マッド・ナース/悪い男にはお仕置きを

どうも、こんばんはライです^ ^

今回レビューする作品は「マッド・ナース」です。

 

マッド・ナースの予告編はこちら

スポンサーリンク

この作品は一見美人な看護師が実は超絶怖い裏の顔を持っており、その正体が徐々にバレ始める…といった「バイオレンス・スリラー作品」です。

 

製作年:2013年

製作国:アメリカ

監督:ダグ・アーニオコスキー

脚本:デヴィッド・ロッカリー , ダグ・アーニオコスキー

製作:?

出演キャスト:パス・デ・ラ・ウエルタ(アビゲイル・ラッセル) , カトリーナ・ボウデン(ダニー・ロジャース) , コービン・ブルー(スティーヴ) , ジャド・ネルソン(モリス医師) , アダム・ハーシュマン(ジャレド) , ボリス・コジョー(ジョン・ローガン刑事) , ニーシー・ナッシュ(レジーナ) 

 

では今回も「あらすじ」+「感想」についてお話ししていきたいと思います。

 

マッド・ナースのあらすじ

舞台はニューヨークにある大型病院

ここで「アビゲイル・ラッセル」という女性が看護師として働いていた。

容姿、スタイル共に完璧な「アビゲイル」には、実は裏の顔があった。

彼女は仕事が終わると、セクシーな衣装に着替え、夜の街へ出る。

そこで彼女の容姿に釣られた「家庭を持った浮気性な男」は、彼女にきついお仕置きをされる。

ある年、「アビゲイル」が勤めている病院に、看護学校を卒業したばかりの新人ナースが複数人配属されてきた。

その中に「ダニー・ロジャース」という女性がいた。

「ダニー」は学校での成績はトップクラスだったが、いざ現場に出るとやはり思ったようにはいかず、怒られることも多かった。

そんな彼女を見た「アビゲイル」は、「ダニー」の元へ近づいた。

「アビゲイル」は「ダニー」の先輩ナースとして、「ダニー」に近づいたが、「アビゲイル」の距離感に違和感を覚え始めた「ダニー」

だが気づいた時にはすでに遅かった…。

 

ここから先が気になる方はぜひご自身の目で見てみてください^ ^

スポンサーリンク

 

マッド・ナースの感想(ネタバレ注意!!)

まず今作について一言で言うと「こわっ!」です。

主人公の「アビゲイル」はかなり狂っています。笑

序盤は自分の邪魔になるものを排除し、どうにかして「ダニー」を手に入れようとします。

ですが、ある出来事をきっかけに「ダニー」を陥れる方にシフトチェンジし、自分が殺した人間を、「ダニー」が殺したという風にしていき、自分がむしろ「ダニー」に付きまとわれていて困っているなんて事を言い出します^^;

よく「愛情と憎しみは紙一重」という言葉を聞きますが、今作はまさにそれです!!

しかも始めこそは目的のある殺人をしていた「アビゲイル」でしたが、最後の方には誰彼構わずやりたい放題…笑

病院から逃亡する際に、集中治療室に入っている人を片っ端から殺していくのですが、彼らは本当にただの被害者ですよ。笑

そしてまた痛々しい演出が多いこと…。笑

目玉に刃物を突き刺したり、のこぎりで腕を切り落としたりと見ていて痛いシーンが多すぎます^^;

 

「エロとグロは紙一重」なんて言葉もありますが、今作は「エロ要素」も割と強めな作品です。

「アビゲイル役」の「パス・デ・ラ・ウエルタ」さんは今作で何回裸体を晒せば気がすむのか?と問いかけたくなること間違いなしです!!

もはや服としての役割を果たしていないような服を着用していることが多く、看護師の制服の着方ですら、「そんなはだけた服の着方があるのか?そして病院側は何も注意しないのか?」と思わず言ってしまうようなシーンの数々…。

まあこんな病院が本当にあるのであれば、男性は嬉しいこと間違い無いとは思いますが…笑

ただ一つ言えるのは「パス・デ・ラ・ウエルタ」の女優魂のようなものはかなり感じれる作品だと私は思います。

これだけ裸体を晒すというのは普通は抵抗があると思いますし、「頭のおかしなナース」もうまく演じれていると私は思いました^ ^

ただ如何せんもう少し容姿の美しい方であれば嬉しかったのですが、これは私の好みの問題ですね。笑

 

まとめ

これで「マッド・ナース」のレビューは終了です。

内容自体はそこまで特殊なものではなく、褒める点も否定する点もない特にない今作ですが、「パス・デ・ラ・ウエルタ」女優魂は評価する点です。

「グロ」も「エロ」もある今作は、最近のホラー映画なんかよりも十分怖く、子供が見ると病院に行くのを間違いなく嫌になるような内容です。笑

この作品「マッド・ナース」に評価すると3.0/5.0といったところです。

興味があれば見ても良いかと思います。

ただ「R15指定」なので、お子様は見れないという点と、「エロ」や「グロ」が苦手な方は控えておくべきだとは思います^ ^

では今回はこの辺で♪

スポンサーリンク

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、このブログの運営者「ライ」です^^   関西在住の自営業である私は「暇さえあれば映画を視聴」 そんな私の私生活を活かして、映画に関係する情報を公開しています。 話題の新作映画から、ブログ読者の方に進められた「おすすめの過去作」までも紹介しています。 このブログ内で紹介している作品の多くが、動画配信サイト「Netflix」もしくは「Amazonプライムビデオ」などで視聴したモノになります。 また、期間限定でお得な価格で視聴することができる作品なども紹介しているので、映画好きな方にとってお得な情報などもありますので、定期的に見にきてもらえれば良いかと思います^^   邦画も見ますが、洋画の紹介が多めです^^   『好きな作品』 「エクスペンダブルズシリーズ(アクション)」「死霊館シリーズ(ホラー)」「ハングオーバーシリーズ(コメディ)」「ダークナイト(アクション)」「世界にひとつのプレイブック(ヒューマンドラマ)」「バッドママシリーズ(コメディ)」「グレイテスト・ショーマン(ミュージカル)」   「好きな俳優』 ・ジェイソン・ステイサム ・エマ・ストーン ・ライアン・ゴズリング ・クリステン・ベル ・キャスリン・ハーン ・ザック・エフロン ・ブラッドリー・クーパー ・ザック・ガリフィアナキス ・ライアン・レイノルズ