LOFT 完全なる嘘/犯人は五人のうち誰!?

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「LOFT 完全なる嘘」です。

 

LOFT ロフト 完全なる嘘の予告編はこちら

スポンサーリンク

 

TOPの画像を見るとなんだかどこかで見たことのある気がするのは私だけでしょうか?笑

まあ関係性があるのかどうかわからないので、これ以上は触れませんが、この画像を見た時点で私は即見ることを決意しました!笑

では実際に先ほど見終わったので、今回も「あらすじ」「良かった点」「悪かった点」についてお話ししたいと思います。

 

LOFT ロフト 完全なる嘘のあらすじ

建築家の「マティアス」、精神科医の「バルト」、セールスマンの「ウィレム」、エンジニアの「ロベルト」、実業家の「トム」

この五人はそれぞれに家庭があり、妻や子供がいるにもかかわらず、家族には内緒で新築マンションの最上階のロフトルームを共有していた。

この場所は五人だけの秘密の部屋で、この部屋へ入るための鍵は人数分の5本のみ。

この鍵は誰にも渡さず、この部屋を利用する際はお互いに報告し合うというルールのもと、共有をしていた。

ある朝、「ロベルト」がこの部屋を訪れると、見覚えのない女性が手錠をつけられ、血を流して死んでいた。

すぐさま「ロベルト」は五人に連絡をとり、慌てて集まる五人のメンバー。

お互いに探り合いながら、この女性を殺した犯人を考え始める。

昨夜からのアリバイやメンバー同士で隠していた内緒の話を全員で話し始めると犯人像が…。

 

ここから先が気になる方はぜひご自身の目で見てみてください^ ^

スポンサーリンク

 

LOFT ロフト 完全なる嘘の感想(ネタバレ注意!!)

では「LOFT ロフト」の良かった点と悪かった点についてお話ししたいと思います。

LOFT ロフト 完全なる嘘 良かった点

まずは良かった点については、前半は五人のメンバーがそれぞれに隠していることを少しずつ話し出しながら、問題を解決していくというような展開なのですが、これが結構ワクワクしました!

ただこれは最初のうちだけで、登場人物全員がクズなので、だんだんとしょうもない展開へと進んでいきました。

この後の「悪かった点」でそれについてお話ししたいと思います^ ^

LOFT ロフト 完全なる嘘 悪かった点

次に悪かった点ついてですが、初めは「一体誰が女性を殺したのだろう?」というワクワク感がありましたが、話が進むにつれてそんなことは気にならず、五人のクズ具合の方が気になり始め、最終的には「ただの逆恨み」です^^;

まあ建築家の「マティアス」のクズ具合にはある意味尊敬しますが、五人のうち一人が「覗き魔」でもう一人が「レイプ魔」って普段からどんなメンツで付き合いをしているのかと…。笑

個人的には作品の内容よりも、設定に違和感を感じてしまい、内容どうこうといった作品ではありませんでした。

もっとメンバーの中に「サイコパス」的な人間がおり、そいつがメンバーを殺していくといった「サスペンス」のようなものを期待していたので残念です。

 

まとめ

これで「LOFT 完全なる嘘」のレビューは終了です。

正直この作品を見る前に「あらすじ」をみた際にかなり期待していたということもあって、個人的には残念な作品でした。

これだけクズなメンバーが集まれば、そりゃ問題も起こるでしょうとしか言えません。笑

特にこれといって感じたことや思ったこともなかったので、今回の記事内容は薄いですが、お許しください^^;

この作品に評価をつけるのであれば2.0/5.0といったところです。

個人的には下世話な部分も多く、これといった内容でもないので見ることはおすすめしませんが、興味があれば見てみてください。

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ