1人娘を残して…。

 

2人が亡くなったことで呼び出された「メッサー」と「ホリー」

悲しみに暮れる2人だったが、翌日衝撃の話を弁護士から聞かされる。

それは、亡くなった友人夫婦が「自分たちに何かあった時、娘の面倒を『メッサー』と『ホリー』に頼みたい」という遺言が残されていたのだ。

 

家族を持つどころか、まともに恋人すらいない2人。

と言うより、家庭向きではなかった2人が、突如「子育て」をする立場となってしまう。

断ることも考えた2人だったが、親友の頼みということもあり、結局2人は親友夫婦が住んでいた家で、3人での生活が始まる。

 

慣れない子育てだけでもいっぱいいっぱいにもかかわらず、犬猿の中だった2人の間で数々の問題も起こり始める。

トラブル続きの3人だが、果たしてどうなってしまうのか?

 

みたいな作品でした^ ^

 

かぞくはじめました 感想 コメディだけではない!

 

そんな今作「かぞくはじめました」ですが、

映画配信サイト「Netflix」にて無料で視聴できる作品でして、家族から勧められた作品でこれまで見たことも聞いたこともない作品でした。

 

内容を聞いている限り面白そうな匂いのする作品だったので、見るに至ったわけですが、

「ありきたりな展開」や「ありきたりな結末」の作品だと思います💦

この部分に関しては評価でも叩かれている節がありますね。笑

まあ個人的にもそう感じた部分はありましたが、これに関してはこれといって文句はないです^ ^

 

先ほど「ロマンティック・コメディ」とお話ししたと思いますが、

「ロマンティック」と「コメディ」それに+「真面目さ」があると言いますか、そういった要素もある作品だと感じました。

スポンサーリンク

様々な要素が混じっている作品ではありますが、それらが上手く組み合わせれており、作品自体のテンポも良し、

たくさん言われている「ありきたり」という部分に関しても、

「ありきたりながら心に響いてくる…」そんな作品だと思います✨

 

「普通の家族じゃないから、普通のことができない」

「だからこそたくさんの壁にぶつかる」

 

これらの要素が今作のキモではないでしょうか?

 

私はそんな風に思います👍

 

かぞくはじめました キャストは?

 

次にお話するのは、今作「かぞくはじめました」に出演しているキャストの方たちについてです。

 

まず1人目は「キャサリン・ハイグル」さんです^ ^

映画.comより引用

 

1978年11月24日 アメリカ合衆国 ワシントンD.C 生まれ

今作「かぞくはじめました」では「ホーリー」を演じています。

9歳の頃に、「ヴィル・ヘルミナ」というモデル事務所と契約し、モデルとしてスタートしたのが「キャサリン・ハイグル」さんの始まりでした。

いくつかCMなどにも出演し、1992年に公開された「恋に焦がれて」で映画デビューを果たします。

これをきっかけに女優業へと興味を持った彼女ですが、それから1999年まではB級作品への出演ばかりで、伸び悩んでいたそうです。

しかし、1999年に出演したテレビシリーズ「ロズウェル-星の恋人たち」で一躍有名となり、それ以降は数々の有名作品にも出演しています✨

今作「かぞくはじめました」を見るに至った理由として、

「キャサリン・ハイグル」さんのファンファンだから…という方も多いようですね♪

 

そんな「キャサリン・ハイグル」さんの出演する有名な作品を紹介すると、

「暴走特急」「ロズウェル-星の恋人たち」「グレイズ・アナトミー 恋の解剖学」

これらの作品が上がっています。

 

興味のある方はぜひ見てみてください👍

 

次に紹介するのは「ジョシュ・デュアメル」氏です^ ^

映画.comより引用

 

1972年11月14日 アメリカ合衆国 ノースダコタ州 マイノット生まれ

今作「かぞくはじめました」では「メッサー」を演じています。

「ジョシュ・デュアメル」氏は少し珍しいパターンで俳優となった方のようで、

もともと26歳まで「建築関係」の仕事に就いていました。

その時、偶然スカウトされ、俳優となったのですが、海外の方でこのパターンは珍しいように思います^ ^

日本だと「スカウトされて」というパターンが良くありますが、海外では「あらかじめ俳優をめざして」みたいなパターンが多いですからね!

 

スカウトされてすぐは「GAP」のCMに出演したりしていたようですが、2002年に俳優としてテレビドラマ「All My Children」に出演し、「エミー賞」を受賞した経歴があります。

 

そんな「ジョシュ・デュアメル」氏の出演する有名な作品を紹介すると、

「トランスフォーマーシリーズ」

が上がっています。

このブログ内では彼の出演する作品「ムービー43」を紹介しているので、興味のある方はぜひ♪

ムービー43/酷評の嵐!?超問題コメディ

 

かぞくはじめました 結末は?

 

次にお話するのは、今作「ムービー43」の結末についてです。

途中までは「えっ?そうなるの?」みたいな流れなのですが、

「そうではない」と分かった瞬間からは、予想でき過ぎてしまう結末でしたね!笑

今作のような流れを経験する方は「そうそういない」と思いますが、

こんな形の恋愛もありなのかもしれませんね👍

普通に付き合って、普通に結婚へと至る以上に、大事な経験ができそうな気がします^ ^

 

まとめ

これで「かぞくはじめました」のレビューは終了です。

ありきたりではありますが、ありきたりな中にも今作だからこその良さが私はあると感じました✨

基本的に長い作品が好きではない私にとって、今作の2時間があっという間だったのが何よりの証拠だと思います。

 

かぞくはじめました 評価は?

 

映画「かぞくはじめました」に評価をすると4.0/5.0です。

興味のある方はぜひ見てみてくださいね👍

 

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ