LION/ライオン〜25年目のただいま〜/25年に月日を経て再会の実話

 

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「LION/ライオン〜25年目のただいま〜」です。

スポンサーリンク

*予告編はこちら

 

この作品「LION/ライオン〜25年目のただいま〜」は2016年に製作された作品で、「インド」で迷子になった5歳の少年が、25年にという月日を経て「Google Earth」を使い、家族との感動の再会を果たした実話を元に製作された「ヒューマンドラマ作品」です。

 

製作年:2016年

製作国:オーストラリア

監督:ガース・デイビス

脚本:サルー・ブライアリー

製作:エミール・シャーマン , イアン・カニング , アンジー・フィールダー

出演キャスト:デブ・バテル(サルー) , ルーニー・マーラ(ルーシー) , ニコール・キッドマン(スー) , デビット・ウェンハム(ジョン) , サニー・パワール(サルー幼少期) , アビシェーク・バラト(グドゥ) , プリヤンカ・ポセ(カムラ) , タニシュタ・チャテルジー(ヌーレ) , ナワーズッディーン・シッディーキー(ラーマ) , ディープティ・ナバル(ミセス・スード) , ディビアン・ラドワ(マントッシュ) , サチン・ヨアブ(バラト) , パッラビ・シャルダー(プラマ) , アルカ・ダス(サミ)

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います^ ^

 

*あらすじ

1986年、インドのスラム街で暮らす5歳の少年サルーは、兄と仕事を探しにでかけた先で停車中の電車で眠り込んでしまい、家から遠く離れた大都市カルカッタ(コルカタ)まで来てしまう。そのまま迷子になったサルーは、やがて養子に出されオーストラリアで成長。25年後、友人のひとりから、Google Earthなら地球上のどこへでも行くことができると教えられたサルーは、おぼろげな記憶とGoogle Earthを頼りに、本当の母や兄が暮らす故郷を探しはじめる。

映画.com:http://eiga.com/movie/84622/

 

ではここから感想です^ ^

スポンサーリンク

*感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「良作やけど…」です。

この作品「LION/ライオン〜25年目のただいま〜」はこの記事の始めでもお話ししたように、2016年に製作された作品で、「インド」で迷子になった5歳の少年が、25年にという月日を経て「Google Earth」を使い、家族との感動の再会を果たした実話を元に製作された「ヒューマンドラマ作品」です。

そんな今作は「アカデミー賞最有力」と言われ、様々な賞を多数受賞した実績のある作品です。

それを知って今作にたどり着いたからには、必然的にハードルが上がり、やはり期待してしまいます^ ^

もちろん悪い作品ではありませんが、言いたいことは少々あります^^;

まあそれについてお話しする前に、今作の内容について簡単に説明すると、

 

主人公の初年「サルー」

「サルー」の家は貧しく、「毋」「兄」「妹」の4人で生活しています。

ある日、「サルー」は少し年の離れた兄「グドゥ」の仕事に無理やりついていくもはぐれてしまいます。

そのままかなり離れた地まで電車で運ばれ、そこは全く知らない場所でした。

兄の助けを呼ぶも、もちろんそんなところにいるはずはありません。

その駅で自分と年齢のかわらない「孤児たち」と出会います。

孤児たちはダンボールを1枚わけてくれ、その夜を共に過ごしました。

しかしみんなが寝静まった頃、大人たちが現れ、孤児たちをさらっていきました。

「サルー」はなんとか逃げきりますが、また1人になってしまいます。

翌日、「サルー」が途方にくれ、1人で歩いていると1人の女性と出会います。

その女性に自宅へ招いてもらい、その日、「サルー」はその女性にお世話をしてもらい、翌日一人の男性と出会います。

その夜、その男性は「サルー」を迎えに来るとのことでした。

しかし「サルー」はこの男性と助けてくれた女性に違和感を覚え、隙を見て逃亡します。

それから2ヶ月が経ち、1人の男性と出会います。

「サルー」はその男性に連れられ、警察署へと向かいました。

そこで事情を話し、孤児を預かる「施設」のような場所へと連れて行かれます。

その施設の人の手によって、オーストリアに住む夫婦の元へと養子に出ることが決まった「サルー」

 

1987年 オーストラリア

そこでたくさんの事を学び、大人になっていく「サルー」

それから20年の月日が流れ、大人になったサルーは自分の人生を歩み始めます。

 

2008年 メルボルン

ホテル経営について学ぶため、メルボルンにやってきたが、ここで「GoogleEarth」の存在を知ります。

 

2010年 タスマニア

「サルー」は育ての親や彼女のことで葛藤しながらも、自分の「故郷」そして「産みの親」を探し始める…。

 

みたいな作品です^ ^

 

結果としてはしっかりと求めていたものを与えてくれる「良い作品」だと思います!!

ですが個人的に気になったのはそこに至るまでです^^;

今作は2時間ほどある作品なのですが、正直なところも「うちょっと縮めれたのでは?」と私は思いました。

と言うのも「本題に入るまでが無駄に長い…」です^^;

2時間もの間、「メリハリ」が無く「前置きが非常に長い」と感じました。

今作を手に取った際に私が今作に求めていたものは「25年に月日を経て、どうやって再会したのか?果たして再会できたのか?」という部分をメインに求めていました。

それが蓋を開けてみると半分、もしくはそれ以上が「孤児の現状」というような状態になっており「何がメインなのか?」よくわからない状態になっている気がしました^^;

「サルー」が実際に経験したことなので、感情移入させるために必要なのはわかりますが、そこに点を持って来すぎでは?」と思いましたし、結局本題の「再会」については「そんなあっさりなん?笑」と感じるぐらいテンポよく進んでしまいました。笑

そういうことからも素直に「良作」だとは言い難い作品です^^;

 

次に今作の「感動ポイント」についてですが、これはシンプルに良かったです♪

「サルー」が養子になるまでは「貧しい生活」そして迷子になり経験した怖い出来事の数々…。

それらをなかったことにするかのような「育ての夫婦」との出会い。

大人に対して恐怖心を抱いていた「サルー」が少しずつ心を開いていき、きちんとこの夫婦を親だと慕っている…そんな姿にはほっこりしました♪

そして結末に関連してくる部分でも、きちんと「故郷」を見つけ、「産みの親」とも再会を果たします。

残念なことに兄「グドゥ」は亡くなっていましたが…。

「サルー」とはぐれたすぐ後に、列車事故にて兄は命を落としていたようです。

それについては非常に残念でしたが、「母」「妹」には無事に会うことができて良かったです^ ^

あと、今作「LION/ライオン〜25年目のただいま〜」の結末で、「サルー」「産みの親」「育ての親」が会うシーンが流れます。

このシーンは実際の映像を使っているのですが、今作での1番良かったシーンだと私は思いました。

ぜひ最後まできちんと見ていただけたらと思います^ ^

スポンサーリンク

*まとめ

これで「LION/ライオン〜25年目のただいま〜」のレビューは終了です。

感想の部分でもお話ししたように、気になる部分はありましたが、結果としては良い作品だと思います^ ^

興味があるのであれば見ても良い作品だと思います。

この作品をおすすめするとすれば「実話系」が好きな方、その中でも「実話の感動系」が好きな方であれば楽しめるのではないかと思います。

「実話」の作品では割と綺麗にまとまっている印象でしたし「不完全燃焼感」のようなものもありませんでした!!

この作品に評価をすると3.5/5.0と行ったところです。

では今回はこの辺で♪

 

Related Post


ライ

投稿者: ライ

初めまして、関西在住平成生まれ、このブログの運営者「ライ」です。 このブログでは、私が見た映画の「あらすじ」〜「感想」までを述べているブログです。(ネタバレあり) 話題の最新作から旧作、B級映画作品もジャンルを問わず、取り扱っているブログなので、 「見る映画に悩んでいる」 「良作映画が見たい」 「〜って映画面白いのかな?」 などなど…。 気になる作品があれば、ブログ内の検索より、1度調べて見てくださいね^ ^   *好きな映画 ・スパイダーマンシリーズ ・ハングオーバー!シリーズ   *好きなジャンル ・コメディ ・ホラー ・スリラー ・SF   *好きな海外スター ・ジェイソン・ステイサム ・マーゴット・ロビー ・ブラッドリー・クーパー ・エマ・ストーン ・クロエ・グレース・もレッツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA